カテゴリ:ろ~ど・オブ・ザ・鈴鹿TT!?( 16 )

人生初挑戦のチームタイムトライアル④

コースインしてからは、あっという間に順番が回ってきた。
e0253769_174676.jpg


いよいよスタートの順番だ!!!
e0253769_17474246.jpg


そしていよいよスタート!!!しかし、足に力が入らない・・・何故だ?・・・
e0253769_17483347.jpg


1週目何とかメンバーに助けられ、励まされ、千切れないように着いて行く。
心の中で“迷惑かかるから、俺の事は置いて、皆行ってくれ~”と叫ぶこと10数回
e0253769_1824156.jpg


2周目中盤で足を攣る・・・何とか頑張ってゴール
e0253769_1853170.jpg


したものの、あまりの体温上昇に意識が朦朧とする。
メンバーとゴール後の熱い抱擁と感動をイメージしていたが、このままでは熱中症で倒れてしまう!!!
そそくさとシャワーに向かう。

炎天下の暑さ対策や水分補給・塩分補給を全く考えていなかったことで、力が入らなかった。
シャワーを浴びながら、メンバーの皆に迷惑をかけたと涙した。
“申し訳ない”

そう言えば鬼監督が言っていた、「チームタイムトライアルが一番きついよ~。」
富士山や沖縄を何時間も走ったが、チームタイムトライアルの数十分が確かに一番辛かった・・・
皆に迷惑をかけた事が一番辛かった。

“後悔・反省・猛省”
富士ヒルクライムを走った後のような達成感は全く無く
ただただ、メンバーに迷惑をかけてしまった事がずっと心に刺さっている。

とても苦い苦いチームタイムトライアルデビューであった。

当分立ち直れそうに無い・・・

つづく
[PR]
by hattorisports | 2012-09-07 00:00 | ろ~ど・オブ・ザ・鈴鹿TT!?

人生初挑戦のチームタイムトライアル③

スタート集合場所にK太さん、K坊さん、O会長そして4人のメンバーが集まった。
O会長より「K太さん上り担当、K坊さん平地担当、会長下り担当、北さんは一番後方から作戦指示担当」と告げられる。
「作戦指示なんて恐れ多い、皆様のご迷惑にならぬようにしがみついてでも、がんばります・・・」と会長に告げる。

e0253769_17253055.jpg


ゼッケンから考えると、スタートするまでにちょっと時間がある。ド緊張である。
e0253769_17273217.jpg


ゆっくりと列が進んでいくが、日差しが暑すぎて意識が朦朧としてきた。
e0253769_17281383.jpg


朝一番からブース出展でかなり体力を消耗している。体温が熱いのか?気温が熱いのか?もうよくわからない。
そんな中、水分を十分に採ったつもりではあったが、出走間近に汗を全くかかなくなった。
「これはやばい!!!」と思ったのでK太さんのお父様がミネラルウォーターを買ってきてくださり、飲み干した。
e0253769_173655.jpg


首筋には大きな塩粒が出来ていた。舐めると「おいしい!」どうやら塩分も足りていないようだ。
ここでO会長が塩飴をくれた。何から何までお世話になりっぱなしである。大反省・・・

そして、実況席の先からいよいよコースインするのであった。
e0253769_17371354.jpg


つづく
[PR]
by hattorisports | 2012-09-03 00:00 | ろ~ど・オブ・ザ・鈴鹿TT!?

人生初挑戦のチームタイムトライアル②

鬼監督の命令とO会長の提案によりスタートしたこの企画もついに最後を迎えることとなった。
イタリアでの武者修行により、集団走行と空気抵抗を減らすポジションを手に入れ、チームタイムトライアルに挑む。
鬼監督は、私の財政状況も考えず、いつのまにかゼロノヴェプロトタイプをアルテグラDi2で組んでいた。

ちなみに鬼監督は新入社員との乗鞍対決のため、鈴鹿不在である。

e0253769_16485680.jpg


さて“ろ~ど・トゥ・Mt.Fuji!?”でヒルクライムの得意なファンライドさんが友情出演してくれたので、
今回は、毎年チームタイムトライアルに力を入れておられるバイシクルクラブさんが“ろ~ど・オブ・ザ・鈴鹿TT!?”に友情出演してくれました。
しかし、バイシクルクラブ編集部チームは強すぎるので、バイシクルクラブ営業部チームに挑戦しました。

e0253769_16543752.jpg


バイシクルクラブ営業部は3人、ウィリエールチームは練習熱心な3人と食べ放題1人編成なので有利なのだ。ムフフ

e0253769_1659463.jpg


前日に餃子の王将でカーボローディングしているので準備万端であった・・・

つづく
[PR]
by hattorisports | 2012-08-31 00:00 | ろ~ど・オブ・ザ・鈴鹿TT!?

人生初挑戦のチームタイムトライアル①

8月25日灼熱の鈴鹿サーキット。ジリジリとアスファルトとテントから熱線を感じる。

e0253769_12405360.jpg

朝日を浴びて朝7時まだこの時は元気だった・・・

ブース設営を朝5時ぐらいから始めて、集合は13時半そして出走は14時。
出走までの時間、ブースに訪れたサイクリストの皆様にチェント1SRをはじめとした2013年モデルの紹介をした。大変ありがたいことに毎年、毎年、ウィリエールブースに来てくださるお客さんが増えているという実感がある。

「チームタイムトライアル楽しかったよ!!!タイムは~分~秒でした!!!」
といつもなら結果報告から始まる所なのだが、人生初挑戦のチームTTは今までに無いゴール後のモヤモヤ感を抱えてしまった。チームTTという種目だからという事ではなく、炎天下のアウトドアスポーツでの当然注意すべき事を注意できなかった事だ。
ゴールして、パワータグ返却場所近くの水シャワーを浴びなかったら本当に倒れていたと思う。

まず注意できなかった事を、今後の真夏のブース出展、練習やレースの際の教訓としてここに書いておきたいと思います。

e0253769_132182.jpg

シャワーを浴びて、何とか意識を保っている状態の写真・・・

失敗1:体温上昇と暑さ対策
真夏のシマノ鈴鹿ロード、過去、ジリジリとしたテントで早朝~夕方までいつも時間が過ぎるのをじっと我慢をしていた。
土曜日あまりの暑さに思考回路が全く動かなかった。
チームTT後に知ったシャワーの存在、本当に天国だった。
日曜日には、空きペットボトルで水を汲み、打ち水をしてみた。
土曜日と異なり段違いにアスファルトの照り返し熱線が和らいだし、風が吹いた。
またトイレに行くついでに、シャワーで頭の汗と首筋の塩を洗い流した。

失敗2:水分補給対策
十分に水分を補給してブースを出陣したつもりであったが、チームTTスタート集合ちょっと前からスタートするまでの40分間、スタート10分前には汗をかかなくなった。急遽冷たいミネラルウォーターを出走直前にチームTTメンバーのお父さんから頂いたが、少し遅かったようだ。

失敗3:塩分補給対策
スタート10分前には汗をかかなくなった時に、首筋には大きな塩の結晶が出来ていた。
あまりの暑さに、スタート2時間前に食べる予定だった、塩鮭おむすびと醤油焼きおむすびを食べなかった。
体が欲していたのだろう首筋の塩を舐めるととてもおいしかった。
まだそんなにペダルを踏み込んでいないにも関わらず、塩分不足でチームタイムトライアル2周目登りで右足ふくらはぎを攣ってしまった。

初挑戦のチームタイムトライアルも色々と気づいた点があった。

スタート前と結果報告は次号につづく
[PR]
by hattorisports | 2012-08-28 00:00 | ろ~ど・オブ・ザ・鈴鹿TT!?

イタリア武者修行II⑦

さすがにそろそろ日本に帰ります~。
イタリア武者修行で、集団走行がちょっと怖くなくなりました。

e0253769_12243737.jpg


ドバイ空港内でちょっと観光・・・筋肉痛なのとエコノミー症候群対策でコンプレッション靴下履いてます。
このラクダの置物何kgぐらいあるんじゃろ?
e0253769_12252821.jpg


ドバイ空港で買い物すると車が当たるようです。すごい!
e0253769_1228279.jpg


帰国後、蒸し暑い中、いつもの下道巡りで神社・古寺を散策・・・
e0253769_12293525.jpg


e0253769_12314176.jpg


e0253769_123224100.jpg


ボトルの水がお湯になってる~!飲んでもぬるいから気持ち悪い~。

意識が朦朧とする中、変わった和菓子屋さんを発見。
鉄道マニアなのだろうか?ジャポネーゼ・ドルチェ・スタツィオーネ(イタリア語で“日本のスウィ-ツ:駅”)
e0253769_12325788.jpg


あれよあれよと言う間にもう鈴鹿直前、プロトタイプの自転車でまだ試走をしていないが
お財布の中身だけは着実に軽量化されていった。

今年もあの暑い鈴鹿がやってくる~。
e0253769_1325656.jpg


今年はどんなドラマが待ち受けているのか?
北さんシリーズ第2弾!!!ろ~ど・オブ・ザ・鈴鹿TT!?涙と感動の最終章です!!!
皆様、ブースに応援に来てください!!!
[PR]
by hattorisports | 2012-08-22 00:00 | ろ~ど・オブ・ザ・鈴鹿TT!?

イタリア武者修行II⑥

ちょっと武者修行ばかりだったので仕事もする。サイクルモードと2013年の広告の打ち合わせである。
また3Tと同じく、日本のショップさんや鈴鹿や富士ヒルクライムで会話した一般ユーザーさんからの声も伝えます。
ウィリエール・トリエスティーナ社は日本の声を聞き、日本企画のカラーが世界展開しちゃったりもします。
鈴鹿でお話した女性ウィリエールライダーからの声で
2013年は何と蛍光ピンクのイゾアールXPなんかも企画しちゃいます。
e0253769_16175361.jpg


ここで業務連絡
「社長、手にしているのはイタリア特産のオレンジジュースです。
 仕事中にオレンジカクテルなんて飲んでません!!!」


昼食を終え、ウィリエールのレパルトコルセ秘密のお部屋へ進入。
このエリアは選手用の自転車の倉庫になっており、ウィリエールの社員以外では、
カンパニョーロのエンジニア、ランプレチームのメカニック、ほぼ現地スタッフの私しか入れない。
スカルポーニやペタッキがマリアローザを着た時用のスペシャルカラーのフレームも見える。
e0253769_11301770.jpg


皆さんご興味のチェント1SR全カラーをここで大披露します。
定番ライムイエロー!!!ペタッキ選手の愛機ですね。
e0253769_113527.jpg


新ランプレカラーです。マローリやウリッシの愛機ですね。
e0253769_11352850.jpg


男らしいレッドです。
e0253769_1136051.jpg


可愛いホワイト/グリーンです。
e0253769_1137614.jpg


個人的に一番かっこいいブラック/グリーンです。本当はこのカラーにペタッキが乗る予定でした。
e0253769_11372357.jpg


そして広告にも使われている2013年一番人気のマットブラックです。
e0253769_11374147.jpg


その日の夕食・・・
2013年チェント1SRに続いて、プロトタイプの自転車について議論した。
e0253769_1140454.jpg


ここで業務連絡
「社長、手にしているのはノンアルコールビールです。
 仕事中にドロミテ山塊の地ビールなんて飲んでません!!!」


テクニカルディレクターのミケーレから
「Zero7と一緒に富士ヒルクライム頑張ったな~。今度鈴鹿TTに出るんだろう。
 新型フレームの言いだしっぺはお前だから、プロトタイプを送るから、鈴鹿デビューしてこい!」


急遽、新型フレームが鈴鹿デビューすることとなった。
e0253769_11553880.jpg


Zero7あるのに、2012年2台目?
貯金通帳すごい勢いで目減りしてる?

[PR]
by hattorisports | 2012-08-17 00:00 | ろ~ど・オブ・ザ・鈴鹿TT!?

イタリア武者修行II⑤

アタックが決まって3分が経過した。後続集団が編隊を組んで追ってくる!!!
e0253769_15435275.jpg



ヒーヒー頑張ったにも関わらず、あっという間に吸収されるも、無事にアゾロに到着した。
e0253769_12124864.jpg


アゾロの石畳の坂は練習になるのでちょっと練習?というかサポートカーに追い立てられ
石畳の坂を駆け上らされた。暑い!ジェラート食べたい。
e0253769_1547262.jpg



アゾロで少々休憩、ウィリエールのエンジニア、メカニック、セールス、ホームページデザイナー、皆自転車乗りだ!
e0253769_12152411.jpg


練習サポートカーはボルボチェント1SRスペシャルだ!!!
e0253769_12155627.jpg


アゾロで折り返し、ホテルに戻る。お腹減った・・・。
e0253769_1217858.jpg


お腹が減りすぎて目が死んでいる。胃袋さんは「肉入りサラダとイタリア風シーフード天ぷら(フリット)だな」と覚悟を決めた。
e0253769_12183610.jpg


肉入りサラダはお肉とイタリアの力強い野菜のハーモニー!!!
e0253769_1220539.jpg

熱々のフリットに、レモンとバルサミコ酢をさっと掛けまわし、さっぱり食べるのが私の定番
e0253769_12203659.jpg


しかし、イタリア人的にはその様子が滑稽なようで、「お前、フリットにもバルサミコ酢かけんの?」と不思議な顔をされるのであった。

イタリア武者修行もそろそろ終わり、帰る前に・・・
[PR]
by hattorisports | 2012-08-13 00:00 | ろ~ど・オブ・ザ・鈴鹿TT!?

イタリア武者修行II④

先日の虫刺されが痒くてたまらず、寝不足な朝。
負けず嫌いのウィリエールスタッフも練習に参加するというので、少しビビッている。
e0253769_11443234.jpg


今日の愛車はチェント1SR、BB386EVO、カムテールデザインのフレーム、
メカニカル&電動に対応するインターナルケーブルシステム、
高剛性の3Dリヤエンド、熟成されたリヤスウィングアームステー
乗る前からこの新型バイクはサイクリスト魂をワクワクさせる。
e0253769_11535128.jpg


皆、ボトルに冷たい水を入れ、出発!!!練習出発前にイタリアの母が“写真を撮ろう”と言うので撮影。
日本に帰国する際にいつも“ワインを持って帰りなさい!お菓子を持って帰りなさい!”と世話を焼いてくれる優しい母だ。
e0253769_11452454.jpg


チェント1SRに乗った一行は一路アゾロへと向かう。チームリーダーのアントニオとエンリコ社長が先頭を引いている。
エンリコ社長のプレッシャーに、誰も逃げを打たない。
ここで、ウィリエールのデザイナーのジョニーが「フェイントかけるからアタックしろ!アタッコー!!!」と耳打ち。
e0253769_15332081.jpg


一度後方に下がり、様子を見る。
e0253769_11553287.jpg


アントニオ以外、私がイタリアのローカルな道を熟知していることを知らない。
チャンスはある!!!
e0253769_15322149.jpg



ジョニーがエンリコ社長とアントニオに話しかけるため、スルスルと先頭に上がっていったのを隠れ蓑にし、
アタック!!!
「アタッコ~を潰せ~」と意表を突かれたエンリコ社長が叫ぶも、うまくアタックが決まってしまった。
e0253769_1234737.jpg


フェルトレ~アゾロまで逃げられるのか???

つづく・・・
[PR]
by hattorisports | 2012-08-10 00:00 | ろ~ど・オブ・ザ・鈴鹿TT!?

イタリア武者修行II③

蒸し暑い、ムシムシ、虫虫虫・・・口に虫が入る恐怖に怯えながら、
レナートとジャンニに連れられボルソ・デル・グラッパ周辺のトレイルに向かう。

e0253769_9405181.jpg


トレイルはけっこうガレ場が多く、26インチであればフルサスペンションにしたい所だが、さすが29er!!!
抜群の走破性能!!!そして、アメリカで8年ほど前に29erに乗った際の不思議な操舵感覚が無い!!!
e0253769_9413259.jpg


紹介が遅れたが、今日の愛車は2013年モデルのチェント1XN
ロードバイクのチェント1SRのテクノロジーも搭載した新型29erバイクだ!!!
ちなみに身長174.5cmの私はMサイズでステムは100mmを使用。
振動吸収性とフレームの剛性が驚くほど優れ、なおかつ軽量だ!!!
スタンドオーバーハイトが低く設定されているので、Sサイズであれば身長165cmの方でも乗れるだろう。
e0253769_9535347.jpg


牧場や畑の農道を通り、レナートとジャン二は突き進む。
e0253769_9555810.jpg


農道を抜けると古い町並みが・・・そこには面白そうな階段が・・・
写真には無いが、29erの走破性を試し、段差の少ない階段なら上れちゃいました!!!
e0253769_956419.jpg


レナートとフェルトレのカフェにてコーラで乾杯!!!明日はいよいよチェント1SRの試乗兼トレーニングです。
e0253769_1001490.jpg


体中、虫刺され。時差ボケですんごい疲れてるけど、大丈夫だろうか?
[PR]
by hattorisports | 2012-08-06 12:35 | ろ~ど・オブ・ザ・鈴鹿TT!?

イタリア武者修行II②

イタリアの母の経営するホテルはガーデン・ルレイスというヨーロッパ各国から集まるパラグライダーの聖地みたいなホテルだ。

e0253769_1146829.jpg


http://www.gardenrelais.it/

e0253769_1894052.jpg


母は私の大好物を用意して、既に寝ていた・・・
e0253769_1810563.jpg


お腹いっぱいご飯を食べた翌朝・・・
モンテ・グラッパを照らす綺麗な日の出を見て、今日の練習の準備を始める。
e0253769_18123224.jpg


寝ている母も起こさず8時に出発、9時にウィリエールに到着すると見慣れない車が・・・チェント1SR号だった。
「あれれっ?Zero7号はどこに行ったのだろう?」という疑問もよそに・・・
e0253769_18162124.jpg


アントニオ曰く
「今日は俺仕事で行けないから、メカニックのレナートとジャンニは代休取ってMTB走りに行くから、行って来て・・・」
e0253769_18164733.jpg


「えっ?MTBライドなんて聞いてないよ!!!
虫大発生してるから嫌だ~!蒸し暑いし虫まみれになるに決まってるじゃん・・・」

私の訴えも聞かず、レナートとジャンニは私の荷物を入れ出発してしまった・・・
[PR]
by hattorisports | 2012-07-27 00:00 | ろ~ど・オブ・ザ・鈴鹿TT!?