プレスフィット(BB86)工具

ウィリエールでは昨今、BB86規格のフレームが増えてきました。
その為に社内で、BBを圧入する作業が増えてきたのと同時に外す作業が
増えたのです。
シマノからリムーバー工具が発売されていますが、工場レベル(回数)での
作業では少々不便なので、社内で専用工具を作成する事になったのです。
e0253769_951163.jpg

外す工程を見てもらう為に、フレームのBB部のカットモデルを作成しました。
e0253769_9514323.jpg

カットモデルにプレスフィットBBを圧入したところです。
分かりやすいでしょ!
e0253769_95291.jpg

「BBキャッチ」と「プレスバー」です。
e0253769_9523860.jpg

「BBキャッチ」をBBのワンの外側から通すと、フックが効いて抜けなくなります。
e0253769_9531120.jpg

「プレスバー」を反対から通して「BBキャッチ」に差し込みます。
これでフックの固定が増強できるです。
e0253769_953368.jpg

ここで登場するのが、リムーバー台です。
e0253769_9542344.jpg

リムーバー台でフレーム(カットモデル)を受けるのです。
e0253769_954481.jpg

こうすると、ハンマーで「プレスバー」を叩く事が容易にできるのです。
e0253769_9551321.jpg

叩く前
e0253769_9553859.jpg

叩いた後、BBカップが抜けたのが確認できますね。
e0253769_95659.jpg

カットモデルを外すと、BBカップが残っています。
e0253769_9563447.jpg

「プレスバー」を抜いたら
e0253769_9565917.jpg

「BBキャッチ」とBBカップを取り出します。
e0253769_9572828.jpg

最期にBBカップから「BBキャッチ」を抜いたら、作業は完了です。
反対側のBBカップも同様の作業で外せます。
e0253769_9575367.jpg

「プレスバー」には他の使い方があります。
e0253769_9582252.jpg

先端に取り付けるアダプターがあります。
e0253769_9585022.jpg

取り付けて作業するのですが・・・
e0253769_9591422.jpg

アダプターは丁度、BBアクスルに差し込む事ができる寸法になっています。
e0253769_100137.jpg

アダプター先端の突起とBBアクスルのメネジはスッポリと勘合するのです。
e0253769_1002990.jpg

このアダルターはクロモリアクスル用で、アルミアクスル用に交換することによって
マルチな使い方ができる様に設計されています。
e0253769_1005364.jpg

自転車から右クランクを外す時に役立ちます。
e0253769_1012023.jpg

右クランクを引っ張って抜くには結構、力が必要ですし、アルテグラのクランクは
アームの裏が角張っていて「痛い」思いをした人は多いはずです。
いかがでしょうか?
e0253769_1015693.jpg





    @服部産業株式会社




今年(2015)一年、ご愛読して頂き有難う御座いました。
服部産業サイクリング部は来年もがんばって走り続けていきたいと
思っております。
ウィリエールが2016年で創業110周年になります。
一足早く、記念サイクリングキャップを発売させていただきました。

e0253769_1640136.jpgそれだけではなく、記念モデルや、その他の企画を用意しています。

春頃には、次の企画を発表できると思っているので
少しの間、楽しみにお待ちくださいませ~




[PR]
by hattorisports | 2015-12-31 09:00 | hattori LAB. 2015
<< 2015年ありがとうございました! 和泉葛城山 >>