2017 アゾロ・フラットバーロードバイク

久しぶりに日本国内でリリースされた、ウィリエール・トリエスティーナの
フラットバーロードバイクです。
マーキングがロードバイクラインと違うデザインになっていて、オシャレですネ!?
まだ、サンプル車なのでパーツ等の構成が異なっています。
フレームカラー(シルバー)と同色のサドルは数年前の在庫なので、今回はブラックになります。
e0253769_12553169.jpg
ホイールはシマノ製ではなくウィリエール社の「WARP」になる予定です。
他コンポーネントのカラーも一部異なりますので、正式な商品が入荷したら再度このブログで
アップさせて頂きます。

追記①
フラットバーロードなんです。
一般的なクロスバイクではありません。

何が違うのかというと
大きく異なる所は2点!
・ブレーキがキャリパーブレーキ、Vブレーキではありません。
・ジオメトリーがロードバイクとほぼ同じ、クロスバイクはMTB寄りなのでトップチューブが長め。
これが意味している事は
ハンドルをドロップに交換すれば、ロードバイクとして使える(乗る)事が可能!
純粋なロードバイクには適いませんが、ポタリング以上、ロードレース未満のツーリングには
使いやすい1台になるはずです。

Vブレーキだとドロップバーに取り付けるレバー(STI)の引き代に適合しません。ミニVブレーキ
でも駄目なのです(シマノ純正でも)~詳しくは小売店で訊いてください。
トップチューブが長いとドロップバーのリーチ分、ポジションが遠いなって乗りにくくなります。

単純にいって世間でよく見かけるクロスバイクのロードバイク(ドロップバー)化は容易では
ありません。
アゾロはそこを見直してデザインされています。
ロングブレーキを採用しているので、太めのタイヤの装着、もしくはドロヨケの装着も可能です。
キャリアダボもついているのでスポルティーフ風に仕上げてみてはいかがでしょうか?

己の好みで完成させていく楽しみもイイですね。

新しいブロブへ引っ越ししました。


@服部産業株式会社
[PR]
by hattorisports | 2016-06-22 21:10 | Wilier(ウィリエール)
<< ルナアルミ 2017 ニューカラー Mt.富士ヒルクライム⑥ >>