2014 ウィリエール~チェント・ウノAirの知られざるトコロ

チェント・ウノAir(エアー)です。
既にイロイロなメディアに紹介されているので、今更?って
気もしますが~
まだまだ紹介されていない部分があるので、この場を借りて
少しだけ書いておきます。
e0253769_1911374.jpg

シートポストの固定方法~
最近増えてきた「エアロシートポスト」・・・
Airもカムテールデザインを取り入れた「エアロ形状」を採用しています。
「エアロシートポスト」の泣き所は固定方法
寸法を設計上合わしていても「シートポスト」と「フレーム」は別々の所で
作成されていて(シートクランプも含まれるかな?)ピッタリとはいかず
固定力が不足や、パーツの破損等の問題がある様です。
e0253769_19113256.jpg

画像を見てお分かりでしょう!?
「斜ウス」と「シートクランプ」の二段構えなのです~
上下の調整は少々面倒になりますが、キッチリとした固定が可能に
なりました~
e0253769_1912387.jpg

注意~締め付けトルクの表示は最大数値なので、必ずこのトルクで
締め付けて下さいという話ではありません~この範囲内で固定できる
締め付けでOKなのです~じゃあどの位?って事になりますが、そこは
プロショップのメカニックの腕前なのです~トルクレンチがあるからといって
一般サイクリストがなんでも出来るとは限らない作業があるんですよね~
e0253769_19133730.jpge0253769_19134816.jpg

トルクレンチの数値もプロのメカニックが経験で締め付けた適正な締め付け
具合をデジタル的に表しただけであって、製品の強度を机上計算して算出
したのではないのです。

じゃあ自分でシートポストの「上げ下げ」にの作業が出来ないの?・・・という話ではなく
最初は「メカニック」にやってもらいましょう~個人でする時は最終的には
「メカニック」に点検してもらいましょうネ。
ちゃんと固定できた時に「トルクレンチ」でその数値を測定しておけば
よろしいかと思います。

「斜ウス」を外すと、こんな風になります~
「シートクランプ」は最大締め付けトルクが「3N・m」~軽く締めるだけですネ!? 
「3mmアーレンキー」を使います。
ちなみに「斜ウス」は最大締め付けトルクが「6N・m」になっております。
e0253769_19202363.jpge0253769_1920989.jpg
固定をしっかりとしておきたいと思う方は
「モトレックス」のカーボングリースがオススメ!
注意する点はシートポストにカーボングリースを塗る場合、「斜ウス」側には
塗らず~フレーム側(反対側)にだけにして下さい。
「斜ウス」にはスベリ止めの為に表面を荒くする加工を施していて、カーボン
グリースが逃げてしまうのです~

詳しくは→カーボングリース



ちなみに最近「チェント・ウノAir」の試乗車に乗って一番相性が
良いと思われるホイールは、3TのメルキュリオLTDだと
感じました~
乗ったサイズが小さめだったので、地面からの振動を拾いやすく
軽量で60mmハイトのわりにショック吸収が良いメルキュリオが
乗り心地を良くしてくれて~一番気持ち良かったのが小さな上り
での加速! 
フレームの硬さによる加速感ではなく、軽さのおかげで無理に
踏み込まなくても進んでしまうという感触なのです~そのまま
下って平地区間に入っても60mmハイトのおかげで高速巡航が
楽に思えるくらいです。

「SR」に比べショック吸収性が良いと感じられるのは「M」サイズ以上
で分かりやすく、「S」サイズ以下になってくるとその差が小さく感じられる
のかもしれません~
そんな時は使用するホイールで調整して、好みの走りを得る事ができる
組み合わせを探してみるのがオススメですね。
[PR]
by hattorisports | 2014-01-22 20:00
<< グアムロングライド2014‐北... 兵庫県にて >>