<   2013年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧

3月17日アヴェル様 主催あわいちにて

e0253769_19431114.jpgはじめまして。

3月1日から勤め始めた新入社員の堺です。
慣れないブログ投稿ですが、以後よろしくお願いします。

先輩諸氏のような製品の紹介はまだ無理があるので私の出来ることから。
ということで、これまで出会ったWilierのオーナー様たちを紹介します。
未熟なため、写真、紹介が上手く纏まっていませんが、お許しを(笑)

初回は大阪西区にあるショップ「ビチコルサ アヴェル」様の
淡路島1周(通称あわいち)に同行した時に出会ったお2人です。

写真掲載の承諾は得たのですが、名前の公表が可か聞き忘れてました(反省)
総参加者は34名、その内Wilierは残念ながら2台でした・・・


e0253769_20453382.jpgイゾアールXP」に乗るA谷さん、漬物屋さんの社長さんです。
残念ながら走行グループが別だったため詳しいお話は聞けず・・・

まだ、ロード歴は長くないようですがミドルコース130キロ組19人の中では早い
グループで完走されてました。
楽しそうに乗られており、これからの目標にしたい素晴らしいオーナーさんです。


e0253769_2058860.jpgお2人目は「チェント1SR」を愛するY田さん。(赤いブラケットカバーがお洒落!)
こちらもある会社の社長さん?(セレブ率高いです)
Y田さんとは古くからのロード仲間で今回も1周組でご一緒させて頂きました。
沖縄210キロを毎年の目標にされており、この日も平地で強烈な引きを見せてくれました(笑)
余談ですが可愛い奥様もロードに乗られております。
奥様用の買い替え時は是非Wilierを(笑)




オーナー様で「わたしの(俺の)Wilierも紹介(自慢)したい
という要望がありましたら、イベント会場等で申し出て頂けたら非常に嬉しいです。
今回は詳細を載せれませんでしたが、ここが自慢ポイントというのが
があればなお嬉しいです。

以上、これから宜しくお願いいたします。

<追記>
今日3月24日は京都南西部にある天引林道を走ってきましたが、Wilierどころか
ほとんどローディーに会いませんでした。なぜ?
[PR]
by hattorisports | 2013-03-29 21:00 | 私たちの出会ったウィリエール

3Tホイール③

アチェレーロ・チーム「40」ステルスカラーです。
「60」同様アルミリム・クリンチャーなっております。(40mmハイトはカーボン製)
e0253769_20234628.jpge0253769_20235772.jpg

「60」に比べるとかなり軽く仕上がっていて~
もちろん、シマノ11Sに対応しています。
e0253769_20241330.jpge0253769_2024221.jpg

ニップルが内蔵なので、調整はタイヤを外してから行います~
「トルクス」でするのが珍しいですね、メーカー側は一般ユーザーが
手を加えにくい様にしているみたいで、必ず信頼できる自転車屋
のメカニックにメンテナンスを依頼して欲しいのです。
チューブレスタイヤのは対応していない様です~
e0253769_20243923.jpg

画像では分かりにくいのですが、リムテープを外すと「QRコード」の
ステッカーが貼ってあります~識別用の個体ナンバーが記録してあります
ので、消えないようご注意ください。
e0253769_20245231.jpg

[PR]
by hattorisports | 2013-03-27 21:00 | 3T(スリーティ)

アスリートになるために 志摩ロードパーティー③

ここ最近、イッキに暖かくなりました
梅も見事に?咲いてます
e0253769_6281048.jpg


志摩ロードパーティー ハーフマラソンは、
アップダウンが続くコースなので、前回は十三峠を
登りました
もちろんアップがあればダウンもありますっという事で
今回は十三峠を下ります!
e0253769_6285796.jpg


下りは重力でスピードが上がりますが、足が地面に付く度に
ブレーキがかかる状態になるので体への衝撃が凄いですね
e0253769_647934.jpg


衝撃を少しでも少なくするために、体はのけぞらないようにし
膝から下をすばやく前に出すように心がけます
e0253769_650370.jpg

タイムは19分46秒
1km5分をちょっと切るペース
思ったより遅いのはなぜ??
いざヶ痛くなるのが怖いのか、はたまた実力なのか・・・
今後の課題です

当然下った道は登ります
タイムは29分14秒
e0253769_6592126.jpg


前回よりも3分以上早くなってます
次はハーフマラソンに近い距離を走る事に
[PR]
by hattorisports | 2013-03-25 20:00 | その他

実践編④ドライルーブ・ウェットルーブ

実践編 ドライルーブ・ウェットルーブです。
e0253769_233187.jpg
イージークリーンバイククリーンでチェーンを洗浄した後に、もちろん普段の注油にもご使用下さい。(この記事ではウェットルーブを使用しています)

使用前によく振ってから注油をします。
注油の起点として接続ピンから注油すると終わりが分かり、どこまで注油したかわからなくなるのを防ぎます。
e0253769_2341956.jpg

注油の際はこのようにチェーンをウエスでカバーしながらタイヤやホイールにオイルが飛ばないように気をつけます。
e0253769_235029.jpg

オイルが飛んでしまうとタイヤのグリップ力やブレーキの制動力が低下してしまい大変危険ですので注意して下さい。
もし飛んでしまった場合はパーツクリーナーなどで必ず拭き取り、脱脂して下さい。

チェーン一コマずつオイルを注油して内部へ染み込ませます。
e0253769_2354322.jpg

チェーン1周全てのコマに注油が終われば
e0253769_2375497.jpg

余分なオイルはゴミが付着しやすくなりますので、ウエスを当ててクランクを逆回転させながら余分なオイルを拭き取れば完了です。

ウェットルーブを使用しての感想ですがウェットと言う名前とは違い、サラサラに近くて粘度はそれ程高くないように思います。
しかし潤滑の持続性は注油後300キロ以上走ってもしっかり保ってくれました。
そして汚れも付着しにくいです。

ドライルーブ・ウェットルーブはお試しに最適な30mlの小さい容量もありますのでぜひどうぞ!
[PR]
by hattorisports | 2013-03-23 20:00 | Motorex(モトレックス)

箸休め⑫

e0253769_21442519.jpg前回紹介した、MTBタイヤに使用するチューブを入手しました。
合わせて僅か「381g」しかありません~
軽量MTBタイヤ(のみ)1本分くらいでしょうか?チューブ込みの重量ですよ!?
太さは「1.8」あります~MAX5bar~結構ハイプレッシャーに耐えますネ。

これで、どんな走りが出来るのか楽しみにしています。


e0253769_21444320.jpg一般的なロード用のタイヤとチューブを測定すると「340g」、その差41gしかありません。(太さは「23C」です。)

少し前から気になっていて~それにしても「381g」は軽いですねぇ~
この手の軽量タイヤが発売されるのは久しぶりだと思います。
店頭で販売しているのを、まだ見た事がなく、注文して仕入れて
もらいました~無理をきいてくれて、有り難う御座います(?)
実際実物を見ると色々な事を想像してしまって・・・。
フラットダートでのツーリングに使ってみたいし~


More
[PR]
by hattorisports | 2013-03-22 21:00 | hattori LAB.

実践編③バイクシャイン

実践編 バイクシャインです。
e0253769_1623166.jpg
こちらは艶出しのワックスです。バイククリーンでキレイにした後に使用するのがオススメです。

ウエスにバイクシャインを吹きつけ、艶を出したい箇所を拭いていきます。
(タイヤやホイール、ブレーキシューにかからないようにして下さい。)
e0253769_16244592.jpg
さっと拭くだけで見違えるように艶が出ます!
固形のワックスと違い乾拭きや拭き取る必要がありません。

バイクシャイン使用前e0253769_16252681.jpg
バイクシャイン使用後e0253769_16254464.jpg
違いがわかりますでしょうか?(画像をクリックすると拡大されます)

クランクやディレイラーなどの金属面にも使用頂けます。e0253769_16273986.jpg
ただ艶を出すだけではなくコーティングの役割も果たしますので汚れが付着しにくくなります。
雨なども弾き、汚れが付着してもバイクシャイン使用前と比べるとさっと拭くだけで汚れが取れるので大変便利です。
普段の乾拭きの後やバイククリーンでキレイにした後の仕上げにぜひどうぞ!

使用時は換気をして作業して下さい。
[PR]
by hattorisports | 2013-03-21 10:58 | Motorex(モトレックス)

クロモリに乗る⑥

クロモリの良さって
「何」だと思います?

「乗り心地?」

「細めのパイプ?」

私は職人の「ラグワーク」だと思っています。

ただでさえ、
「ロストワックス」製のラグは美しく出来上がって
いるのですが
更に「ヤスリがけ」を施し
極限の薄さまで
仕上げたラグでパイプを
「ロウ付け」する技術に
惚れ込んでしまいます。
e0253769_2094267.jpg
ラグの先端の厚みは「1mm」以下ではないでしょうか?
薄くするのが凄い(良い)という話ではなく~わざわざ
注文して仕上げてもらえたのが嬉しいのです。
走りの部分も重要ですが
普段目立たない所にも
力を入れるのがイキな話だと思います。

火をかけすぎると、ひずんでしまうし
少ないとラグとパイプに隙間ができる・・・
はみだした「ロウ」を後から削る~
そんな野暮な事はしなくてもすむ腕前・・・。
e0253769_2095919.jpg
特殊な形のシートラグ
既製品ではありません~
これも注文して造ってもらった
世界にひとつだけのモノです。
2種類のラグをつなげ合わせた
時間と根気が必要な一品ですネ!?
少し汚れているので、この後
掃除します~

コストダウンで大量生産されたモノとは
違うのが、誰でも見ただけで分かるでしょう!?

大切に家にしまっておくのではなく
思いっきり走りまくる~
でも手入れはちゃんとして
いつもピカピカにしておきたい。

その気になれば、何十年だって乗れる
飽きさせない自転車なんですよね!
[PR]
by hattorisports | 2013-03-20 21:00 | hattori LAB.

実践編②バイククリーン

実践編 バイククリーンです。
e0253769_15422261.jpge0253769_1543728.jpg
必要なものは簡易スタンド、スポンジ、バケツ、ブラシ(今回は使い古しの歯ブラシを使用します)、ウエス(水分を拭き取るため)です。

バイククリーンはパーツやフレームなどに使用して頂けます。
雨の日に走った場合や汚れのひどい場合バイククリーンと水を使用してキレイにしましょう。
もちろんチェーンなどのギア周りの油汚れにも使用頂けますが
イージークリーンの方がより効果的です。
泥やホコリ、排気ガスなどで自転車に汚れは蓄積していきます。
e0253769_15435678.jpge0253769_15442162.jpg

BB周りは後輪が巻き上げる砂などで特に汚れやすい箇所です。e0253769_1545044.jpg
いきなりゴシゴシとこするとフレームの表面についた砂などで塗装に傷がつく恐れがあるので
まず水を含ませたスポンジでフレームを優しく拭いていきます。
e0253769_1547063.jpg

全体を拭き終われば、バイククリーンを自転車に吹きつけていきましょう。e0253769_1548553.jpg

スポンジに水を含ませて汚れの少ないフレームの上側から拭いていきます。e0253769_1549294.jpg

サドルの裏側(意外に汚れが!)やホイールなども忘れずに。
e0253769_1550076.jpge0253769_15525014.jpg

スポンジの届きにくいBB周りの細かい所にはブラシを使用すればOKです。e0253769_1555234.jpg

自転車の裏側は一番汚れが付着する所なのでしっかり洗いましょう。e0253769_15573113.jpg


一通り洗い終われば上から下へと泡をしっかり洗い流します。
e0253769_160652.jpge0253769_1604290.jpg
泡切れが良いので水の使用量も少なく済みます。
泡を流し終えたら自転車を軽く持ち上げてトントンと落として水を切り、ウエスで水分を拭き取ればOKです。
e0253769_163214.jpge0253769_1641958.jpg


ピカピカになりました!
e0253769_16153541.jpge0253769_16143991.jpg


難しい作業は特にありませんでした。少し手間をかければピカピカになりますよ!
[PR]
by hattorisports | 2013-03-19 20:00 | Motorex(モトレックス)

3T~

「メルキュリオLTD60」の後輪リム単体です。
60mmハイトのカーボンリムにしたら
かなり軽く仕上がっています~
e0253769_21132299.jpg

強度はあるのですが、これだけ質量が少ないと
夏場のフルブレーキングでは、すぐ温度が上昇してしまい
リムへの「ダメージ」が心配されます。
「あざみライン」の下りで多くの軽量リムが過度のブレーキング
により、破損している事実を耳にします。

e0253769_21133484.jpg
この軽さだと、加速が良く~上り性能が高いのも
分かる様な気がします。
かなり高いスポークテンションで組まれていて
まだ、上げられそうな感触はありますが(それだけリム強度が高い)
スポークの耐久性が落ちる恐れが「大」なので
オススメできません~(規定外にすると保証外になりますし~)

More
[PR]
by hattorisports | 2013-03-18 21:00 | hattori LAB.

3Tホイール②

前回予告した様に
「メルキュリオ・リミテッド・ステルス60・CS(セラミックスピード)がリリース予定です。

なにかと話題になるセラミック製ベアリング~

バイク用ベアリングに使われるセラミックは「窒化珪素」が多く~

元々は珪素、「ベアリング」の素材と最近料理によく使う
「シリコンスチーマー」も同じ親から生まれたのです。

More
[PR]
by hattorisports | 2013-03-17 20:00 | 3T(スリーティ)