カテゴリ:乗鞍への道( 41 )

La Strada per Norikura~乗鞍への道 39 最終話③

残された時間と距離。もうペースは上げれない。。。

いけるか?むりか?間に合うか!? 頭がパニックに。

時間は9分10秒を超えて9分50秒まで30秒あまりしかない。


結論は

手前でぶっ倒れてもいいから諦めないでやるだけやってやろう!!

視線の先はもうゴール地点のみ。
限界はとうに過ぎてる。ダンシングで追い込む力なんて残ってないからシッティングで追い込む!

35,36,37秒。。。

あと50m。。。あかんほんまに間に合わん。

呼吸も脚も声も、もう訳が分からない程にただただがむしゃらに漕いで

ゴール!!!!!


通過した瞬間、手元のタイムは


1時間9分46秒!!!!!!!!!!




興奮のあまり「っしゃああああああ!!!」と叫ぶ程興奮していました。 うわ。。。と役員の人がポカンと見ています。


後の公式リザルトによると1時間9分41秒でした。
e0253769_893526.jpg


そう、私は目標の1時間9分50秒を切ることができました!


正直、試走に行ってタイムが1時間21分だった時、70%諦めていました。
いくらコンディションを整えて本番の展開が良くても10分以上を縮めるなんてそうそうできることではないと思ってましたし、周りからも遠まわしに言われていました。

残りの30%は諦めてはダメだという気持ちですが実質強がりみたいなもので、


心のどこかで諦めていたんですよね。。。

自分でもこの結果に信じられないですが、

5ヶ月近く前から「乗鞍に出て、1時間10分を切ってやる!!」と決めて自分なりに努力して練習したつもりです。

本当に達成する事ができて、


そして今までこんなに自分に厳しくしてきた事はなかったので 次元の低い事かもですが。。。


嬉しくて嬉しくて山頂で涙をこらえていました笑
e0253769_23291691.jpg


ふふふ、さようなら坊主頭よ!!!


無事ハッピーエンド?で乗鞍への道


完結となります。

次の目標が決まればまた何かの形で新章がスタートするかもしれませんが 許可をもらえれば。。。

しばらくは不定期にサイクリング記事をアップしていきます。


内容がちぐはぐだったり目的がずれていた事もあったかもしれませんが、この記事を見て頂いてありがとうございました。

少しでも
「wilierかっこいいな。乗りたいな。」
「来年乗鞍に出てみよう」と思っていただければ。

「wilierで来年乗鞍に出よう!」ならなおさら嬉しいです。
e0253769_23313971.jpg

ほんとうにたくさんの人が登っていきます。


少しでもwilierを通じてスポーツ自転車の楽しさを伝える事ができれば、


に思っています。



終 わ り
[PR]
by hattorisports | 2012-08-27 22:00 | 乗鞍への道

La Strada per Norikura~乗鞍への道 39 最終話②

さぼらない。でもたれては絶対にダメ。
そんなペースを探りながら走るが
斜度のキツイ区間で失速。。。12km/hぐらい

ああ。こんなスピードではあかん。でもこれ以上は絶対終盤まで力を残せない。。。


焦る気持ちをぐっと我慢してただただマイペースで、でも常に目標は自分より前を走る人との距離を詰めること。


でも少しでも力み過ぎればふくらはぎが攣ってしまう。。。

正直脚が限界にきています。
本当は今すぐこんな辛い思いから逃げ出したい。

もちろんそんなことするわけもなく。できるわけが無い。。。


そして次第に木々の丈が低くなってきて舞台は森林限界の標高へ。残り5キロ程。

ゴールは見えるがまだまだかなり遠い。
この付近でもまた斜度がキツくなる。
周りの誰を見ても本当に辛そうにしているし当然自分も辛いし呼吸も乱れる。

かなり失速してしまったし脚も残っていない。


ここで最悪の諦めの考えがでてきてしまう。。。



が不思議なことに落ちるところまで落ちたからなのか?急に脚が回り始める。


ゴールに近づくにつれて人も増えてきた。意識的に1枚重いギアを踏んで一人また一人と追い抜いていき、 ごぼう抜きとかではなく

大雪峡も超えて。

残り1キロ。。。

ここでまた斜度が上がる。。。せっかくリズムができていたのにもう勘弁して欲しい。

調子が良かったのもつかの間でまた力が出なくなり失速。万事休す。


ゴールまで残り300Mの看板が見えてきた。

そういえば、中間地点からタイムを見る暇もなかった。心の本音は1時間12分は回ってしまっているだろう。。。


そう思いながらタイムを確認する。。。



1時間9分ちょうどではないか!!!
[PR]
by hattorisports | 2012-08-27 21:30 | 乗鞍への道

La Strada per Norikura~乗鞍への道 39 最終話①

とうとう僕の乗鞍が終わりました。。。

当日は駐車場所を確保するために午前4時半に会場入り。

午前7時9分に私のカテゴリーである「男子A」がスタートします。


もうスタート前は緊張に緊張で「ああ、ほんとに本番が始まるのか、もう後が無い、これで結果を残さないと。。。」

と言う考えがぐるぐる回り半泣き状態でした。 実際目がウルウルしてました。

「スタート3分前」と言うアナウンスが響き、とても美人な「乗鞍ガール」がボードを掲げてくれますが、


もうそんな下心を抱いてる余裕などありません。

とにかくスタートから7キロ地点のCP1までは斜度が緩やかでスピードが高そうなのでそこまでは多少無理をしてでも絶対に速い集団に着いて行くと決めていました。


心の準備もままならないうちにスタートのピストルが放たれ、
サイコンに表示されるタイムはあえて表示させずにいきます。心理的に

先頭から4列目辺りよりスタートしたのでとにかく前へ前へ出ることに専念します!!

何とか15人程の先頭のグループに入ることができ、


たに思えたのですがついていくのに精一杯で徐々に集団から後ろへ下がっていきます。。。


なんとか集団を視界に捕らえる距離に保つよう頑張りますが完全にオーバーペースです。


それにしてもダンシングがかなり辛い。。。
太ももの前側がなぜか走りきったかのように疲労しています。

細かい斜度の変化の対応や同じ筋肉を使いすぎないようにとダンシングを入れるのですが失速してしまう。。。

シッティングでの速度を殺さないように2,3回シフトアップをしてダンシングするのですが、踏めないのです。


何か嫌な予感がする。。。

焦りながらも何とか集団と差を20m程に留めて、
距離7キロ地点のCP1を通過。前に人がいるのとそうでないのでは精神的に違いますよね?

ここから斜度が上がるのでマイペースで走ることに専念。心拍を180前後に保つ。

ただ。

ここまででかなり脚を使っていて斜度のきつい所で失速してしまうか。。。


まだ13キロもあるのに不安要素がありすぎます。

そしてもう1つ決めていたこと。
時折平坦な区間と斜度が緩い(2,3%ぐらい)が出てくるのですが、
心拍をさらに少し上げるぐらいしっかり踏むこと。
どうしても平坦や斜度が緩むと楽をしてしまいます(実際いつも心拍が下がってます)

これが結構効果的で、乗せたスピードの勢いで斜度が上がる箇所もクリアできてしまいます。

後続との距離もこの方法で引き離せました。

そして。一番気にしていた中間地点のタイム。

最低でも32分は切らないと絶望的か。。。そう前から予想していました。
中間地点を越えた瞬間サイコンの表示を切り替える。

32分ジャスト!!!


69分50秒を切るには今よりペースは下げれない。たれてしまったら間違いなく終わりだ。


でも。
ここから10%の斜度が度々出てきて辛くなるのだ。
[PR]
by hattorisports | 2012-08-27 21:00 | 乗鞍への道

La Strada per Norikura~乗鞍への道 38

とうとう後2日になってしまった。

月日が経つのは本当に早い。


4月中旬に乗鞍に当選し、目指すべき目標がはっきりとしてから熱を上げて練習した。

それまでただなんとなく走って。しんどいけど後で家に帰れば「あー楽しかった!」と言う日々から


目標の「1時間10分を切る」事。


どうすればこのタイムを切れるのか。

考えて練習して、思ったより実力がついてこなくて。焦る。

走りたくなくても目標のため気持ちを押し殺して走って、徐々に目標タイムと自分の実力との差に気づきまた焦る。

正直ロードバイクに乗る楽しさは以前より半減したのかもしれない。

でも今までエンデューロレースなど数回出たが、今回のように自分で明確に目標を決めて、努力した事は無かった。


その成果を3日後に試せるチャンスがあるのだ!!!
頑張ってきたから価値があるのだ!!!

会社が同じ日にシマノスズカに出展するのを分かって押し切り、乗鞍に出ることにしたのだ。

背中を押してもらった?からには中途半端な気持ちで望めないし、この5ヶ月の苦労が台無しになる。



絶対1時間10分を切ってやる。


もちろん切れなかった時の坊主頭なんて絶対ならねえ!!!



正式には1時間9分50秒を切らなければいけません。 とあるペナルティで10秒減らされました。。。





実は参加証はいつ来るんだろうと不安になってましたが、

自分で「Jエントリー」にアクセスして印刷しなければいけなかったんですね。

e0253769_935489.jpg




泣こうが、わめこうが、わくわくしようが、乗鞍まであと2日!


悔いの残らぬよう自分の実力の全てをぶつけてこようと思います。


試走の時は結果に浮かれず、落ち込んで見たけど。

今度は最高の気分でこの景色を見てやる。
e0253769_2129935.jpg


そして私の先輩である乗鞍のお師匠にも勝つのだ!


さて最終回にどうなっているのか!?



乗鞍まで あと  2日!!
[PR]
by hattorisports | 2012-08-24 19:00 | 乗鞍への道

La Strada per Norikura~乗鞍への道 37

昨日の日曜は気持ちが弱くて目的地に到着することなく引き返してしまった。。。 大台ケ原の予定でした。


悔しいので今日はいつもより2時間早起きをして

通勤で遠回り、柏原から葡萄坂を登り、信貴山のどか村へ


そして十三峠の頂上を奈良側からアクセス。

e0253769_7491549.jpg
写真は葡萄坂の途中より

大阪側へ下ってまた頂上へ

ここでも自転車乗りと何人もすれ違う十三峠恐るべし  まだ朝の6時過ぎですよ?


結局いつも通勤7キロほどなのに45キロ。。。


ルートラボより


朝錬として毎日これぐらいのルートを走っている方がいるそうですが。



こんなの毎日できないよ。。。

慣れの問題なのだろうか? 7キロのジテツウ自体が短い方だしな。。。

せめて週に2回とかならいけるかも?


やっと体が6月頃の一番いい状態に戻ってきたような。。。




乗鞍まであと 6日!!!


月日はこんなにも早く経つのか。。。
[PR]
by hattorisports | 2012-08-20 19:00 | 乗鞍への道

La Strada per Norikura~乗鞍への道 36

そろそろ身支度もちょっとずつしなければいけない。

下山の時に何がいるか?預ける荷物の中身



そういえば、駐車場の情報も知らない。 案内にも載っていなかった?


宿から会場までの道のりや当日の朝ごはん。

当日は早く起きて場所取りでスタート地点に自転車を置く。 何時に起きて出発?


そして車に戻って別の自転車でローラーを回してアップ。 別の自転車とローラー台も用意がいる。


どの段取りもおろそかにできない。

お盆が終わってどこか気持ちが緩んでたので気持ちを引き締めなおして。




練習は今週末をピークに、
平日は変に練習するよりコンディションを最高の状態で当日に持っていけるよう調整する。何気に一番難しい。。。


この「乗鞍への道」


後3話で最終章を迎えるのだ。 イタリア語でかっこよくタイトルつけてるんだけど。。。

あっ一応、結果速報は入れます。

終わりよければ全てよし。


の言葉、全てが当てはまる事ではないけども、このブログも終わり方を間違えれば0点にもなる。


少なからず、定期的に見て頂いてる方がいるのでその方のため、自分の目標のため、会社のため?



いいエンディングを用意します。 どう転ぶやら。。。



乗鞍の中間地点を通過するタイム せめて31分以内で通過しないと1時間10分は厳しい?


(厳密には1時間9分50秒)



そういえば中間地点の距離に近い10.2キロの平均勾配5.6%の乗鞍に似たコースが近所にあります。 


確かベストタイムが33分ちょっと。


全力でもがいて33分でした。

当日はそれより速く通過、なおかつそこからたれずに。むしろ斜度がきつくなり始めます。

もっと現実を突きつければ、先日、乗鞍試走した時は35分で通過しました。

まあ33分は去年のタイムでありますので参考程度。



でも、間違いない。


最高の状態で望んでも厳しいなのだ!!! なにを今更。。。



乗鞍まであと 9日!!!
[PR]
by hattorisports | 2012-08-17 19:00 | 乗鞍への道

La Strada per Norikura~乗鞍への道 35

雨、雷が非常に強くなってきてビクビクしながら書いております。


とうとうJエントリーから大会参加賞ダウンロードできるようになりましたね!!

私は「ロード男子A」のカテゴリーで7時9分、5番目にスタートです。

チャンピオンクラスでエントリーしておけばよかったと今更後悔。。。 スタートの位置関係から





本番が着々と迫って来ている中、日曜、月曜と走りに行ったのですが、


今更、疲労を翌日に残さない事の大事さに気づき。本当に今更です。


日曜日に走った後の月曜

e0253769_20545490.jpg

疲労で心拍が上がらないし、終始脚がだるくて辛かったです。。。

これまで走った後は疲れがひどい時にだけストレッチをするぐらい
アイシングをしたりプロテインを飲んだりなんて全くせず。

週末にしっかり走った後、その疲労抜けるのが大体3日かひどい時は4日、

他の人より疲労が取れるのが明らかに遅いんです。身内の話ですが。


今の連休のように連日で走るときは本当に重要な事だと思います。


切羽詰まって気持ちはやるぞ!と思っても  実はうそですけど。

疲労が邪魔なんですよねー。
何か前向きに取り組んでいればもっと中身のある練習ができたかも。。。

で今更走った後にストレッチを入念にしてできるだけ早く食事を取り。
アミノ酸を補給したり。


が、

翌日の天気予報は雨でした!!!


雨の中はさすがに走りません。



なんか運が悪いし、気づくの遅いし、良いこと無しですー。

そして11分の壁。


こりゃかなり高い壁だわー

と感じてきました。。。


私にゼロセッテを用意してくれないものだろうか。。。

あーゼロセッテゼロセッテ。ゼロセッテ。。。

私にスカルポーニの脚が舞い降りれば。。。



乗鞍まで後 10日!!!
[PR]
by hattorisports | 2012-08-16 20:00 | 乗鞍への道

La Strada per Norikura~乗鞍への道 34

ドタバタが去り?久しぶりに仕事終わりで



十三峠へ!!!


今日はお父さん?いいえ。年齢はお父さんに近いですが、  怒られます。

仲良しの自転車仲間と一緒に走ります。


お互い疲労結構溜まってるし20分ぐらいのペースで登ろうかなーんて言って


終始いいペースで引っ張って頂き 


心拍が上がりにくくしんどかったー。


最後の100mから追い上げて抜かそうとしたが力尽き。。。




走ってみれば。

e0253769_21301759.jpg


17分41秒


自転車乗りは嘘ばっかりつきます。 冗談です。


何気にベストタイムを更新していますが、


ホイール替えてるしー
前回ベストタイム出した時から練習たくさんしてるしー

自分の前でいいペースで走ってもらってたしー  何気に効果大きいですよね?


結局の所、17分は切りたいですねー

サラ脚で走っても17分切れるか切れないかな。。。


くそーおおおおお!!!

今年のお盆は意味深で切羽詰まったものになりそうだ!



乗鞍まであと16日!!
[PR]
by hattorisports | 2012-08-10 20:00 | 乗鞍への道

La Strada per Norikura~乗鞍への道 33

夜中に車を走らせ早朝5時前


e0253769_21214240.jpg

到着しました

乗鞍に!!!


前日の受付会場になる乗鞍観光センターに車を止めて準備をします。
e0253769_2124011.jpg

あそこまで登るのかと思うとわくわくします。


まだ夜が明けて間もないのにあっという間に駐車場はいっぱいになり、
私と同じく試走のために来ている人もたくさんいました。

大会が近づいているんだなと肌で感じながら
午前6時過ぎに試走へと出発。


今回の予定は2回登る事。
1回目は8割ぐらいの力でペース配分を重視してタレずに走り切る事。タイムを意識します。

2回目は6キロ過ぎ地点の三本滝から登ってコースを覚える事を重視。

初めての乗鞍。
ウォーミングアップも兼ねてゆっくりと
序盤は勾配が緩いみたいなのでペースをあげそうになりますが心拍数を170ぐらいに抑えて走り続けました。
12キロ地点より勾配が強くなり7%-10%の勾配が現れ
その後1キロごとにキツくなって、緩くなってを繰り返す印象でした。

ゴールまでタレる事なく、最後に力をちょうど使い切るような形でゴール。
うまくペース配分が出来たと思います。


e0253769_212830100.jpg


ゴール地点の景色は言うまでもなく今まで登ってきた中で一番の美しさです。

自転車でここまで登ってこれるんだ。と感動してしまいました。


山頂にある売店で同じ初めて乗鞍に出る方とお話をしたり、
10回出場されている常連の方からアドバイスを頂いたりと、

貴重な情報を得る事ができました。


そして、肝心のタイムですが



1時間20分39秒でした。


この試走のタイム。
色々と言い訳はできます。疲労が残っていたり、ここまでの移動で睡眠を取っていなかったり。。。

しかしその言い訳を全て取り除いて万全の状態で挑んだとしても

約11分。
縮める事が可能な数字なのでしょうか?

厳しいかな。。。

と思ってしまいますがまだ日にちは残っています。

諦めません!!!!

e0253769_21364134.jpg



あっ、2回目はハンガーノックになりそうになって途中で引き返しました。。。


乗鞍まであと 21日!!!
[PR]
by hattorisports | 2012-08-06 19:00 | 乗鞍への道

La Strada per Norikura~乗鞍への道 32

気がつけばこの記事も30話を超えました。

本質があっちへ行ったり、こっちへ行ったりとしていますがあともう少しお付き合い願いたいものです!

「ブログを見ているよー」と声をかけて頂いたりする事も増えて、


嬉しくてもう目の前が涙で見えません。

明らかに言い過ぎましたが、見て頂いている人が増えた事によって、

万が一目標タイムが切れなくても


坊主頭にする甲斐があるかもしれません。。。


大阪、東京と展示会が終わり、

最後の悪あがきのために今週末に乗鞍を試走してこようと思います。

これでだいたいの自分の乗鞍のタイムがわかるかも? 吉となるか大凶となるか。。。


e0253769_2137266.jpg


ゼロセッテかチェントウノ SRを買って

乗鞍を走ってそれで宣伝になれば坊主にしなくてもいいのかも?


そんなお金どこにもありませんが。。。


乗鞍まで後23日!!


もう3週間前なんですねー。
[PR]
by hattorisports | 2012-08-03 21:00 | 乗鞍への道