zero.7 4.5バージョン ⑦

今回は「タイヤ」になりました~
ホイールつづきで、やっぱり次にくるモノは
これしかないでしょう!?
次はスプロケットと違うの?という声は後回しにして・・・

「TUFO」のS3LITE<125gです~18mm太さ。
ピスト用なのは知っています
以前、コレを嵌めて乗鞍に行った時・・・
前日の試走中、石を踏んで「パンク」した
経験があり、本番で使えるか不安?
四国の友人は無事、完走した実績あり!

ついでにElite100g(既に廃盤)を本番で
使用し、すぐパンクした事もあります。
e0253769_18504253.jpg


安全マージンを考えるとElite160gが妥当か!?
5レース以上走って、パンク実績無しの優れものです。
多くのヒルクライマー(?)が使っていると思います。
e0253769_18505884.jpg


さて話をS3LITE<125gに戻しましょう~
いつもの実測です。「124.4g」
e0253769_2271122.jpg

「125.4g」~0.4gのオーバーですネ!?
ネーミングの「125gより軽い」を少し偽って
しまいましたが、2本のアベレージをとると
「124.9g」になるからOKにします。
e0253769_2272025.jpg

今までイロイロなタイヤで挑戦してきました~他では
S3LITE<135gもパンクしました~<125gの20mm版です。
Elite160gとわずが25g差しかありませんが、
この差は大きいと思います~
やはり」「ピスト用」と「ロード用」は違います!!
但し、パンクしなければ軽さは「正義」
乗鞍クラス2位になった友人はノーパンクで走りきりました。
          経験者は語る

ここまでのパーツ重量合計~「870.5g」
シートクランプ
アンカーセット
ハブクィック(前後)
リヤホイール
タイヤ(前後)

このペースでいくと「富士山」に間に合わない?
[PR]
by hattorisports | 2012-05-04 18:00 | zero.7 4.5バージョン 
<< ワンタッチ(バーテープ) 新入荷のご案内 >>