<   2015年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

気分転換?

気分転換?で、休みの日に通勤路を走ってみました。
早い時間帯でも何人かのサイクリストとすれ違い、挨拶が気持ち良いです!
残念ながらウィリエールは見かけませんでした。
新たな発見?
いつも走っている河川敷道路が途中から自転車道でした!
e0253769_2151831.jpg

川では自衛隊の皆様が訓練中。
e0253769_2152514.jpg

平和にサイクリングできるのは、大変幸せなことだと感じました。
暑くなってきましたので、特に水分補給に気を付けて、楽しく走りましょう!
[PR]
by hattorisports | 2015-07-31 20:00 | サイクリング

サラブレッドの系譜⑦

GTR-SLの魅力④ イタリアの景色に生えるGTR-SL編 

サラブレッドの系譜⑥では乗り味について語りましたが、最後に色に関して見て行きましょう!北さんのGTR-SL特集のゴールです!ちなみに写真はコルティナでのウルトラマラソンのゴールです!
e0253769_1873274.jpg


エレガントなグリーンです!
e0253769_1882041.jpg


クールなブラックです!
e0253769_189961.jpg


アバンギャルドなイエローです!
e0253769_1895493.jpg


あなたはどのGTR-SLを選びますか?

北さんのGTR-SL特集はこれでお終いです。003.gif
ありがとうございました。

最初からGTR-SL特集を見たい方はこちらをクリック!
GTR-SLの魅力① シートポストとフロントフォーク編

新号・ビューティフルドリームバイク①につづく
[PR]
by hattorisports | 2015-07-27 08:00 | 北さんの国から’15-躍動

サラブレッドの系譜⑥

GTR-SLの魅力③ ドロミテ山塊でのテストライディング編 

サラブレッドの系譜⑤ではフレームの細部の事を語りましたが、実際に乗った感じはどうなの?という声にお答えしまして、今回は北さん的にGTR-SLの走行性能を数値化してみましょう。
e0253769_12434113.jpg


まずは平地で加速を試してみました。
e0253769_12441548.jpg


次に40kmぐらいで巡航してみます。
e0253769_12451360.jpg


ダンシングして激坂を登ってみます。
e0253769_12462828.jpg


ゆるい坂をジワジワと登ってみます。
e0253769_12481825.jpg


最後に下りを攻めてみます。もちろんブレーキング性能もチェックです。
e0253769_12494988.jpg



GTR-SL        Newゼロ7        チェント1Air     チェント1SR   
山岳:8.5点      山岳:10.0点      山岳:7.0点      山岳:9.0点
平地:8.0点      平地:8.5点       平地:9.0点      平地:10.0点
振動吸収:8.5点   振動吸収:9.5点   振動吸収:10.0点   振動吸収:7.5点
エアロ:8.0点     エアロ:8.5点     エアロ:10.0点     エアロ:9.0点
※採点はあくまで北さんの個人的感覚ですので、あくまでご参考までに・・・

結論>>>GTR-SLはオールラウンダーなハイエンドキラーです!

GTR-SLの総合得点はもちろん、値段の高いトップ3(ゼロ7、チェント1Air、チェント1SR)にはかなわないのですが、GTR-SLはトップ3に負けない魅力があります。トップ3はやはり特化しているモデルなので特徴付けられています。それは“ゼロ7がヒルクライム、チェント1Airがグランフォンド~トライアスロン、チェント1SRがマスドロード”が得意なモデルだという事です。GTR-SLは、これら全てのシュチエーションにオールラウンドに対応できる懐の広さがあり、何よりコストパフォーマンスが最高です。山岳もスルスル登るし、振動吸収も良い、重量はもちろんゼロ7やチェント1SRより重いけど、チェント1Airよりは断然軽い。新しい自転車で、何でもトライしてみたい欲張りな方は、ゼロ7やチェントシリーズではなくGTR-SLの方が合っていると思います。

次号サラブレッドの系譜⑦では更に更に更に深くGTR-SLの魅力に迫ります!

サラブレッドの系譜⑦につづく
[PR]
by hattorisports | 2015-07-21 08:00 | 北さんの国から’15-躍動

Wilier Zero9と009

こんばんは、服部産業の堺です。

ブログネタがなく随分とさぼってました・・・063.gif
今回も大きな顔をできる記事ではなく小ネタです。
笑って読んでもらえたら嬉しいです012.gif

e0253769_21103980.jpg

はい!024.gif タイトルそのまんま私の愛車「Zero9」「サイボーグ009」です038.gif
同世代の方々ならご存知ですよね。 私もファンの1人でした049.gif
ここで初めて明かしますが、Zero9を選んだ理由の1つにもなった045.gif「サイボーグ009」です
Zero9=09≒サイボーグ009041.gif
先月宮城県へ旅行した時にお土産屋さんで見つけて即買065.gifしたキーホルダー!070.gif
家に帰り、一段落したところで、お気に入り2つを一緒に撮影 061.gif
※行ってないけど、宮城県・石ノ森漫画館のお土産品。

呆れずに015.gif これからもよろしくお願いします040.gif040.gif040.gif
[PR]
by hattorisports | 2015-07-17 20:00 | その他

サラブレッドの系譜⑤

GTR-SLの魅力② バランスドデザイン編 

サラブレッドの系譜④ではシートポストの事を語りましたが、イタリアや海外の仕様に関しては日本と異なるため、日本のみGTR-SLのシートポストが、リッチー製WCSカーボンLinkシートポストになっていることは憶えておいてください。次にフレーム形状に注目してみましょう。

GTR-SLは、ゼロ7やチェント1シリーズよりもヘッドチューブを1cm長くし、ダウンチューブの位置が2cmほど低いため、小さなXSサイズでもフレーム前三角の空間が広くボトルケージからボトルを取り出しやすくなっております。左がGTR、右がGTR-SLです。比べてみると前三角の空間の余裕の違いがよく分かりますね。
e0253769_1536204.jpg


またGTR-SLでは各サイズでのパイプの太さを、今までのモデルのパイプの太さをよりも大きくサイズごとで差をつけているバランスドデザインを採用したため、パイプ径の細いXSサイズは、結果的にフレーム前三角に余裕が出来ました。分かりやすくXSサイズとLサイズで比べます。左がXSサイズで、右がLサイズです。ヘッドチューブ周りのボリュームとダウンチューブ&トップチューブの存在感が全然違いますね。
e0253769_1555272.jpg


小さな事ではありますが、GTR-SLのBB下のケーブルガイドはチェント1SRと同型のフレームにインテグレーテッドされたケーブルガイドプレートになっております。この事からもGTR-SLは中級機種というよりは上級機種に近いことが判りました!左がチェント1SRのケーブルガイドで、右がGTR-SLのケーブルガイドです。
e0253769_15572329.jpg


GTR-SLのBBはウィリエール上級機種お得意のBB386EVOではなく、プレスフィットBBを採用しています。左がチェント1SRのBB386EVOで、右がGTR-SLのプレスフィットです。
e0253769_1558395.jpg


またDi2ケーブルを引き込むアルミニウム製のケーブルキャップもNewゼロ7と同型の物になっています。ブレーキアウターケーブルを差し込む所の横にDi2ケーブル用の穴が見えますね。
e0253769_15585746.jpg


次号サラブレッドの系譜⑥では更に更に深くGTR-SLの魅力に迫ります!

明日7月18日はサイクルスポーツ2015年9月号の販売日です!どんなGTR-SLのレポートが書かれているのか?カメラマン北さんの写真が上手く撮れていたのか?とても楽しみです!003.gif

サラブレッドの系譜⑥につづく
[PR]
by hattorisports | 2015-07-17 08:00 | 北さんの国から’15-躍動

サラブレッドの系譜④

GTR-SLの魅力① シートポストとフロントフォーク編 

サラブレッドの系譜③で語ったように、名前こそGTR-SLと付いていますが、GTRの兄貴分と言うよりは、Newゼロ7の弟分と北さんは考えています。Newゼロ7との相違点を比べてみましょう!

まず、弊社でよくアッセンブルしていたシートポストを見てください、左がリッチー製のWCSアルミニウム1ボルトシートポストで、右がリッチー製のProアルミニウム2ボルトシートポストです。いずれもφ31.6mmと太いシートポストです。長い間リッチーのラインナップに君臨するこの2種類のシートポストですが、新しいテクノロジーは搭載されておりません。
e0253769_17582493.jpg


そして、次にNewゼロ7とGTR-SLに装備されているシートポストを見てみましょう。左がNewゼロ7用のリッチー製の『Super LogicカーボンLinkシートポスト』で、右がGTR-SL用のリッチー製の『WCSカーボンLinkシートポスト』です。実は現時点でこの2種類のシートポストのみがフレックスロジックテクノロジーを搭載しております。アルミニウムLinkシートポストもリッチー社の製品上ラインナップにあるのですが、アルミニウム素材のコンプLinkシートポストには、フレックスロジックテクノロジーは搭載されていません。またシートポストの径をφ27.2mmと細身にしておりまして、より軽量で、振動吸収性を高めております。リッチー社からの報告では、横剛性やネジレ剛性はそのままに垂直方向に15%柔軟になっており、Super LogicカーボンLinkシートポスト&WCSカーボンLinkシートポスト共に通常のセットバックは15mmなのですが、サドルレール受けのやぐらの前後方向の向きを変えることで、約5mmのセットバックになります。
e0253769_1865226.jpg


次にフロントフォークを比べてみましょう。左から旧ゼロ7(マットブラック)、Newゼロ7(マットブラック)、チェント1Air(ネイビー)、チェント1SR(マットブラック)、GTR-SL(イエロー)です。『GTR-SLのフロントフォークはNewゼロ7に近い形状か?』と思っておりましたが、比べてみて、GTR-SLのフロントフォークのブレード部分は非常にチェント1Airに近い形状をしている事が判明しました!旧ゼロ7以外の4本のフロントフォークは、全てカムテールデザインのエアロフォークですが、チェント1SRはゴールスプリントも得意なフレームのため、マッシブな形状をしている事が、改めて比べてみることが分かりました。
e0253769_1850399.jpg


では、Newゼロ7(マットブラック)、チェント1Air(ネイビー)そしてGTR-SL(イエロー)をピックアップしてもっと比べてみます。チェント1Airにはフォーククラウン下部に整流効果のある凸状の隆起(ピンクの矢印部)があるのですが、Newゼロ7やGTR-SLにはありません。GTR-SLのフロントフォークのクラウン部分はNewゼロ7に近い形状になっていました!またGTR-SLは700×28Cタイヤ装着出来るフロントフォークのために、タイヤクリアランスが大きいのも特徴ですね。
e0253769_19031100.jpg


次号サラブレッドの系譜⑤では更に深くGTR-SLの魅力に迫ります!

サラブレッドの系譜⑤につづく
[PR]
by hattorisports | 2015-07-15 08:00 | 北さんの国から’15-躍動

自転車と交通ルール⑩

皆様こんにちは。

小ネタで申し訳ありません。

意外に多い「自転車通行可」の歩道で、ちょっと気になるトコロがあったので撮りました。
交差点を渡る歩道に併設された自転車横断帯、の渡りきった真正面に、よくあるオレンジのポールが。
(ラバーポールと呼ぶらしいです。)
何だか渡りにくそうで、ちょっとイラッとしますが、余程の事情があってのことなのでしょう。
安全の方が大切だということで・・・
e0253769_18273085.jpg

先日、道路交通法が改正され、自転車に対する取締りが強化されたとニュースなどで騒がれております。
罰則の有無ではなく、皆がちゃんとルールやマナーを守って楽しく乗れるのが良いですね!
[PR]
by hattorisports | 2015-07-13 20:00 | その他

ジョイエッロ・ラマート

写真の自転車はジョイエッロ・ラマートというモデルです。
その昔ラインナップされていました。(今でも現役で走っています)
残念ながら、完全受注生産(フルオーダー)で納期が半年以上というバカげた販売体制だったせいか
当時の日本では受け入れられず?全く売れませんでした。
ところが、最近になってこのバイクでイベント(レース)に参加する度に注目を浴びるようになって
きたのです・・・そんな時代なんでしょうかね?
e0253769_10333398.jpg
そして、なんと2016年度モデル!
新たにコロンバス社のチューブを使用したクロモリシリーズがラインナップする予定です。
今回は量産モデル&フルオーダーモデルを用意して~
ウィリエールファンの方もクロモリ好き方も、楽しみにお待ちください!

More
[PR]
by hattorisports | 2015-07-10 20:00 | Wilier(ウィリエール)

第12回Mt.富士ヒルクライム番外編

みなさん大会結果はいかがですか?
大会当日は、事前の天気予報も外れ、ほとんど雨にも濡れることなく
本当に良かったですネ

山頂で見かけたウィリエールを紹介します

静岡からお越しの明樹(めいじゅ)サン
休憩中突然声をかけて、驚かれたと思います
イゾアールXPのブラック/イエローは2月に購入
これからも愛車で色々なところにサイクリングしてください
e0253769_584520.jpg


勝手に見かけたウィリエール

グランツーリズモR
トリコロール
e0253769_5122051.jpg


ゼロノヴェ ブラック/イエロー
e0253769_514820.jpg


グランツーリズモ
ホワイト/レッド
e0253769_516818.jpg


私たち服部産業は大会当日はブースを出さずに、スタッフ全員参加です。

このコースは道幅広く、勾配も比較的に緩やかなので完走率が高いので
乗り始めて間がない人でも楽しめるヒルクライムイベントです。

これからも服部産業サイクリング部は色々なイベントに参加していきます!!
[PR]
by hattorisports | 2015-07-06 20:00 | 私たちの出会ったウィリエール

サラブレッドの系譜③

2015年7月1日 イタリア現地時間午前0時0分 

新たなサラブレッドが誕生しました。その名は・・・

GTR-SL!!!(ジーティーアール・エスエル)
e0253769_14194355.jpg


ゼロ9の後継機として、またGTRの上位機種として今夏デビュー!名前はGTR-SLとありますが、GTRの兄貴分と言うよりは、Newゼロ7の弟分と言った方が近いでしょう!?
e0253769_14201175.jpg


インプレッションは7月20日発売のサイクルスポーツ9月号で大特集です!
e0253769_1639215.jpg


次号サラブレッドの系統④でGTR-SLの魅力に迫ります!

サラブレッドの系統④につづく
[PR]
by hattorisports | 2015-07-01 08:00 | 北さんの国から’15-躍動