「第11回Mt.富士ヒルクライム」大会 後記 

「計量コンテスト」参加してきました。
自慢の「Hattori号」です~
e0253769_20591659.jpg

「4785g」は昨年サイクルモードの直前にペダルなしで測定した重量です。
e0253769_20594066.jpg

今年はもちろんペダル付きで仕上げました。
e0253769_20595651.jpg

実測「4375g」~今年もC社の自転車に負けました・・・
約「70g」の差だったという事らしいです。
こちらはシングルギヤ~あちらはダブルギヤ~文句のつけようがありません。
アルミフレームでは一番だと思いますが、そんなクラス分けは無し!
来年が更に楽しみになりました。
e0253769_2101694.jpg




最後に一枚
カンパの10Sエルゴパワーですが
ブラケットカバーの質感が一寸違うでしょ?
発泡ウレタン製で純正の半分しかありません~
ブラケットカバーくらいで!?と思われるかもしれませんが
純正品は左右セットで「42g」もあるのです。
それが半分になればと・・・
計量化の為にブラケットカバー自体を外してしまう例もありますが
握らないのでしょうか?痛くないのであれば構わないかも?
バーテープも一応巻いています~黒の絶縁テープではありません。
絶版品ですがキャットアイのシャイニーテープです。
e0253769_2103969.jpg
ブラケットカバーとバーテープ(&エンドキャップ)を外して約80gの軽量化?
考え方の違いが出る所ですね。悪くは無いと思っています。

この続きは「第11回Mt.富士ヒルクライム」大会 後記②をご覧下さい。
[PR]
by hattorisports | 2014-06-06 20:00 | イベントのご案内
<< 雨の日の味方 第11回Mt富士ヒルクライム編③ >>