<   2015年 10月 ( 30 )   > この月の画像一覧

ビューティフルドリームバイク④

コロンバスSLパイプのクロモリの美しい自転車お探しですか? 

すみませんアップするの忘れてたスーパーレジェラSLでサイクリング編
e0253769_11253030.jpg


ちょっとスタイリッシュに石畳の上で・・・
e0253769_11266100.jpg


貴族の館の門の前を颯爽と駆け抜ける・・・
e0253769_11262276.jpg


のんびりサイクリングでちょっと休憩・・・
e0253769_11265998.jpg


カーボンバイクには無い魅力の詰まったクロモリバイクはいかがでしょうか?
e0253769_11273144.jpg


ビューティフルドリームバイク①に戻る!

ビューティフルドリームバイク終わり
[PR]
by hattorisports | 2015-10-31 08:00 | 北さんの国から’15-躍動

北さんの美食放浪記 21品目 鹿児島黒豚のトンカツ!

代休を取って、トンカツを食べに行きました・・・

去年、四国の友達がわざわざそのトンカツ屋さんに行くのに大阪に延泊した事があり、知ったトンカツ屋さん!その名はとんかつマンジェです。
食べログの口コミを読んでいると席数が13席と少なく、普通に並ぶと2時間半待ちのようだ。
予約表が朝9時にお店の前に出るという事で予約表に朝書き入れたらお店の開店すぐに入店出来ると思い、朝8時にJR八尾駅に向かって愛車ゼロ9で出発!
ちょっと道を間違えて、到着したのは朝9時5分!わずか5分遅れただけで、予約表を見ると既に12人待ち!ギリギリセーフで開店してすぐの入店確定!
e0253769_10555819.jpg


金の豚さんも僕の来店を祝福してくれましたブヒー!一旦家に帰って、またJR八尾駅近くのトンカツ屋さんに向けて出発!
e0253769_10584236.jpg


11時30分開店と同時に入店し、綺麗なお姉さんが味噌汁の用意をしてる・・・それにしてもお店は狭い・・・
狭い厨房は多くの料理人がいて、さらに狭い印象だ!
e0253769_1113460.jpg


東京Xを食べてみたかったのだが、品切れのようで、鹿児島黒豚を注文!塩をつけて食べるようなのだが、トリュフ塩にしました。
お皿に塩だけが・・・この光景に面食らいましたが、この塩が絶品なんです!鼻腔にトリュフの香りが広がるんです!
e0253769_1121680.jpg


北さんの頼んだ、鹿児島黒豚のトンカツにホタテのフライとエビフライをつけてもらいました!
味噌汁を飲むと具に何とタピオカ!びっくりしてしまいました!出された料理のあまりの旨さに、ご飯を4杯もおかわりしました!
e0253769_1173847.jpg


そんなJR八尾駅近くのトンカツは“ぶちうまっ!”(広島弁でとっても美味しい)でした。

とんかつマンジェはトンカツ禁断症状が出るくらい旨かったです!

グルメサイクリング万歳!!!
[PR]
by hattorisports | 2015-10-30 12:00 | 北さんの美食放浪記

熊野古道ヒルクライム参戦

いよいよ今年も終わりが見えてきましたァ
11月1日、今シーズン最後のイベント熊野古道ヒルクライムに参戦します!!

この大会は和歌山県那智勝浦町で開催されます
10回目ですが、大きな水害があり3年間中止になった過去があります
初めての参加なのでどんな大会なのか楽しみです!!

コースは距離30.5㎞高低差960m途中にテクニカルな下りもあり
後半に斜度があり道も凸凹が区間2.5㎞あるそうです

そろそろ持ち物の用意を考えますが
この時期になると昼夜の寒暖差が大きく着る服に悩みますね
夏用の上下にアームウォーマー・レッグウォーマー・ベスト
e0253769_23112161.jpg

朝方は寒くても、日が昇ると気温が上がる時などには
途中で温度調節がしやすいこの組み合わせがいいのでは!?と今回は考えています

今回、服部産業からは1名参加です
少し寂しいのですが頑張ります!!
会場でウィリエールを見かけたら声をかけさせてもらいますのでヨロシクです












/
[PR]
by hattorisports | 2015-10-29 20:00 | サイクリング

北さんの美食放浪記 20品目 絶品他人丼!

ウィリエールを買ってくれた友人らと初めてのサイクリング・・・

大阪の某お店でウィリエールを買ってくれた日本語教師の友達と初めてのサイクリング!近場の大阪城に行きました!
e0253769_10253233.jpg


天気予報では晴れ予報なのに雨が・・・誰だ雨男は!大阪城の道場の軒下で雨宿りです!
e0253769_1026303.jpg


もっと早くに到着予定だったのに、遅れたため10数人の行列で40分ほど待ったお店は、うどん大和です。
e0253769_10303515.jpg


友達にはうどん大和の名物『海老天カレーうどん』を注文させて・・・常連の北さんが注文したのは、他人丼
e0253769_11115511.jpg


これが北さんの大好きな他人丼です!北さんは生のタマネギでお腹を壊すので、タマネギがクタクタになるまで煮てもらいました!
e0253769_10341973.jpg


そんな木津市場にある他人丼は“ぶちうまっ!”(広島弁でとっても美味しい)でした。

グルメサイクリング万歳!!!
[PR]
by hattorisports | 2015-10-28 12:00 | 北さんの美食放浪記

滋賀県の試乗会

今回は滋賀県で開催した試乗会に来ていただいた
ウィリエールユーザーを紹介します!

ゼロノヴェで三重県からお越しのハマグチさん
こだわりは手組のホイールでスポークテンションを徐々に上げていって
一番好きな乗り味に仕上げたそうです
遠くからありがとうございました!
e0253769_21353143.jpg


グランツーリズモRは滋賀県のコジハラさん
先日、カーボンホイールを落車で壊してしまったとのこと!
ケガが無くて良かったですね
これからもがんばってください!
e0253769_21374053.jpg


グランツーリズモRは滋賀県のナガノさん
2台目のロードバイクは試乗した感じと、見た目で決めたとのこと
これからもガンガン乗ってください!
e0253769_21381513.jpg


グランツーリズモRは滋賀県のhi-ronさん
タイヤ・ボトルゲージ・アウターケーシング・バーテープを車体の
カラーに合わせたこだわりの1台
目立ちますね!
e0253769_21384040.jpg


イゾアールでは滋賀県のZURAACEさん
琵琶イチ(琵琶湖一周)などロングツーリングによく行くそうです
ブルーが好きでこのランプレカラーに決めた
購入当時からはフレームだけで、その他は全部、好みのパーツに変わっていますね
次にチェントウノエアーのUHCカラーを狙っているとのこと
e0253769_21391494.jpg


イゾアールXPは滋賀県のカワシマさん
消防士だそうです
今後トライアスロンに挑戦していくとのこと
頑張ってください!
お子さんが恥ずかしくてこちらを向いてくれません(泣)
e0253769_21394399.jpg


グランツーリズモRは滋賀県のウィリエール大好きS.Hさん
マウンテンバイクからロードバイクに乗り換えて1年
今後はイベント(クリテリウムやグランフォンド)などに参加してみたいとのこと
頑張ってください
e0253769_21401338.jpg


またどこかのイベントや街中などでウィリエールを見かけたら
声をかけさせていただきます!!
ビックリしないでくださいネ!?










/
[PR]
by hattorisports | 2015-10-26 20:00 | 私たちの出会ったウィリエール

ステッラ 通勤フラットバー仕様

こんばんは、服部産業の堺です。 

前回の記事で 「ステッラを奥様用にフラットバーで・・・」 を実行しましたemoticon-0144-nod.gif
大人の事情により自分の通勤用に、フラットバーがMTBラーザーバーに変わりましたがemoticon-0111-blush.gif

e0253769_2191117.jpg

写真上が完成形になりますemoticon-0123-party.gif 以前と変わったのはハンドル回り、わかりにくい所でFディレイラーとRブレーキキャリパーを手持ちのハンパ品にemoticon-0148-yes.gif


e0253769_2112351.jpge0253769_21102554.jpg
写真左・前方から。 お気付きでしょうか? ハンドル・3T エリクスチーム取り付けが逆ですねemoticon-0136-giggle.gif
写真右・後方から。 Rライトをサドルバッグに移動し後ろに見えやすくemoticon-0157-sun.gif


e0253769_21111651.jpge0253769_21114188.jpg
ハンドルの取り付けを逆にした理由をemoticon-0117-talking.gif
低予算emoticon-0164-cash.gifでフラットバー仕様にしたかったので、出来るだけ手持ちのパーツを使いたかったのですemoticon-0144-nod.gif

ステム、シフト関係は福山市在住時に通勤車で使っていた物を引っ張り出して組んだのですが、
写真左のハンドルを使うとハンドルまでの距離が短か過ぎてemoticon-0120-doh.gif、窮屈かつ前につんのめりそうで恐かったのですemoticon-0130-devil.gif

ステムを長くすればよいのですが、現行120㎜。 服部産業で取り扱っている3T商品の6度・140、150㎜が運悪く欠品中emoticon-0106-crying.gif
ふと思いついたemoticon-0171-star.gifのが写真右の方法emoticon-0169-dance.gif  MTBライザーバーを反対に付ければヘンドルへの距離が長くなるemoticon-0102-bigsmile.gif
外側が下に向いているのも握りやすくて良い感じ? 見た目はともかく意外と快適ですemoticon-0142-happy.gif

しばらくは、こちらの愛車で快適な通勤を楽しみたいと思いますemoticon-0159-music.gifemoticon-0159-music.gifemoticon-0159-music.gif
[PR]
by hattorisports | 2015-10-23 20:00 | Wilier(ウィリエール)

RCC・クロスバイク⑥

服部産業のクロスバイクは「ウィリエール」販売店ならびに、「ユニパー」等の服部産業(スポーツ部)とお取引がある全国の「バイクショップ」で
注文する事ができます~展示しているお店もこれから増えてくると思われます。
その他、服部産業(一般車)とお取引がある全国の「自転車屋さん」で注文して頂くこともできます。
こちらもご覧くださいRCC704モディファイ
c0279662_23592492.jpgこの他に服部産業はこんなものもやっています


ペダルはもちろんのこと、サイドスタンドが標準装備です。

一般の自転車屋さんで販売される事を前提で企画された
クロスバイクなので、スタンドは必須なのです。
このグレードの商品ならスポーツバイクショップでもスタンドが
付いていた方がよろしいかと思います。
スタンドを後から付けたら、それだけ余分に費用がかかるしね!?

元々このクロスバイクをスポーツバイクショップで販売するように
なったキッカケは、ロードバイク乗りが近所のコンビニへ買い物へ
行く時に気軽に乗れるという自転車をあれば!からなのです。

だから、スタンドがあれば駐輪する場所で困るのが減るはず
~フロントバスケットがあればもっとイイんだけど。
買い物用と考えれば、格好良すぎではないでしょうか?

e0253769_153542.jpg
こちらがRCC704試作車です。
かなり細身のラインでしたが、量産では強度を考えてボリュームアップしました。
基本的なコンセプトは同じです。
次のモデルでは試作車に近いラインに戻したいと考えています。

フロントブレーキがフォークの後ろ側についている理由をよく訊かれますが
それについてはこちらをご覧下さい

次期モデルのコードナンバーは「929」、大きな変更は考えて
いませんが、ジオメトリーなど小さな部分でモディファイする予定!
プロトタイプが出来たらここで紹介したいと思っています。
お買い物用にすれば、フロントまわりがクィックなので、フロントセンターや
ヘッドアングルを見直したいですね!?

e0253769_845142.jpg
こちらは試作車を、よりスポーツに特化させたモデルです。
(販売予定はありません)
(富士山)ヒルクライム用にモディファイしております~
ヒルクライム用ならリヤラックは不必要かもしれませんが
あえて取り付けています。
理由はスペアタイヤとエアーポンプを搭載する為です。
チューブラータイヤ仕様なのでサドルバッグには入らず
サドルの後ろにくくりつけるよりは
作業性が良いと判断したからです~
長い道のり(ヒルクライム)でスペアをもたずに、パンクして
自転車を押している光景を見かけます????
それに、このリヤラックはカーボン製で300gしかありません
(その軽さの為に積載荷重が極めて低いのですが)
この状態で9kg前半の車重に仕上がっております~
来年の富士山までには8kg台へモディファイしておきたいところ?
いずれは7kg台に挑戦したいですね~

ユニパー・カーボンホイールは登坂性能が良く富士山ヒルクライム
では大幅なタイム短縮ができました。
昨年まで純ロードバイクで参加していたのに、RCC704改で速く走れたのは
やっぱりホイールのおかげ?だと思います。


More
[PR]
by hattorisports | 2015-10-22 21:00 | 服部一般車(スポーツ)

アルミ・エアロ~フロントホイール組立

軽量パーツメーカーである「ユニパー」の
軽量ホイールを紹介します。

ロードタイプ(30mmハイト-エアロリム)のアルミ・エアロ・フロントホイールを組み立てます。
ユニパーの製品はアルミのインゴッドを鍛造した後にCNCで作成された軽量ハブなのです~
画像のサンプルはMTB用のフロントハブですが、鍛造成型した物とCNC後の状態であり
このようにして強度を上げたアルミを切削するのですから、優れた軽量化が可能になりますが
手がかかるのでマスプロメーカーの様に市場に多くは供給できないのを知っておいてください。
詳しくは→こちらをご覧下さい
e0253769_16541988.jpge0253769_11194028.jpg

まず、スポークを通す為ににハブを分解しなければなりません。
面倒な作業と思われますが、1gでも軽くしたいというところのリスクだと開発者は考えているのでしょう?
e0253769_14113964.jpg

左右のエンドキャップを外します。専用工具が用意されていませんがスポークを加工すれば簡単に画像のようなリムーバーが作成できます。
指でつかんで引っ張っても取れませんが、コレを使うと結構簡単に外すことができます。
e0253769_14123645.jpge0253769_14132851.jpge0253769_14142580.jpg

アクスルをプラハンマーで軽く叩くとシェル本体から抜けます。
手でシェルを持ったままアクスルを叩いても抜けますが、今回は自作の冶具を使って抜きました。
e0253769_14151048.jpg

スポークは「Pillar社」製のエアロバテッドスポーク(ブラック)です。強度もあってCX-RAY並みの軽量スポークなのです~
組み立てる前にスポークのネジ部分にスポークプレップ(緩み止め)を塗ります。
e0253769_14162891.jpge0253769_14172741.jpg

シェル本体にスポークを通してからアクスルを再び装着します~この時にベアリングをシェル本体に圧入します。
構造上、圧入具合でベアリングのガタを調整します、プロの経験が必要な作業になりますね。
e0253769_14181516.jpge0253769_1419067.jpg

ここでちゃんと調整しておけばエンドキャップを嵌めこんで、フレームに
入れクィックシャフトをきつく締め込んでもベアリングの回転がしぶくなる
事はありません。
メンテナンスでベアリングのガタ調整もこの作業で行えます。
スレッド付のロックナットで調整して欲しいと開発者に相談したことがありますが
1gでも軽くしたので答えは「NO!」でした・・・。
調整するのはひと時、でも重くなるのは一生だということです。
この作業も慣れればアクスル(エンドキャップ)をプラハンマーで叩いて圧入できますが、今回は自作の
冶具で行います(エンドキャップは外しています)~画像は分かり易い様にスポークを省略しています。
e0253769_1420102.jpg

仮組みが済んで、縦ブレ、横ブレ、センター調整を施していきます~
スポークテンションは、スポークは強度が十分でして、あとはリム自体の強度になります。
テンションは「Pillar社」製の専用テンションメーターと換算表を組み合わせて
測定しなければなりません。他社のテンションメーターがあっても「Pillar社」対応換算表がないので
測定できないのです~「DT社」→「Pillar社」簡易型の換算表作りました~これで「DT社」のテンション
メーターで測定しても、およそのスポークテンションは分かるはずです。(画像は「Pillar社」の換算表)
e0253769_1421152.jpg

フロントホイールを組み上げました。(ハブのカラーはレッドに変更)
e0253769_14221871.jpg

スポークテンションは95kgfくらいです。(Pillar社の換算表がニュートン表示ではなかった)
これがMAX値だと思われますが、ここまで上げなくてよいでしょう。
アルミニップルを使用しているせいか、コレ以上は上げにくい(ニップルをまわしにくい)
リムへのストレスが大きくなってきていてニップルを締め上げてもテンションは比例して
上がっていかないボーダーラインなのです。
あくまでも目安ですが80~90kgfがオススメです~でもこれはPillar社の換算表の結果なので
絶対値ではないことを心がけてください。

ユニパーは軽量パーツメーカーです~軽さというジャンルではコストパフォーマンスはかなり優れています。
フロントホイールのみで、わずか「616g」しかありません~アルミクリンチャー(30mmハイト)では最軽量? 
踏み出しが軽く、すぅ~っと走り始めます~もちろん持っても軽い!(個体差により重量のバラつきはあります)
その分、耐久性はクソ重たいホイールに比べたら劣ると思います~
e0253769_14325621.jpg

あと100g重くしたら、向上しますがそれだと他と一緒になってしまうのです、意味がなくなってしまう。
路面状況がよろしくない道路を滅茶苦茶に走るにはオススメできません。
ホイールというモノは走る為に存在するんですが、「軽さ」を追及する上では犠牲になる部分が少々
発生してしまうものです?(長持ちさせるために、こまめなメンテナンスを心がけてください。)
ヒルクライムの出る時に、軽量化の為にスペアチューブをもたない(軽量化)事を選択して、パンク時の
リスクをかかえるよりよろしいのでは?
パンクはひと時、軽さは一生・・・かな!?

More
[PR]
by hattorisports | 2015-10-21 21:00 | メンテナンス&組み立て

ヒルクライムホイール⑨

さて、仕上がった「ホイール」を測定してみましょう!?
重力加速度が反映された正確なハカリを使用します。
実測で「382g」ですね。
さすがにどのカタログを見てもこんなに軽いリヤホイールはありません。
フロントホイールの重量でも、この軽さは見当たらないくらいで・・・・・
e0253769_1141067.jpg




みなさんが、いずれ何処かでこのホイールを見かける時がくるかもしれませんね?
でもそれまでに「1g」でも軽くなっているように努力は続けていきます。

追伸
ここからどうすれば軽くなるか?
ベアリングを「HSC」社のフルセラミックに交換すれば可能です。
実はフリー本体に使われている2個のうち1個は既に交換済みなのです。
シェル本体分と合わせてあと3個あるので計算上では「8g」くらい軽量化できるはずです。
入手がちょっと面倒なので作業は止まっています~
どんな物かは以前少しだけ書いたので参照ください→HSCのベアリング

おっとその前にフロントホイールの作成があるのです。

    つづく
[PR]
by hattorisports | 2015-10-21 21:00 | ホイール・マニア

ヒルクライムホイール⑧

現在、所有する最軽量ホイールです。
いつもは、軽量ロードバイク「ゼロセッテ」に取り付けているホイールなのです。
サピムのCX-RAYで組み上げられていて、まだチタンスポークはインストールされていません。
e0253769_12433341.jpg

リヤ用でタイヤ、スプロケット、クィック付きでわずか「641g」しかありません。
ちょっと軽いアルミリムのフロントホイールくらいの重量しかありません。
e0253769_12442216.jpg

チタンスポークに交換する作業を開始します。
まず、バラします~ニップルを緩めてリムから外します。
結構、短時間でこの状態になりました~これなら楽勝(?)と思えるかもしれませんが、この先が
難関なのです~
e0253769_1245843.jpg

ドライブ側のスポークは簡単にとれるのですが、ノンドライブ側はハブを分解する必要はあります。
ハブの設計図がないのでイロイロと考えて作業を進めます、間違えるとハブ自身がパ~になって
しまうのですから・・・以前「TUNE」のハブを分解した実績があるので大体は予想できるので大丈夫?
旋盤を使用します~両方をチャックで掴むのですが、強すぎるとハブにダメージを与えるので
注意が必要です。
e0253769_12454656.jpge0253769_12462935.jpg

この作業でドライブ側のエンドキャップが外れます。
ここでは見えませんが、エンドキャップの内側の超薄ワッシャーが入っているので失くさないように
しなければなりません。
e0253769_1247984.jpge0253769_1248397.jpg

され次はフリー本体を外す為にハブをバイスで掴みます~ロックリングが装着されているのに気付かれた
でしょうか?これが大切な冶具になるのです!
ソケットレンチのエクステンションを差し込みます~これもロックリング同様、冶具になるのです。
e0253769_12484374.jpge0253769_12492991.jpg

この工具はフロントフォークに装着された「下玉押し」を抜く為に使用します。
しかし今回はこれでフリー本体を外すのに役立つのです~
要領は「下玉押し」を抜くのと同じです。
e0253769_14455177.jpge0253769_1251642.jpg

少しですが、浮いてきたのが目視できます。慎重に作業する箇所です!
カーボアクスルなので、かなり緊張しました。
ちなみに、ラチェットの爪とレースはチタン製です。
e0253769_12513949.jpge0253769_12521837.jpg

この状態になれば、簡単(?)にスポークがとれます。
e0253769_12531126.jpg

スポークとニップルの重量を測定しておきましょうか~実測で「101.4g」ありました。
ニップルだけなら「6.1g」
e0253769_12535716.jpge0253769_12545929.jpg

ドライブ側のスポークは「48.8g」、ノンドライブ側のスポークは「46.6g」
e0253769_12553964.jpge0253769_1256237.jpg

ドライブ側のチタンスポークは「29.7g」、ノンドライブ側のチタンスポークは「29.0g」
e0253769_1257899.jpge0253769_1257487.jpg

チタンスポーク用のニップルは「4.8g」、合計で「63.6g」しかありません!う~ん早く組み立てたくなりましたね!
e0253769_12583779.jpge0253769_12593566.jpg



バラした時と反対の手順でスポークを通しながらハブを組み立てます。
スポークが太くなったので、ハブに手を加えています~画像では全然分からないですよね?
e0253769_16184883.jpge0253769_16193316.jpg

仮組みができました。
ここからスポークテンションを上げつつ調整していきます~
この時点で重量を測定してもイイのですが、ちゃんと組み上げてからのお楽しみにしておきます。
e0253769_16202166.jpg

[PR]
by hattorisports | 2015-10-20 21:00 | ホイール・マニア