<   2016年 06月 ( 23 )   > この月の画像一覧

2017 チェントディエチ・エアー ②

2017 チェントディエチ・エアー の一番の特徴は、専用設計の「アラバルダ」ハンドルバーステム(一体)であり
シフトケーブルをハンドル~ステム~ヘッドチューブを介してフレームパイプ内部を通すシステム(構造)なのです。
e0253769_14285596.jpg

ブレーキケーブルは従来通りのルーティング、ハンドルバーには内蔵されますが一旦外に出て
トップチューブから内蔵される設計になっています。
シフトケーブルは「電動シフト」をチョイスした時に電動ケーブルを表に出さないデザイン(設計)
になっていて、ジャンクションもステムの裏側に埋め込まれます。
もちろん機械式(ワイヤー式)をチョイスしてもワイヤーケーブルは同じ道筋で内蔵されます。
e0253769_14302042.jpg

機械式(ワイヤー式)の内蔵における、組み付け手順やシフト時のフリクションに一抹の不安はありましたが
実際に組み立て作業を行ってみると、コツを掴めば案外難しくなく「STIレバー」を操作(シフト)してみても
無理なく変速ができたので、安心しました。
展示車には試しに、普通のステンレスインナーを使用して組み立てました。
その事は内緒にしたままで、小売店の方々に操作してもらい~「普通」ですね、「こんなモノ」だろうという
意見を頂きけました。
シマノ純正のコーティングインナーを使えば、もっと引きが軽くなる(?)はずです。
e0253769_14305263.jpg

組み立てのコツは、ダウンチューブのカバー側(カバーは外した状態です)からヘッドチューブ方向に
シフトアウターを通す事です。
e0253769_14315153.jpg

フロントフォークを外していれば、簡単に通せるはずです。
e0253769_14333232.jpg

左右(フロント、リヤ)が分かる様にして引っ張り出してください。
e0253769_14335518.jpg

この状態でフロントフォークを差し込みます。
e0253769_143499.jpg

この後に、専用のベアリングと専用のコンプレッションリングとスペーサー(2種類)を通します。
e0253769_143428100.jpg

まず、上ベアリングを入れます~下ベアリングと外径は同じなのですが、内径が違うので注意してください。
上下を間違うと、組み付けが出来ません。
e0253769_14344618.jpg

コンプレッションリングを入れます。
e0253769_1435093.jpg

専用スペーサー(下)を入れます。
e0253769_14351367.jpg

専用スペーサー(上)を入れます。
e0253769_14352780.jpg

前方から見ると、この様な状態です。
e0253769_14353945.jpg

ステアリグコラムに平面がありますね、ここを2本のシフトアウターが収まる所なのです(重要)。
e0253769_1436477.jpg

この時に、シフトアウターにシフトインナーを通しておきます。
e0253769_14364799.jpg

さらにシフトアウターの端面がフレームに当たってキズをつけない様にアウターキャップを
かぶしておきましょう。
フレーム側にも養生しておけば、尚GOODです!
e0253769_1437027.jpg

あらかじめ「アラバルダ」にライナー管を通しておけば、シフトインナーを通し易くアウターも
続けて通せます。
e0253769_14373191.jpg

アラバルダをある程度、スアリングコラムに差し込みます。
e0253769_14411456.jpg

この状態でライナー管にシフトインナーを通します。
e0253769_1438959.jpg

「アラバルダ」をステアリングコラムの下部までセットする作業です。
e0253769_1445337.jpg

ここでのコツはハンドル(ステム裏)部でシフトインナーをクロスさせてからキッチリと収めて取り付けるところです。
e0253769_1439207.jpg

パイルダ~
e0253769_14474180.jpg

オ~ン!!!!
セットできればシフトインナーは一旦抜き取ります。
e0253769_14475885.jpg

ここから先の作業はハンドルにSTIレバーを取り付けてシフトアウターをブラケットへ差し込みます。
e0253769_14395179.jpg

最後に重要なのがシフトアウターの長さを決める作業です。
カバー装着部の先端から40mmの所に印を付けておきます。
e0253769_14482951.jpg

ハンドルを目いっぱい切った時にシフトアウターが引っ張られた位置を40mmに合わします。
ここでシフトアウターをカットするのですが、アウターキャップの厚みを考慮しなければなりません。
シマノ製は3mmなので、実際は37mmの位置でカットするのがよろしいでしょう。
e0253769_14484835.jpg

ちょっと面倒なのが、コラムスペーサーの枚数が変わるとシフトアウターの長さを変えた方が良いのです。
増減するコラムスペーサーが1枚くらいなら大丈夫かもしれませんが?後日試してみます。
e0253769_14493271.jpg


@服部産業株式会社


サウスイーストカラー(ポッツァート専用カラー)です~ジャージは服部産業では販売しておりません。(イタリアで買ってきました)
e0253769_151019100.jpge0253769_15102923.jpg

[PR]
by hattorisports | 2016-06-30 17:00 | メンテナンス&組み立て

カラー紹介 Cento10 Air(チェント ディエチ エアー)

Cento10 Air(チェント ディエチ エアー)
60Tカーボン
メカニカル/Di2兼用

ホワイト、マットブラック、レッド
フレーム:440,000円(税抜き)
ハンドル:72,000円(税抜き)
フレーム+ハンドル:500,000円(税抜き)
デュラエース/WH-R9100-C40-CL:910,000円(税抜き)
デュラエース/WH-RS11:710,000円(税抜き)
アルテグラ/WH-RS11:585,000円(税抜き)
e0253769_18434180.jpg

ホワイト

e0253769_18515580.jpg

マットブラック

e0253769_18521333.jpg

レッド












@服部産業株式会社
[PR]
by hattorisports | 2016-06-30 00:00 | ウィリエール2017

2017 06(ゼロ・セーイ)②

こちらの「ゼロ・セーイ」は110周年記念仕様でもレアな、e-tapを装備した完成車なのです。
e0253769_14553482.jpg

シフトレバー・・・初めて現物を見ました!動かしてみたかったけどバッテリーが装着されて
いなかったので・・・断念しました。
ブラケットはかなり小ぶりですね!これだけでも欲しくなる理由(?)
e0253769_1456470.jpg

フロントディレイラー・・・思っていたより大きくないのでビックリ。
まぁ、まだバッテリーが装着されていないので、こんなモノでしょうか?
e0253769_14561845.jpg

リヤディレイラー・・・ワイヤー式を所有していますが、このデザインは気に入っています。
モビルスーツみたいなゴツさが好きなのです。
e0253769_14563255.jpg

110周年シリアルナンバーは「7番」~
5年保証って札があるけど~これがクセもの?
内容をちゃんと理解しておかないと!以前アメリカのチタンフレームが割れた時に、連絡したら
購入から1年以上経っていた場合は、有償で修理します!という保証だったのです・・・
往復の送料と修理代金を考えたら、違うフレームを買ってしまったと友人「K」から聞きました。
この件については調べている最中です。
e0253769_14565252.jpg

e-tap仕様なのでダウンチューブにケーブル穴がありません。
そう!ワイヤレス対応のみなので、シマノやカンパは使えないという、男前なフレーム処理なのです。
注文してから、できるまで長かった理由が分かりました~作り置きじゃなく、わざわざ注文を受けてから
作成していたのです。
ウィリエールって何から何まで素敵ですね!?
e0253769_1457835.jpg



@服部産業株式会社

スミマセン~こちらはもうオーナーが決まっております。
[PR]
by hattorisports | 2016-06-29 10:00 | Wilier(ウィリエール)

2017 06(ゼロ・セーイ)

2017 ウィリエールのプレミアムモデルです。
この完成車は「ウィリエール トリエスティーナ」社が創立110周年を記念して世界限定200台のみ
作成した特別モデルなのです。
e0253769_14513538.jpg

「6/200」のマーク
そう、シリアルナンバーが「6番」! 06(ゼロ・セーイ)なので結構レアな番号なのです。
服部本社ショールームに飾られるのが目的で送って頂いた完成車なので、販売はありません。
e0253769_1452652.jpg

カンパニョーロ社のスーパーレコード+シャマル・ミレでなんと「6025g」という軽さ!
軽量なカーボンホイールをはめると、どこまで軽くなるのか楽しみになってきます。
e0253769_14523197.jpg

フレームカラーも「110周年記念カラー」なので、レギュラーの販売はありません。
ただ、同じカラーで、フレームのみの入荷が数本あったので「運」が良ければ入手可能です~
詳しくはウィリエールの代理店(販売店)にお問合せ下さい。
110周年記念のシリアルナンバーは付いていませんので、あしからず。

社内で一台だけ組み立てました。
e0253769_12394857.jpge0253769_12401679.jpg




@服部産業株式会社
[PR]
by hattorisports | 2016-06-28 18:00 | Wilier(ウィリエール)

高野山へ~

南海高野線、極楽橋駅の風景です。(ゴールデンウイーク前)
一度は乗ってみたいと思っていた「六文銭」車両を見かけました~これで三途の川を渡れるのかな?
この時は残念ながら、特急こうや(12時26分発)の指定券を買っていたので諦めました。
次回は極楽橋駅まで自転車で走って行き、「六文銭」に乗って帰ってきたいと思っています。
e0253769_15494639.jpge0253769_15495436.jpg
私の調査で、土・休日は10時17分極楽橋駅発の各停が「六文銭」のはずです。
いつまで、この車両が走っているのでしょうか?番組終了はいつ?

@服部産業株式会社
[PR]
by hattorisports | 2016-06-27 21:00 | サイクリング

2016 Mt.富士ヒルクライムで見かけた、ウィリエール ②

無差別の軽量(計量)コンテストを開催(?)してきました。
「ウィリエールじゃなくてもイイんでしかぁ~?」って訊かれましたけど
「OK!」 です。

多くの方々が参加した中で目立った理由は
「今まで量った事がないので、自分の自転車の重量が知りたくて」でした。

という事で結果を、重さの順番ではなく~受付の順番で!

グランツーリズモR~7880g  キャノンデール Six13~7915g  ウルトラライトRC~6945g
e0253769_12351355.jpge0253769_12353958.jpge0253769_12355485.jpg

ペンナローラ ACRUX~7135g  パナソニック・プレステージ~8810g  リドレー ヘリウムSL~6745g
e0253769_12361122.jpge0253769_12362476.jpge0253769_12363876.jpg

LOOK 586~6780g  ジャイアント TCRアドバンス~7985g  プロジェクトK~6575g
e0253769_12445739.jpge0253769_12451087.jpge0253769_1245287.jpg

エヴァーション~9095g  グランツーリズモ~7630g  キャノンデール スーパー6エヴォ~6210g
e0253769_12454294.jpge0253769_12455556.jpge0253769_1246753.jpg

トレック エモンダSL~5530g  ピナレロ クワトロ~8055g  ヨネックス~6210g
e0253769_1246212.jpge0253769_12463911.jpge0253769_1246511.jpg

グランツーリズモ~7440g  BMC SLR01~6455g
e0253769_1247558.jpge0253769_12473154.jpg

スコット アディクトSL~5315g  ゼロセッテ~6275g  チェントウノ~7410g
e0253769_12475434.jpge0253769_12481297.jpge0253769_12482516.jpg

キャニオンバイク~6990g  EVOLVER C3PRO~6745g  ゼロセッテ~6845g
e0253769_12484263.jpge0253769_12485568.jpge0253769_1249839.jpg

グランツーリズモR~7800g  グランツーリズモ~7545g  ゼロセッテ~6425g
e0253769_12492668.jpge0253769_12495218.jpge0253769_1250833.jpg


ご協力頂き、有難う御座いました。全員の分を載せられなくてスミマセン。。。


@服部産業株式会社

More
[PR]
by hattorisports | 2016-06-26 21:00 | ろ~ど・トゥ・Mt.FUJI!?

2017 モンテグラッパ チーム

2017年は、ウィリエールで人気のアルミモデルに追加機種があります。
モンテグラッパ チームです~画像は「ホワイト」カラー105仕様になります。
e0253769_14475082.jpg

トップチューブの「イタリアントリコロール」カラーが特徴的ですね!?
チェントウノエアーの様にシートステーが一体加工後、シートチューブへオフセットした状態で
結合されています~アルミモデルでは凝った溶接工作なのです。
フロントフォークはコラムまでフルカーボン!振動吸収性を向上させています。
e0253769_1448629.jpg

太目のタイヤが装着出来る様にクリアランスを確保~右チェーンステーにガイドを設けました。
ローギヤの状態でシフトアップする時にシフターを戻すとインナーワイヤーがたるんで、タイヤと
接触するリスクを回避するアイデアなのです。
ガイドにはライナー管が装備されているので操作性(引きの軽さ)に支障はありません。
e0253769_14482231.jpge0253769_14483313.jpg

こちらは高級感が漂う「シルバー」カラーです。
アルミモデルでは今までなかったアルテグラ仕様をラインナップしました。
「ホワイト」同様、トップチューブには「イタリアントリコロール」が施されています。
あなたならどちらのカラーを選びますか?
e0253769_15512291.jpg

展示会のモデルなので一部仕様が異なる場合がございますので注意ください。
詳しくは「ウィリエール」取扱店へお問い合わせください。



@服部産業株式会社

デリバリーは開始しています。
国内である程度アッセンブリーしてから出荷しているので
お店に並ぶまで少々のお時間を頂いております。

新しいブロブへ引っ越ししました。
[PR]
by hattorisports | 2016-06-25 21:20 | Wilier(ウィリエール)

ルナアルミ 2017 ニューカラー

ルナアルミの2017ニューカラーを紹介します。
マジェンタピンクが追加されました~従来のブルー系のルナカラーもあります。
発売を記念して限定でスペシャル仕様を販売しました。(予約は終了しています)
e0253769_14524356.jpg

BB中心からサドルトップまでの寸法が「465mm」に仕上がっております。
700Cサイズのロードバイクにおいて、机上計算では140cmアンダーのジュニアライダーでも乗れる寸法なのです。
あくまでも参考値なので、ライダーの股下&現在乗っているバイクのサドル高さをチェックしてください。
ハンドルは3T社のエルゴノヴァ38cmを装備!ブラケット部の幅は36cmになっております。
e0253769_1453012.jpge0253769_14532071.jpg



@服部産業株式会社
[PR]
by hattorisports | 2016-06-25 21:00 | Wilier(ウィリエール)

2017 アゾロ・フラットバーロードバイク

久しぶりに日本国内でリリースされた、ウィリエール・トリエスティーナの
フラットバーロードバイクです。
マーキングがロードバイクラインと違うデザインになっていて、オシャレですネ!?
まだ、サンプル車なのでパーツ等の構成が異なっています。
フレームカラー(シルバー)と同色のサドルは数年前の在庫なので、今回はブラックになります。
e0253769_12553169.jpg
ホイールはシマノ製ではなくウィリエール社の「WARP」になる予定です。
他コンポーネントのカラーも一部異なりますので、正式な商品が入荷したら再度このブログで
アップさせて頂きます。

追記①
フラットバーロードなんです。
一般的なクロスバイクではありません。

何が違うのかというと
大きく異なる所は2点!
・ブレーキがキャリパーブレーキ、Vブレーキではありません。
・ジオメトリーがロードバイクとほぼ同じ、クロスバイクはMTB寄りなのでトップチューブが長め。
これが意味している事は
ハンドルをドロップに交換すれば、ロードバイクとして使える(乗る)事が可能!
純粋なロードバイクには適いませんが、ポタリング以上、ロードレース未満のツーリングには
使いやすい1台になるはずです。

Vブレーキだとドロップバーに取り付けるレバー(STI)の引き代に適合しません。ミニVブレーキ
でも駄目なのです(シマノ純正でも)~詳しくは小売店で訊いてください。
トップチューブが長いとドロップバーのリーチ分、ポジションが遠いなって乗りにくくなります。

単純にいって世間でよく見かけるクロスバイクのロードバイク(ドロップバー)化は容易では
ありません。
アゾロはそこを見直してデザインされています。
ロングブレーキを採用しているので、太めのタイヤの装着、もしくはドロヨケの装着も可能です。
キャリアダボもついているのでスポルティーフ風に仕上げてみてはいかがでしょうか?

己の好みで完成させていく楽しみもイイですね。

新しいブロブへ引っ越ししました。


@服部産業株式会社
[PR]
by hattorisports | 2016-06-22 21:10 | Wilier(ウィリエール)

Mt.富士ヒルクライム⑥

栃木県から参戦の『スパロウ阿久津』さん 似てますね。
自転車はグランツーリズRのライム/イエローですね!
FFWDの限定カラーホイールが見事にマッチしています。
宇都宮のサイクルピクニックではベストメンズ賞に輝いたとか。
初参加で1:20切が目標とのこと。
e0253769_7273757.jpg


兵庫県からお越しの『JSK』さんです。
チェント1Airのネイビーを珍しくスラムで組み上げていますね。
ホイールはロルフプリマを使用。
こちらも初参戦で目標タイムは1:45
e0253769_551736.jpg

本人は恥ずかしいので自転車だけです。
のちに目標達成と報告いただきました。おめでとうございます!!







@服部産業株式会社
[PR]
by hattorisports | 2016-06-21 20:00 | 私たちの出会ったウィリエール