<   2015年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧

スズカ8時間エンデューロ春SP

スズカ8時間エンデューロ春SPに出展しております。
参加されているかたは是非ブースにお立ち寄りください!
e0253769_7273318.jpg



あなたのウィリエールの写真ください開催予定です。
自慢のウィリエールのバイクを写した写真やデータをください。
自転車を持込いただければ、撮影もさせていただきます。
その場で写真をプリントアウトして、アルバムに保存させていただきます。
他のイベントなどにも持ち歩かせていただき、いろんな方に見ていただきたいと思います!
[PR]
by hattorisports | 2015-05-31 06:00 | Wilier(ウィリエール)

「富士の国やまなし」 第12回 Mt.富士ヒルクライムに参加します⑦

ユニパーカーボンホイール(ロード用)のリヤを135mm幅にモディファイする為に
スペシャルワッシャーを作成しました。
ドライブ側のワッシャーです~エンドキャップと合体します。
e0253769_1021974.jpge0253769_1024247.jpg

ここ(アクスル)に、はめ込んでからエンドキャップをかぶせます。
e0253769_1034096.jpge0253769_1041113.jpg

反ドライブ側のワッシャーです~こちらもエンドキャップと合体しますが、外径が大きい(エンドキャップの外径と同じ)のです。
e0253769_1044665.jpge0253769_10513100.jpg

同じくアクスルに、はめ込んでからエンドキャップをかぶせます~こんな感じに仕上がります。
e0253769_1061150.jpge0253769_1063725.jpg

完成体!135mmになったのが分かりますか・・・?
e0253769_107144.jpg

あとはタイヤをはめて、本番を待ちましょう~変速調整は必須!    ~試験走行は必要か?というところです。
[PR]
by hattorisports | 2015-05-29 21:00 | 服部産業株式会社サイクリング部

「富士の国やまなし」 第12回 Mt.富士ヒルクライムに参加します⑥

RCC704改にどうしてもカーボンホイールをインストールしたくて
先日組みあがった「ユニパー」ホイールのリヤを135mmにモディファイする事にしました(?)
まず、左右のエンドキャップを外します~
e0253769_1341269.jpg

左側に5mmのスペーサーを入れて135mmにしようと考えましたが、それだとホイールセンターを
取り直さなければならない(面倒くさい)で、左右に2.5mmずつスペーサーを追加します。
ローギヤが2.5mm内側になるので、変速機が届くか心配ですが・・・・
e0253769_13413920.jpg

スペーサーの設計図を描いて、これから旋盤で作成します。
左右同じスペーサーだったら「楽」なのですが・・・
ちょっと違います~出来上がったら、紹介しますので少々お待ちくださいませ。
e0253769_13421092.jpg

こんな事している時間があるなら練習しろ!と言いたくなる方々もおられると思いますが
やっぱり格好や機材を優先しないとモチベーションが・・・・





                   次回につづく
[PR]
by hattorisports | 2015-05-27 21:00 | 服部産業株式会社サイクリング部

ヒルクライムホイール③

今回は「スポーク」を探してみましょう?
しかしながら、ストレートプルスポークは国内では容易に入手する事が難しいのです。
こちらはサピム社の「CX-RAY」294mm20本で93.4g
某完組みホイールをバラした時の、残りです。
e0253769_13172946.jpg

これは、カンパニョーロ社の「ヌクレオン」フロントスポークです~以前補修パーツで手に入れました~
サピムのCX-RAYにそっくりです。
296mm20本で96.4g→294mm換算すると、96.4×294/296=95.74g
e0253769_13165452.jpg

「CX-RAY」の方が少し軽い~形状はほぼ同じなのに、なぜ?と思いましたが
これはバテッドの太い部分の長さが違うからであろうと解釈しました。
e0253769_13175722.jpg

スポークカッターがあるので、長い目を用意してエアロ形状ギリギリのトコロまでカット
できたら軽くなるでしょうね!(ネジ側)
「CX-SUPER」か「MEGA-LITE」のストレートプルがあればイイんだけど国内では
入手不可能みたいです。

ニップルはリムに内蔵するタイプをチョイス!
(次回紹介するカーボンリムがインターナルタイプなので)
以前はノーマルのニップルをひっくり返して使っていましたが、最近はインターナル専用品があるので!
ノーマルは20個で6.6g、インターナルは20個で5.5mmタイプが7.4gと4.7mmタイプが6.3g~インターナル専用品の4.7mmタイプに軍配!
e0253769_13184656.jpge0253769_13191643.jpge0253769_13194577.jpg


5.5mmタイプは「3T」
4.7mmタイプは「ロルフ・プリマ」に使用されているサイズです~
[PR]
by hattorisports | 2015-05-25 21:00 | ホイール・マニア

ヒルクライムホイール②

このまま組み上げてしまおうかと思っていましたが
もっと軽いハブがないか探してみました。
「BTP(Bike Tuning Parts)」社のフロントハブ(ほぼ手作り)です。

残念ながら「Dash」社製より、わずかですが重量増です~実測38.6gなり
e0253769_12404879.jpg

驚きはベアリングのサイズ!
プーリーに使用しているものと同じサイズだったのです。
こんなんで大丈夫?って思われる方々も・・・
実はこのハブを使ったホイールで、5回くらいヒルクライムを走った実績あり、もちろんトラブル無しでした。
それに、よ~く見ると「セラミックベアリング」だったのです。
10年以上も前に入手したものだったのでビックリ!一応バラしてチェック~ボールもレースにもダメージはありませんでした。
e0253769_124343.jpge0253769_12433895.jpge0253769_124439.jpg

ちなみにこちらは「ユニパー」社のフロントハブです~実測73.5g
このくらいの重量になると安心(?)ですね。コレでも結構軽いンですけどネ!?
e0253769_12421048.jpg





[PR]
by hattorisports | 2015-05-22 21:00 | ホイール・マニア

ヒルクライムホイール①

間に合うならば、「富士山」用にホイールを作成したいと思い、始めました~
「DASH」社のフロントハブです。実測「35.3g」には驚きですネ!?
フルセラミックベアリングに交換すれば、もう少し軽くできるかもしれませんが
今回は見送る予定です。
e0253769_1144583.jpg

同じく「DASH」社のリヤハブです。実測「115.5g」~通常のフロントハブ並みの軽さです。
日本国内にはハブ単体では入荷しておらず、完組みを独学でここまで分解しました~ちょっとした理由があります。
e0253769_1164195.jpg

フリー本体です。実測「46.6g」しかありません~
アルミ製なのでデリケートな部品です。
e0253769_1184071.jpg

こちらは「TUNE」社のハブについていたものです。実測「40.7g」
外側のベアリングはフルセラミック製に交換しているのが見えますネ!?
e0253769_11103658.jpg

実は「DASH」社のフリー本体は「TUNE」社のOE製品なのです。
互換性ありなので、組み合わせると実測「109.5g」になりました。
e0253769_11122382.jpg

残るベアリング3個をフルセラミックに交換したら「105g」アンダーも可能かと?
耐久性が問題ですが・・・今回は見送る予定です。(予算の関係です)
10速フリー本体なのですが11速フリー本体に交換は重量増になるので・・・
11速スプロケットを加工して10速フリー本体に嵌る様にしました。
スポークの通し方が特殊なのでロー側のクリアランスはOKです。
組み立てたら画像で紹介する予定。

「DASH」社はこの製品の以前にフランジまでカーボン製のリヤハブを
企画していました~確かリヤハブで「99g」ほどだったと記憶します。
しかしながら世に出ることはなく・・・ショー用に作成されたプロトタイプを
やっとの思いで入手した?という話を聞いたことがあります。
きっと、スポークをはったら、フランジが吹っ飛んだんでしょうね?

数年前にアルミハブでも、ラジアル組みに対応していない製品を
ラジアルで組み上げたら破損したんだから・・・。
[PR]
by hattorisports | 2015-05-20 21:00 | ホイール・マニア

「富士の国やまなし」 第12回 Mt.富士ヒルクライムに参加します⑤

「ユニパー」社の新しいロードハブです~もちろん11速に対応しています。
スポークは耐久性に優れた、ストレートプル方式です~体重の多いライダーには
助かるアイテムですね!?
ただし、「ユニパー」社は軽量パーツメーカー(ドイツの、あのパーツの設計も手がけているほど)
なので、ここ一発のイベントのみで使用したいですね!!!!!
フロントハブは20H、リヤハブは24Hになっております。黒ハブにするか?赤ハブにするか?
e0253769_12455810.jpge0253769_12462739.jpg

軽くするためにフリーボディはアルミ製!軽くするなら、ここまでも!
使ったらすぐ壊れてしまう訳ではありませんが、「スプロケットの食い込み」が発生しやすいンです。
e0253769_1247641.jpg

単独のスプロケットの食い込みが激しく(?)、スパイダーアーム部はさほど気にならない程度です。
ヒルクライムではトップ付近のギヤ比はあまり使わないので、宜しい方向です。
e0253769_12473398.jpg

気になる重量は38mmハイトのカーボンリムと組み合わせて
フロントホイールが524g、リヤホイールが655gで仕上がりました。
もちろん組み合わせるリムやスポーク等で完成重量は変化します。
e0253769_1250877.jpge0253769_12503316.jpg

他にローハイトとミドルハイトのアルミリム仕様もあります~
e0253769_1249157.jpg


ヒルクライム当日が雨天ならアルミリムを選びたいトコロです。
数年前に下りが雨になって、数名の参加者が落車しているのを見かけました。
これは「下りが危険」だけで済まされる話ではありません。
参加者の多くが、普段の走行で雨中に長い下りを走った経験が無いからなのです。

慣れていないのが原因なのです。

経験があれば、ある程度の落車は回避できたはずだと思います。
それにレース用のカーボンホイールでいきなり雨の中下ったンじゃ、イベント参加豊富な人でも
対応できない可能性もあります。
そんな理由で「雨天」なら普段から使っているアルミリムを選択したくなるのです。

そういえば、下り用に着替えと一緒にスペアホイールをオフィシャルに預けている参加者を見かけました。
担いで下っている人も見かけましたが、下りは預かってくれないのかな????
上りでアタッチメントバーを禁止していますが、アレの方が危険ではないのでしょうか?

あと、ブルホーンバーが禁止されていますが、エアロTTバーじゃなければ宜しいんでは?
ブルホーンバーのポジションじゃないと走れない方々もおられると思います。
フラットバーポジションにドロップバーの下部を切って逆さに取り付けているサイクリストって
よく見かけますが(街乗りピストバイクではありませんヨ!)
KHSのバイク(小径車)にもあるデザインです。

RCC704改の制動装置はVブレーキタイプを使用していますが、ブレーキシューはロードタイプ!
カーボンブレーキシューに交換することも可能です!
e0253769_12141917.jpg

[PR]
by hattorisports | 2015-05-18 21:00 | 服部産業株式会社サイクリング部

「富士の国やまなし」 第12回 Mt.富士ヒルクライムに参加します④

RCC704の実測です。
12455g(ペダル付)
e0253769_12261072.jpg

RCC704改(現状)の実測です。
10485g(ペダル付)
高級ロードバイクに比べると、かなり重たいのですが。
e0253769_1227429.jpg

でもこの差、「1970g」は富士山標高差1270mを引き上げると・・・1.97×1270×2.34=
約5854カロリーというエネルギー消費の違いがあるのです。

どうなんでしょう?


ヒルクライム本番(当日)が楽しみです~できれば、もう少し軽くして10kgアンダーにしておきたい今日この頃です。
[PR]
by hattorisports | 2015-05-16 21:00 | 服部産業株式会社サイクリング部

GWの楽しみ方in布目ダム(おまけ)

こんにちは。
布目ダムの続き・・・
ちょっと足を伸ばしてみると、観光できそうなところもあります。

ダムの少し下ったところには、水越神社があります。
e0253769_715760.jpge0253769_7154272.jpg

杉の巨木がそびえ立ち、人がいないのもあって厳かな雰囲気を醸し出しています。
e0253769_7175878.jpge0253769_7182910.jpg


近くには、今の時期はつつじが楽しめる神野山(こうのさん)
e0253769_7202733.jpg

大きな石が川のようになっている鍋倉渓
e0253769_7213213.jpg

羊がいるめいめい牧場など、観光できる場所もあります。

たまたま神野山でつつじまつりが開催されていました。
ちょうどお昼頃だったのでしし肉をいただきました!!¥500なり。
e0253769_727334.jpg


皆様も自分の住んでいる周辺で、是非こんな場所を見つけて家族円満な自転車ライフを楽しんでください。
[PR]
by hattorisports | 2015-05-15 20:00 | サイクリング

「富士の国やまなし」 第12回 Mt.富士ヒルクライムに参加します③

「富士山」を1秒でも速くゴールしたい~

大会まで1ヶ月を切った現状で、何か必殺技はないかと考えてみました。
練習」しかないというのは分かっていますが
「ペース配分?」とかそんなに努力しなくても効果がある方法を探し当てたいのです!!

そんな中、毎年90分以内で走っている人から有力な「情報」を聞くことができたました。

「ペース配分」に近いのですが、「上りのある区間でタイムを損している」という話を聞けたのです~どういうこと?
NHK-BSの某番組(チャ○ダー)でも解説があったみたいで、急勾配を走っていて、緩斜面が表れると
休んでしまう」らしく(本当はもっと踏めるのに)・・・そこでのタイムロスは思っているより大きいのです。

つまり「富士山」に当てはめるとゴール前、数kmにある緩斜面(ほぼ平坦)区間でのスピードアップは
かなりのタイムアップにつながるとのこと!
うまく集団に入れると「40km/h」で巡航できる時もあるみたいで、それが本当ならかなり期待できる
方法ですね(それなりの脚力は必要ですが)。
過去一人で走っている時は「30km/h」も出ていなかったと思います。

現在使用しているのは手組みで「ローハイトのアルミリム」・・・
リヤホイールだけでいいから、ハイトの高いホイールを装着して空気抵抗を減らすのが「オススメ」らしい?
アルミのままだと重量増なので、やっぱりここは「カーボンホイール」の出番なのか~
上り性能と平地のスピードを考えると、ハイトは35~40mmくらいが適当だと思います(個人の意見です)
シマノの「C35」でいいじゃない?という意見もありましたが、予算とリヤのエンド幅の問題もありますし・・・
e0253769_12154141.jpge0253769_1220195.jpg


緩斜面区間に入る時の注意点は
①なるべく集団走行になるように、後ろに大きな集団があったら待っても良い!
 集団の方が速いので、緩斜面区間に入ってから抜かされると追いつかない場合がある。
②直前は無理せず、リラックス。
③余裕があったら、ペースが上がる前に前方に集団があったら追いついておく。

ゴール前に急勾配が待っているから、この区間で目一杯走った後はいつもより「苦しい」
という助言(?)も頂きました。

More
[PR]
by hattorisports | 2015-05-13 21:00 | 服部産業株式会社サイクリング部