カテゴリ:zero.7 4.5バージョン ( 68 )

ペダル

zero.7 3.8バージョン その②

真っ黒のペダルです~
左がペダル本体で、右がクリートになります。
e0253769_21415155.jpg

こんな感じでパックリとキャッチする機構になっております。
クリートの四隅の穴は取付ボルト用ではなく、キャッチの強弱を調整する
ネジ部分です~詳しくは一番下の画像を参照ください。
e0253769_2142810.jpg

左右でクリートを嵌めた状態~
e0253769_21422485.jpg

説明書です~
e0253769_2142382.jpg

左右で実測「57.9g」は知る限りでは最軽量なのです~
こういう物に限って、後で問題点が発生して発売中止になったり
します~軽すぎる製品は注意すべき?
無くなる前に買っておくべき?
最軽量バイクを目指すなら一応手元に置いておきたいアイテムです。

<追記>~メーカーからメールがありまして、やはり強度不足という事で使用禁止です。
代品を送ってくると書いてありましたが3ヶ月経ってもまだ届きません?
乗鞍でこのペダルを取り付けた超軽量バイクを持参したオジサンがいましたが知っているのでしょうか?
e0253769_2142535.jpg

4.0バージョンのペダルから比べると
「13.2g」の軽量化を達成しました。
e0253769_22395477.jpg
[PR]
by hattorisports | 2014-09-05 21:00 | zero.7 4.5バージョン 

Rディレーラー

zero.7 3.8バージョンが始まります。

①Rディレイラーの軽量化
4.0バージョンでは「136.4g」
例え「0.1g」でも軽くしなければ目標に近づく事ができません。
e0253769_23312983.jpg

カーボンプーリーからカーボンプーリへ変更!
なんでやねん?と思われるかもしれませんが、これで
「4.9g」の軽量化を達成できました。
計算上「131.5g」です~
e0253769_2143196.jpge0253769_21432997.jpg
世の中にはフルカーボン製Rディレイラー(100g)が存在しますが
スラム用はありません~ダブルタップの軽さが魅力なのです。
100gRディレイラーで31.5g軽くできても、ダブルタップが
280g・・・280g+31.5g=311.5gのSTI(EP)が無いのです。
[PR]
by hattorisports | 2014-08-25 21:00 | zero.7 4.5バージョン 

zero.7 3.9 バージョン ⑥

15mmトールキャップ~最軽量「7.8g」
e0253769_2302598.jpg

以前紹介した薄いカーボンキャップ(0.7g)は高さが違うので
比較しにくいという事で最軽量コラムスペーサーと組み合わせて
高さを等しくさせました~これで計測しますと・・・
e0253769_22593216.jpg

実測「3.7g」です~イヤぁ~! やっぱり軽いですネ!?
軽量化のは「魔性」がついている様です~
見るからに通常品とは感じる「オーラ」が違います・・・。
e0253769_22595237.jpg
ここまでくると「数g」の差しかないので、軽さの
実感がわきませんが~半分以下になっているのが
凄いトコロなのです。
超軽量バイクはコレの積み重ねなのです・・・
一箇所を軽くしただけでは究極の軽さを得る事は
出来ません。。。







[PR]
by hattorisports | 2013-12-09 21:00 | zero.7 4.5バージョン 

zero.7 3.9 バージョン ⑤

軽量化」であまり気に掛けられていないのが
バーエンドプラグ」です~
ここまで軽くしないといけないのぉ~?って
仰有る方々が多いと思いますが、答えは
軽く」しないといけません!!
基本は思いつくトコロすべてです~。
ひとつめのサンプルはプロロゴのバーテープに
付属しているモノです~実測「6.9g」
e0253769_2248114.jpg

左が一般的なコルクテープに付属しているプラ製のモノで
実測「2.6g」ですネ。
右は古いモノでビニール製~実測「2.7g」です。
e0253769_22481929.jpge0253769_22483323.jpg

カーボンファイバー製のバーエンドプラグ~実測「1.8g」になります。
プロロゴに比べると一台分で「10.2g」も(?)軽くなります~
e0253769_22485525.jpg
「10g」ってピ~ンとこないかもしれませんね・・・
ハンドルまわりに話なので
「200g」のハンドルが「190g」になったと思えば・・・
まだピ~ンときませんか。。。
[PR]
by hattorisports | 2013-12-02 21:00 | zero.7 4.5バージョン 

zero.7 3.9 バージョン ④

トップキャップです~
ここの交換は一般的に軽量化というより
ビジュアルが先にくるトコロではないでしょうか???
完成車によくついているアルミ製のモノで
実測「9.4g」あります。(コレはリッチー製)
e0253769_22424225.jpg

FSAの薄手のアルミ製が「6.7g」~
ウィリエールでは「モンテグラッパ・ロード」(2014モデル)に
採用さてれいる、トップキャップです。
e0253769_22432381.jpg

カーボン製のモノでちょっと厚みがありますね~
「6.7g」あり、FSAと同じ重量です。
e0253769_22433996.jpg

「Tiso」のマグネシウム製で実測「5.4g」
軽いンですが「汗」がよくかかる場所~錆びやすいので
使用する時はご注意下さいませ。
e0253769_22435629.jpg

最軽量~実測「1.7g」
抜群の軽さです、
e0253769_22441619.jpg


More
[PR]
by hattorisports | 2013-11-29 21:00 | zero.7 4.5バージョン 

zero.7 3.9 バージョン ③

ヘッドパーツのダストキャップ(トールキャップ)の重量(アルミ/15mm)を測定して
みましょう~リッチー製で実測「17.1g」あります。
ここの部分の軽量化を意識する人はあまりいないかもしれません(?)
e0253769_22382078.jpg

カーボン製になると「12.1g」
5gも軽くなります~小さな部品で数を重ね、その結果大きな「軽量化」を達成させる
事が、軽い自転車を作成する「基本中の基本」なのです!!
e0253769_22383946.jpg

アルミ製のローハイトになると「8.8g」
軽いのですが、低くなった分「コラムスペーサー」を追加しなければならないので
その高さ分の重量を考えなければならないので「注意!」
e0253769_22385646.jpg

プラ製のトールキャップで「7.8g」
これは「軽い」ですネ~この部品は一般販売がなく、メーカー用で「完成車」に
取り付けられているだけであり、入手が超困難です。
e0253769_22391216.jpg

参考ですが、スティール製の薄型で「7.8g」
e0253769_22392962.jpg

カーボン製の薄型で「0.7g」~
大幅な軽量化が可能になりますネ!?
e0253769_22395293.jpg

正直~こんな所まで軽くするのは「しんどい」「面倒くさい」と思われる方が
大半かもそれません。
作成するのに、何ヶ月・・・いや何年もかかりますが、持って「軽い!」と思うのは
「一瞬!」なのです~
その「一瞬」の為に努力し続ける~まるで「ドミノ倒し」ですネ!?
軽くして「コレ走れるの?」って訊く人がいますが
本来「ドミノ倒し」も「ドミノゲーム」の正しい使い方ではないでしょう~
[PR]
by hattorisports | 2013-11-25 21:00 | zero.7 4.5バージョン 

zero.7 3.9 バージョン ②

細かくて分かりづらい話になりますが・・・
3個並んでいて、右の2個が今回用意したモノです。
「ワンオフ」で作ってもらいました~
e0253769_1919378.jpg

何に使うというか、どこに使うパーツというのを説明しないといけないでしょうネ!?
ワイヤー止めのコマなんですけど~
元々のはチタン製で、最近のローフリクションのインナーワイヤーを使用すると
固定がイマイチ~アルミ製で作って固定力アップを狙いました~
e0253769_19192491.jpge0253769_19193623.jpg

チタンからアルミにしても元々が軽いので、わずか「0.2g/2個」の軽量化しかありません。
でも、おかげで固定が良くなりました~
e0253769_19201523.jpge0253769_1922025.jpg



More
[PR]
by hattorisports | 2013-05-08 21:00 | zero.7 4.5バージョン 

zero.7 3.9 バージョン ①

とうとう、「アンダー4kg」まで進んできました~
ペダル付きで「3995g」以下を目指します(計測器が5g単位の為)!!

今回の企画の為に用意したのが
サドル+シートポストです。

元々用意していたのは
「dash」のp3+AX-lightnessのデダラス
しかしながら、このサドルを人に見せると
「座れるの?」「何かおかしい!」と不評だらけ!?
e0253769_2162863.jpg

軽さの為に美しさを犠牲にしてはいかがなもの?
そう「バーテープ」を巻かないとかハンドルを必要以上(?)に
カットしてしまうとか・・・?

という事で美しさがあるモノを用意しました。
e0253769_217751.jpg
レールがなくショック吸収は期待できませんが
前後の移動+角度調整が可能です。
ヒルクライム一発なら「OK」ですよネ!?





さて最終重量は如何に???????

More
[PR]
by hattorisports | 2013-04-22 21:00 | zero.7 4.5バージョン 

zero.7 4.0バージョン ⑳

何これ?
ペダル」です~
ただのシャフト(棒)だけみたいだけど
よく出来ています~
某スピードプレイはクリート側に「キャッチする」機構が付いていて
ペダル+クリートだとあまり軽くない(?)と言われています・・・
e0253769_22395477.jpg

←金色のスリーブがスライドしてクリートをキャッチします。

が、しかしながら「コレ」はキャッチは本体側にありクリートは軽いし
合計しても「ナノグラム」の本体だけより軽いのです。
ある人に言わせれば「歩きにくい!」なのですが
元々歩くものでは無いでしょう~
キャッチ部の段差に隙間を設けて少し「フロート」する機構を設けて
いるクリートもあります~
e0253769_22402095.jpge0253769_22403397.jpg

「ULTRA LITE」というブランドです。
(今回紹介したモデルはチタン製で、体重制限があるからご注意ください)
もしかしたらもうすぐ、あなたのお近くに現れるかもしれません~
e0253769_22405132.jpg


More
[PR]
by hattorisports | 2013-01-18 21:00 | zero.7 4.5バージョン 

zero.7 4.0バージョン ⑲

以前から気になっているパーツがあったので
入手しました~
カーボンプーリーです・・・
フルセラミックベアリングが装備されています!
残念ながら下側ノミ~メーカーの指定みたいで
上側には使えません。
e0253769_212422.jpg

実測は「7g」~軽いです。
e0253769_2114485.jpg

回転が超軽い(回る~回りすぎる)けど
走りに直結する様な、体感があるのでしょうか?

まず使ってみるべし・・・?

まぁ、ここでは重量が軽くなれば「良し!」なんですけど。
[PR]
by hattorisports | 2013-01-11 21:00 | zero.7 4.5バージョン