ユニパーホイール 2017②

こちらはプロトタイプのカーボンホイールです。
今までと「何」が違うのかというと
スポークがチタン製なのです。
e0253769_11432323.jpge0253769_114339100.jpg

チタンスポークに不安がある?
と考えられる方もおられるでしょう・・・画像はホシスポークのチタン製です。
e0253769_1144440.jpg

しかしながら、世の中にはアルミやカーボンのスポークもあるのです。
e0253769_11441967.jpg

記憶の中にチタンスポークは折れやすいと~いうのがあるのかもしれません。

一見してだと分からないと思いますが、通常のスポークより太いのです。
アルミやカーボンでもステンレススポークと同じ太さでは無理な話!
だったら太くすれば「OK!」~単純な考えなのです。
e0253769_11445093.jpg

太くしても、ステンレスに比べ軽量な素材!
1本で「3g」ほど~ホイール1本で「50g」程度の軽量化を望めますね!?
e0253769_1145371.jpg

チタンスポークにしたら乗り味はどうなる?
硬くなるのか?
組み上げた感触では「ソフト」~乗り味がマイルドになるのではと想像します。
でも、走ってみなけりゃ分からない!

製品化で難しいのが~太いスポークという事はハブやリムのスポーク穴を大きくしなくては
なりません!当たり前の話で専用のハブが必要になります。
手持ちには普通の穴サイズのモノしかなかったので、ドリル加工で大きくしています。
テスト開始はまだまだです~




@服部産業株式会社

新しいブロブへ引っ越ししました。
[PR]
by hattorisports | 2016-07-16 09:00 | ホイール・マニア
<< 7月10日 「尼ん滝」で川遊び 2017 06(ゼロ・セーイ)... >>