2017 チェントディエチ・エアー ②

2017 チェントディエチ・エアー の一番の特徴は、専用設計の「アラバルダ」ハンドルバーステム(一体)であり
シフトケーブルをハンドル~ステム~ヘッドチューブを介してフレームパイプ内部を通すシステム(構造)なのです。
e0253769_14285596.jpg

ブレーキケーブルは従来通りのルーティング、ハンドルバーには内蔵されますが一旦外に出て
トップチューブから内蔵される設計になっています。
シフトケーブルは「電動シフト」をチョイスした時に電動ケーブルを表に出さないデザイン(設計)
になっていて、ジャンクションもステムの裏側に埋め込まれます。
もちろん機械式(ワイヤー式)をチョイスしてもワイヤーケーブルは同じ道筋で内蔵されます。
e0253769_14302042.jpg

機械式(ワイヤー式)の内蔵における、組み付け手順やシフト時のフリクションに一抹の不安はありましたが
実際に組み立て作業を行ってみると、コツを掴めば案外難しくなく「STIレバー」を操作(シフト)してみても
無理なく変速ができたので、安心しました。
展示車には試しに、普通のステンレスインナーを使用して組み立てました。
その事は内緒にしたままで、小売店の方々に操作してもらい~「普通」ですね、「こんなモノ」だろうという
意見を頂きけました。
シマノ純正のコーティングインナーを使えば、もっと引きが軽くなる(?)はずです。
e0253769_14305263.jpg

組み立てのコツは、ダウンチューブのカバー側(カバーは外した状態です)からヘッドチューブ方向に
シフトアウターを通す事です。
e0253769_14315153.jpg

フロントフォークを外していれば、簡単に通せるはずです。
e0253769_14333232.jpg

左右(フロント、リヤ)が分かる様にして引っ張り出してください。
e0253769_14335518.jpg

この状態でフロントフォークを差し込みます。
e0253769_143499.jpg

この後に、専用のベアリングと専用のコンプレッションリングとスペーサー(2種類)を通します。
e0253769_143428100.jpg

まず、上ベアリングを入れます~下ベアリングと外径は同じなのですが、内径が違うので注意してください。
上下を間違うと、組み付けが出来ません。
e0253769_14344618.jpg

コンプレッションリングを入れます。
e0253769_1435093.jpg

専用スペーサー(下)を入れます。
e0253769_14351367.jpg

専用スペーサー(上)を入れます。
e0253769_14352780.jpg

前方から見ると、この様な状態です。
e0253769_14353945.jpg

ステアリグコラムに平面がありますね、ここを2本のシフトアウターが収まる所なのです(重要)。
e0253769_1436477.jpg

この時に、シフトアウターにシフトインナーを通しておきます。
e0253769_14364799.jpg

さらにシフトアウターの端面がフレームに当たってキズをつけない様にアウターキャップを
かぶしておきましょう。
フレーム側にも養生しておけば、尚GOODです!
e0253769_1437027.jpg

あらかじめ「アラバルダ」にライナー管を通しておけば、シフトインナーを通し易くアウターも
続けて通せます。
e0253769_14373191.jpg

アラバルダをある程度、スアリングコラムに差し込みます。
e0253769_14411456.jpg

この状態でライナー管にシフトインナーを通します。
e0253769_1438959.jpg

「アラバルダ」をステアリングコラムの下部までセットする作業です。
e0253769_1445337.jpg

ここでのコツはハンドル(ステム裏)部でシフトインナーをクロスさせてからキッチリと収めて取り付けるところです。
e0253769_1439207.jpg

パイルダ~
e0253769_14474180.jpg

オ~ン!!!!
セットできればシフトインナーは一旦抜き取ります。
e0253769_14475885.jpg

ここから先の作業はハンドルにSTIレバーを取り付けてシフトアウターをブラケットへ差し込みます。
e0253769_14395179.jpg

最後に重要なのがシフトアウターの長さを決める作業です。
カバー装着部の先端から40mmの所に印を付けておきます。
e0253769_14482951.jpg

ハンドルを目いっぱい切った時にシフトアウターが引っ張られた位置を40mmに合わします。
ここでシフトアウターをカットするのですが、アウターキャップの厚みを考慮しなければなりません。
シマノ製は3mmなので、実際は37mmの位置でカットするのがよろしいでしょう。
e0253769_14484835.jpg

ちょっと面倒なのが、コラムスペーサーの枚数が変わるとシフトアウターの長さを変えた方が良いのです。
増減するコラムスペーサーが1枚くらいなら大丈夫かもしれませんが?後日試してみます。
e0253769_14493271.jpg


@服部産業株式会社


サウスイーストカラー(ポッツァート専用カラー)です~ジャージは服部産業では販売しておりません。(イタリアで買ってきました)
e0253769_151019100.jpge0253769_15102923.jpg

[PR]
by hattorisports | 2016-06-30 17:00 | メンテナンス&組み立て
<< 鳥 カラー紹介 Cento10 A... >>