カテゴリ:服部産業株式会社サイクリング部( 10 )

「富士の国やまなし」 第12回 Mt.富士ヒルクライムに参加します(しました)~ファイナル

無事ゴールできました!

明け方降っていた「雨」はスタートする頃にはあがり
暑くはないンだけど、湿度が高くて「大汗」をかきながら走りきりました。
e0253769_14334126.jpg前日は寝つきをよくする為に、かるく一杯呑んで
就寝したのもGOOD?
呑みすぎには、ご注意!!
自己管理でお願いいたします~

昨年はウィリエールのロードバイクで走り、今回は「RCC704改」~(元は5万円のクロスバイク)
それでも、タイムを10分以上短縮できたのは、ユニパーのカーボンホイールのおかげかもしれません!
最終的にセレクトして良かったと思っております。(ゴール後の風景です)
ユニパーのアルミホイールを使用して今回一緒に参加した妹尾も昨年に比べ5分以上短縮したようです。
e0253769_14344526.jpgリヤキャリアにスペアタイヤを
くくりつけての走行でしたが
走行中のサイクリストから
多くのご質問をいただきました?
いずれご紹介できると思います。
まだテスト中のロードバイク用の
スポーツキャリアです。



いつもなら途中で「心」が折れてしまうほど・・・でも今回はゴール前の渋滞で「イラッ!」っとするほど・・・
いや、する余裕があるくらい走れたのです。(下山前に記念撮影です)
e0253769_1436379.jpg

長い間お付き合いくださいまして有り難うございました。

今回、走り抜いた「RCC704改」のベース車である「RCC704」は今秋発売予定です!
残念ながら、このブログをお読みになっている方々がお世話になっているプロショップには
まず、並ぶことはありません。
一般車(通称ママチャリ)販売店がメインの商品なのです。
もしかしたら、お近くの萎びた自転車屋さんの店頭で見かけるかもしれませんね?
(もちろんプロショップでも服部産業と取引があるお店であれば注文できますが・・・)
興味のある方は秋以降のカタログをご請求くださいませ?

次回からは「乗鞍」編に突入です~次は何に乗るか?再び「RCC704改」か?
展示会が近いので、準備の為しばらく休載いたします。
[PR]
by hattorisports | 2015-06-16 21:00 | 服部産業株式会社サイクリング部

「富士の国やまなし」 第12回 Mt.富士ヒルクライムに参加します⑧

やっぱり、カーボンホイールを入れちゃいました~
元が5万円のクロスバイクって分からなくなってきました・・・・
e0253769_845142.jpg

ブレーキシューもカーボンリム用へ!
今回はちょっと奮発して「スイスストップ」です、手元に「黄色」のがあったので
嵌めてみたら、フレームカラーと合って(?)いてGOODです。
スイスストップ(黄色)はカーボン用という事もあってコンパウンドは
柔らかめ~ブレーキをかけた時に通常のタイプに比べると、ふやぁ~とします・・・
が、制動力が安定しているので心強いです。
e0253769_803429.jpge0253769_81475.jpg

タイヤはヴィットリアのコルサ・エリートを貼った結果、気になる重量は9415g
リヤキャリアがついたままなので、外したら8kg台におさまると思っています。
あと、シートポストとサドルが重いのでカーボン製にすれば、8kg前半も狙えますかね???
この自転車の実力は週末の富士山で発揮される予定!
実はこの「ユニパー」のカーボンホイールは初めての走行テスト!
通勤でちょっと使用しましたが、以前のアルミ製に比べたら加速力は雲泥の差!
なぜ今まで使うかどうか迷っていたのか?考えてしまいます?
e0253769_852293.jpg

梅雨の時期、標高の高い富士山で「雨」になったら、かなりキビしい走りに
なるのが予想されます。「雨」プラス「防寒」の用意を忘れずに!
シューズカバー、指長グローブ(防水であればGOOD)、下り用のマッドガード
なんかあると助かります。
[PR]
by hattorisports | 2015-06-10 21:00 | 服部産業株式会社サイクリング部

「富士の国やまなし」 第12回 Mt.富士ヒルクライムに参加します⑦

ユニパーカーボンホイール(ロード用)のリヤを135mm幅にモディファイする為に
スペシャルワッシャーを作成しました。
ドライブ側のワッシャーです~エンドキャップと合体します。
e0253769_1021974.jpge0253769_1024247.jpg

ここ(アクスル)に、はめ込んでからエンドキャップをかぶせます。
e0253769_1034096.jpge0253769_1041113.jpg

反ドライブ側のワッシャーです~こちらもエンドキャップと合体しますが、外径が大きい(エンドキャップの外径と同じ)のです。
e0253769_1044665.jpge0253769_10513100.jpg

同じくアクスルに、はめ込んでからエンドキャップをかぶせます~こんな感じに仕上がります。
e0253769_1061150.jpge0253769_1063725.jpg

完成体!135mmになったのが分かりますか・・・?
e0253769_107144.jpg

あとはタイヤをはめて、本番を待ちましょう~変速調整は必須!    ~試験走行は必要か?というところです。
[PR]
by hattorisports | 2015-05-29 21:00 | 服部産業株式会社サイクリング部

「富士の国やまなし」 第12回 Mt.富士ヒルクライムに参加します⑥

RCC704改にどうしてもカーボンホイールをインストールしたくて
先日組みあがった「ユニパー」ホイールのリヤを135mmにモディファイする事にしました(?)
まず、左右のエンドキャップを外します~
e0253769_1341269.jpg

左側に5mmのスペーサーを入れて135mmにしようと考えましたが、それだとホイールセンターを
取り直さなければならない(面倒くさい)で、左右に2.5mmずつスペーサーを追加します。
ローギヤが2.5mm内側になるので、変速機が届くか心配ですが・・・・
e0253769_13413920.jpg

スペーサーの設計図を描いて、これから旋盤で作成します。
左右同じスペーサーだったら「楽」なのですが・・・
ちょっと違います~出来上がったら、紹介しますので少々お待ちくださいませ。
e0253769_13421092.jpg

こんな事している時間があるなら練習しろ!と言いたくなる方々もおられると思いますが
やっぱり格好や機材を優先しないとモチベーションが・・・・





                   次回につづく
[PR]
by hattorisports | 2015-05-27 21:00 | 服部産業株式会社サイクリング部

「富士の国やまなし」 第12回 Mt.富士ヒルクライムに参加します⑤

「ユニパー」社の新しいロードハブです~もちろん11速に対応しています。
スポークは耐久性に優れた、ストレートプル方式です~体重の多いライダーには
助かるアイテムですね!?
ただし、「ユニパー」社は軽量パーツメーカー(ドイツの、あのパーツの設計も手がけているほど)
なので、ここ一発のイベントのみで使用したいですね!!!!!
フロントハブは20H、リヤハブは24Hになっております。黒ハブにするか?赤ハブにするか?
e0253769_12455810.jpge0253769_12462739.jpg

軽くするためにフリーボディはアルミ製!軽くするなら、ここまでも!
使ったらすぐ壊れてしまう訳ではありませんが、「スプロケットの食い込み」が発生しやすいンです。
e0253769_1247641.jpg

単独のスプロケットの食い込みが激しく(?)、スパイダーアーム部はさほど気にならない程度です。
ヒルクライムではトップ付近のギヤ比はあまり使わないので、宜しい方向です。
e0253769_12473398.jpg

気になる重量は38mmハイトのカーボンリムと組み合わせて
フロントホイールが524g、リヤホイールが655gで仕上がりました。
もちろん組み合わせるリムやスポーク等で完成重量は変化します。
e0253769_1250877.jpge0253769_12503316.jpg

他にローハイトとミドルハイトのアルミリム仕様もあります~
e0253769_1249157.jpg


ヒルクライム当日が雨天ならアルミリムを選びたいトコロです。
数年前に下りが雨になって、数名の参加者が落車しているのを見かけました。
これは「下りが危険」だけで済まされる話ではありません。
参加者の多くが、普段の走行で雨中に長い下りを走った経験が無いからなのです。

慣れていないのが原因なのです。

経験があれば、ある程度の落車は回避できたはずだと思います。
それにレース用のカーボンホイールでいきなり雨の中下ったンじゃ、イベント参加豊富な人でも
対応できない可能性もあります。
そんな理由で「雨天」なら普段から使っているアルミリムを選択したくなるのです。

そういえば、下り用に着替えと一緒にスペアホイールをオフィシャルに預けている参加者を見かけました。
担いで下っている人も見かけましたが、下りは預かってくれないのかな????
上りでアタッチメントバーを禁止していますが、アレの方が危険ではないのでしょうか?

あと、ブルホーンバーが禁止されていますが、エアロTTバーじゃなければ宜しいんでは?
ブルホーンバーのポジションじゃないと走れない方々もおられると思います。
フラットバーポジションにドロップバーの下部を切って逆さに取り付けているサイクリストって
よく見かけますが(街乗りピストバイクではありませんヨ!)
KHSのバイク(小径車)にもあるデザインです。

RCC704改の制動装置はVブレーキタイプを使用していますが、ブレーキシューはロードタイプ!
カーボンブレーキシューに交換することも可能です!
e0253769_12141917.jpg

[PR]
by hattorisports | 2015-05-18 21:00 | 服部産業株式会社サイクリング部

「富士の国やまなし」 第12回 Mt.富士ヒルクライムに参加します④

RCC704の実測です。
12455g(ペダル付)
e0253769_12261072.jpg

RCC704改(現状)の実測です。
10485g(ペダル付)
高級ロードバイクに比べると、かなり重たいのですが。
e0253769_1227429.jpg

でもこの差、「1970g」は富士山標高差1270mを引き上げると・・・1.97×1270×2.34=
約5854カロリーというエネルギー消費の違いがあるのです。

どうなんでしょう?


ヒルクライム本番(当日)が楽しみです~できれば、もう少し軽くして10kgアンダーにしておきたい今日この頃です。
[PR]
by hattorisports | 2015-05-16 21:00 | 服部産業株式会社サイクリング部

「富士の国やまなし」 第12回 Mt.富士ヒルクライムに参加します③

「富士山」を1秒でも速くゴールしたい~

大会まで1ヶ月を切った現状で、何か必殺技はないかと考えてみました。
練習」しかないというのは分かっていますが
「ペース配分?」とかそんなに努力しなくても効果がある方法を探し当てたいのです!!

そんな中、毎年90分以内で走っている人から有力な「情報」を聞くことができたました。

「ペース配分」に近いのですが、「上りのある区間でタイムを損している」という話を聞けたのです~どういうこと?
NHK-BSの某番組(チャ○ダー)でも解説があったみたいで、急勾配を走っていて、緩斜面が表れると
休んでしまう」らしく(本当はもっと踏めるのに)・・・そこでのタイムロスは思っているより大きいのです。

つまり「富士山」に当てはめるとゴール前、数kmにある緩斜面(ほぼ平坦)区間でのスピードアップは
かなりのタイムアップにつながるとのこと!
うまく集団に入れると「40km/h」で巡航できる時もあるみたいで、それが本当ならかなり期待できる
方法ですね(それなりの脚力は必要ですが)。
過去一人で走っている時は「30km/h」も出ていなかったと思います。

現在使用しているのは手組みで「ローハイトのアルミリム」・・・
リヤホイールだけでいいから、ハイトの高いホイールを装着して空気抵抗を減らすのが「オススメ」らしい?
アルミのままだと重量増なので、やっぱりここは「カーボンホイール」の出番なのか~
上り性能と平地のスピードを考えると、ハイトは35~40mmくらいが適当だと思います(個人の意見です)
シマノの「C35」でいいじゃない?という意見もありましたが、予算とリヤのエンド幅の問題もありますし・・・
e0253769_12154141.jpge0253769_1220195.jpg


緩斜面区間に入る時の注意点は
①なるべく集団走行になるように、後ろに大きな集団があったら待っても良い!
 集団の方が速いので、緩斜面区間に入ってから抜かされると追いつかない場合がある。
②直前は無理せず、リラックス。
③余裕があったら、ペースが上がる前に前方に集団があったら追いついておく。

ゴール前に急勾配が待っているから、この区間で目一杯走った後はいつもより「苦しい」
という助言(?)も頂きました。

More
[PR]
by hattorisports | 2015-05-13 21:00 | 服部産業株式会社サイクリング部

「富士の国やまなし」 第12回 Mt.富士ヒルクライムに参加します②

服部産業オリジナルクロスバイク(2015モデル)~RCC704を
富士山ヒルクライムに参加する為、「ロードバイク」風にした
RCC704改 です。
なかなか格好良く見えるでしょう!~自画自賛?
e0253769_1213510.jpg

STIレバーで使えるように「Vブレーキ」を改造しています。
シマノ純正の「ミニVブレーキ」を使う予定でしたが、シマノの
チャート表を見るとST6700と組み合わせが「不可」でした!~残念!
e0253769_12134455.jpg

仕方なく、STIレバーの力率に合うアームの長さを算出して
テクトロの「Vブレーキ」を改造しました~ブレーキタッチは良好です。
(あくまでも自己責任でやっています、マネしないでくださいネ!)
e0253769_12141917.jpg

リヤエンド幅が135mm・・・
ロード用のハブにMTB用の中空シャフトをコンバートしてホイールを
組みなおしました。画像はMTBハブで組んだものです(予備)。
e0253769_12154141.jpg

ちょっと太めタイヤをセレクト(700×28C)
「Vブレーキ」を使っているので太めのタイヤも軽々と装着できました。
e0253769_12164426.jpg

クランクとチェーンステーのクリアランスが結構ギリギリです。
実走テストを行ったところ接触トラブルはありませんでした。
(量産品はちゃんとクリアランスを確保した仕様になっています)
e0253769_12172566.jpg

シフトワイヤーが露出するパートはすべてライナー管でカバーしています。
マッドコンディションでも変速OK!!~そんな場面では走らないか?
e0253769_12182821.jpg

できたら「ヒルクライム」当日までに
カーボンホイールを用意したいですね・・・ただしパンクした時のリスクを
考えると、このままの方がよろしいかも?です。
実はユニパーのフロントだけ用意できています。
リヤはユニパーに135mmのロードハブが無いから困っているのです。
e0253769_1220195.jpg

服部産業は「ウィリエール」(スポーツ車)販売だけではなく、一般の自転車屋さん向けの
商品を企画、販売しております。
自転車をスポーツと考える前に通勤、通学からというお客さまに対しても供給しています~
そんな自転車でも「富士山」を制覇?できる事を実証するために、走ります!応援くださいませ!
[PR]
by hattorisports | 2015-05-09 21:00 | 服部産業株式会社サイクリング部

「富士の国やまなし」 第12回 Mt.富士ヒルクライムに参加します①

服部産業サイクリング倶楽部は2015年6月14日 (日)に開催される富士山新五合目まで上る
ヒルクライムに今年も参加します。
皆さん、エントリーはできましたか?

我々の参加は4人を予定~愛車は
・60tカーボン製の「ゼロノヴェ」with電動シフト
・軽さが一番の「ゼロセッテ」
・最新の「ゼロセッテ(2015)」5kgアンダー?
・RCC704改
e0253769_10584111.jpg


「目標」は1時間30分以内で走りきることです~練習なしでは達成できません!?
あと1ヵ月しかありませんが、とにかく「坂」を走るのみ・・・だけでは難しいと
考えている今日この頃で、何か「道具」に頼るのも必要かも?
そういえば、そろそろ「ユニパー」のカーボンホイールが完成する予定なので
実戦投入に良い機会かもしれませんネ!
e0253769_1059286.jpg

もちろん「ウィリエール」を出展しますので、前日の受付時にはブースへ立ち寄ってくださいませ!
毎年恒例のヒルクライムが得意で超軽量な「ゼロセッテ」4kgアンダーの展示を予定しています。
もしかしたら2016モデルの展示があるかも?なんて事ないかな?
[PR]
by hattorisports | 2015-05-08 21:00 | 服部産業株式会社サイクリング部

伊吹山ヒルクライム2015

4月12日に開催される「伊吹山ヒルクライム」に参加してきます~
服部産業株式会社サイクリング部からは「2人」が参加~でも今回はプライベートな参加なので
エントリーシートにクラブ名は載りません。
まだクラブジャージもできていないので誰が参加しているか分からない状態なのです~

参加するうちの一台は「コレ」なので見かけたら応援(?)してあげてください。
おそらくこのバイクでの参加は一台だけだと思います~
e0253769_14543613.jpg

「101XB」に3Tの「ルーテウス」が嵌っています~「ルーテウス」はシクロクロス用フロントフォーク
なのですが、ヘッドパーツの寸法が同じだったので組み付けてみました。
「101XB」は100mmストロークのサスペンションフォークを装着するのを前提にスケルトンを設定
していますので、「ルーテウス」を嵌めることによってその設定が変わる(?)のです。
短くなったフロントフォークによって前倒れになったわけですが、「悪くなった」わけではありません!
「101XB」のシートアングルは74度、ヘッドアングルは70度!これがフロントフォークを短くなって
約3度立つのです。シートアングルが77度、ヘッドアングルが73度になりました。
実はオンロードを走るのであればこちらのスケルトンの方が好ましいのです~特にヘッドアングルは
「ルーテウス」のフォークオフセット(47mm)ではちょっとクィック気味になりますが、のぼり坂において
はとても安定する寸法なのです(のぼりではトレールが増えるため)
シートアングルは立ち気味になってそまったのでオフセットの多いシートポストで調整しました。
ユニパーのMTBホイールがちょっと珍しいですね!?~完組みではまだ発売されていないので、手組み(?)です。
e0253769_14563067.jpge0253769_14581814.jpg

ヒルクライム用に「AKA PLUMA」のノブをカットして1本300g程に仕上げています。
通勤で前後ローテーションをさせながら表面をスムーズにしました。
e0253769_1501825.jpg


More
[PR]
by hattorisports | 2015-04-06 21:00 | 服部産業株式会社サイクリング部