タグ:ゼロセッテ ( 122 ) タグの人気記事

2016ヒルクライムに向けて

暖かい日が多くなりイベントのエントリーも増えてきましたね
私も『全日本マウンテンヒルクライムin乗鞍』と『Mt.富士ヒルクライム』エントリーしました!

ヒルクライムなら少しでも軽い自転車が欲しいィィッと思い、Zero7(ゼロセッテ)を組もう思い立ちました
ゼロセッテはフレーム重量700g台のフレームという意味で、イタリア語の0ゼロと7セッテのから由来します 0.7㎏台ですね
e0253769_827118.jpg


カタログ値はフレーム重量780g フォーク重量350g
私はLサイズを使用します

実測 フレーム830g 
エンド金具・ダウンチューブのシフトワイヤーアダプター・ライナー管を含んでの重量です
e0253769_8283833.jpg
e0253769_8275971.jpge0253769_8281715.jpg

サイズと付属品を考えると±5%以内でしょう。中々優秀では?


実測 フォーク362g
ステアリングコラムをカットしていない重量です
e0253769_8361829.jpge0253769_8363245.jpg

ステアリングコラムをカットすれば、カタログ値に近いのでは?

足の無さは機材でカバーする  は鉄則です!!
これで少しでもタイムUPを目指します

しかし個人的にZero7は少し不満が…
それはシフトワイヤーが少し特殊な取り回しをしているのです
ほとんどのロードバイクはレバーから出たアウターは右側ならフレームの右側からフレームに沿ってリヤディレイラーへとつながります

Zero7は右から出たアウターはフレームの左側に持っていき、ダウンチューブの中を真っ直ぐ進みB・B下のワイヤーガイドで交差しリヤディレイラーにつながります
e0253769_944125.jpg
e0253769_95064.jpg

これによりシフトアウターの曲がり角度が緩やかになり、インナーワイヤーの抵抗が少なくなることでシフトチェンジが軽くなるという考えから、このような取り回しななっています

非常に理に適っている!・・・ですが   ルックスが   やはり個人的に気に食わない!!
ッと言うことで、これからカッコ良くなるよう考えます

続く












@服部産業株式会社
[PR]
by hattorisports | 2016-04-01 20:00 | Wilier(ウィリエール)

奈良のお店で見かけたZero7

今回は奈良のお店で偶然再会した
ウィリールオーナーさんを紹介します

以前大台ケ原ヒルクライムのゴール地点で見かけ紹介した
Zero7に乗っている石川さんです
e0253769_2215137.jpg



必要なアイテムを買いに行ったお店に作業中のZero7があり
パイオニアのパワーモニターを取り付け中!
e0253769_22194452.jpg


話を聞くと今年は
三重県 菰野ヒルクライム
山梨県 富士ヒルクライム
岐阜県 乗鞍ヒルクライム
奈良県 大台ケ原ヒルクライム
などなど、ヒルクライムイベントと、
ブルベを中心に活動するとの事で、効率的にトレーニングするために
左右独立にペダリングをモニターできるこの商品をチョイスしたということです
ブルベも今年は500km600kmにチャレンジするそうですよ!!

これぐらい乗る人にはやはりトレーニング機器として
パワーセンサーが必要なのですね

これからもZero7で精力的に活動してください!!










@服部産業株式会社
[PR]
by hattorisports | 2016-01-29 20:00 | 私たちの出会ったウィリエール

鍋谷峠へ~

昨年末に「鍋谷峠」へ行ってまいりました。
ここは、いつも上る前に休憩する所です~お天気が良かった!
今日は10人弱集まってタイムを競います。
e0253769_12272469.jpg

もう「えべっさん」のポスターがありますネ!?
今日は「ゼロセッテ」で走ります~乾燥重量は6kgほどで・・・
ユニパーのテストホイールを装着!(己で組み上げました)
スポークテンションが少し低かったけど、路面状況が
非常に悪い「鍋谷峠」では、かえって良かったと思えます。
超軽量フレームとはいえ、60Tカーボンを使用しているので
「筆者」にとっては地面からの突き上げがキツく感じます。
年明けに少し上げたら、平地の走りが驚くほど良くなりました~
e0253769_1228351.jpg

走った人はお分かりですが、鍋谷峠は「国道480号線」にあります、しかしながら
国道といっても峠手前5kmほどは自動車が一台走るのにやっとの道幅!
ナビを頼りにやってきたドライバーさんには、とても大変な「酷道」なのです。
もう少ししたら、そんな激狭の道を走らなくてもすむ「トンネル」が完成します。
待っていて(?)ください。
e0253769_12283432.jpge0253769_122915.jpge0253769_12292440.jpg

父鬼(峠まで最後の集落)の気温は11℃、上っていると指長グローブは必要ない
くらいの暖かさ?近年では珍しい年末の気候です。
e0253769_12295845.jpg

ちょっと有名な看板!
不法投棄を通報しましょう~沖縄に行きましょうのメッセージなんですけど・・・
抽選」というのはあまり気付かれていません?
e0253769_12303173.jpge0253769_12305542.jpg

峠は4℃しかありませんでした!
流石に指長グローブが必要です~雪はないけど
積雪が残っていた昨年より低い気温です。
e0253769_12313895.jpg

成績順にイハラさん、アカサカさん、ヤマモ
画像では分かりませんが、STIではなく「コマンドシフター」を操る(リヤ)~フロントはダウンチューブにオーソドックスなWレバー(左だけ)がついています。
イハラさんが今年のトップタイム(祝!20分切り達成)
1位の賞品(携帯工具)をGETしました。
e0253769_12322031.jpge0253769_1232471.jpge0253769_12331140.jpg

カジタさん、KDさん、イノウエさん
京都から参戦のカジタさん~ゴールの画像がなくて
すみません・・・デジカメの操作に慣れていなくて~
KDさん、今年は沖縄完走ですね?イノウエさん、今年(2016年)は、沖縄ツアーに復帰でしょうか、期待しています。
e0253769_1233496.jpge0253769_12341976.jpge0253769_12344856.jpg

筆者(昨年より3分以上遅いタイムでです)
つづいて~ラリルレさん、たけさん~以上全員完走できました。
みなさん、去年より速く走れましたか?
e0253769_12405522.jpge0253769_12352580.jpg

最後は「あみだ寺」に戻って
全員(?)で記念撮影です~次回(今年末)も懲りずに集まりましょう!
本当に寒い中、走って頂いて有難う御座いました~くれぐれも風邪をひかないように。
次のイベント参加は「伊吹山ヒルクライム」です。
その前に「伊勢輪行サイクリング」をする予定になっております~天気が良ければ月末に!
e0253769_12414843.jpg



                                                  




                                   @服部産業株式会社
[PR]
by hattorisports | 2016-01-09 21:00 | サイクリング

シートポスト

どうもサドルの固定が甘い!
レールがちゃんと締め付けられていないのかもしれない~
なぜ?
e0253769_15514543.jpg

確認してみると、ボルトを受けているワッシャーに黒いスジ(?)が見える・・・
よく、この状態で使い続けていたなぁ~
e0253769_15521936.jpg

シートポストをバラしてみると、ワッシャーが「パッカ~ン」っと割れているのがわかったのだ。(左の画像)
鉄製のワッシャーなのだが厚みが非常に薄く、2枚とも割れていた。
仕方なく(?)アルミ材を切削し、厚みを増やしたワッシャーを自作したのだ~球面の凹みを再現するのに
ちょっと時間がかかった。(右の画像)
アルミでは強度不足が心配で、7075Sを使う!
e0253769_15524462.jpg

新しいワッシャーで再び組み上げた。
厚みを増した分、ネジかかりがギリギリです。カーボンレールにするのは無理っぽいかな?
これで安心して使えるので嬉しい!
今後カーボンレールを使う時は、取り付けボルト長いのに交換しなければならない~
チタン製で使えそうなのが「3T」でありました~長すぎるくらいで数mmカットが必要です。
e0253769_15531111.jpg

フレームに差し込んだらこんな感じです。
セットバック32mmのシートポスト、ぐにゃ~って曲がっている形状に気に入っています~
FSAの「SL-K カーボンシートポスト」。
サドルはサンマルコのボントレガー(古いほう)~〇ンカーのフジタ課長もお気に入りの一品です。
e0253769_15534115.jpg

全体像はこんな感じです。
ニューゼロセッテに取り付けました。
e0253769_1554996.jpg

ホイールも嵌めました。(スプロケットはまだ付けていません)
さてこのまま完成させると、重量は幾らになるでしょうか?
アホみたいな軽量パーツは使用していませんが、結構軽い~
仕上がりは6kgくらいになれば幸せ???
e0253769_15543634.jpg






@服部産業

More
[PR]
by hattorisports | 2015-12-11 21:00 | hattori LAB. 2015

2016カラー紹介 ゼロセッテ

2016モデルのカラーを紹介します。
(表示価格は全て税抜き、写真と実際の商品スペックは異なります。)

ゼロセッテ
60Tカーボン+SEI

マットブラック
フレーム:540,000円
デュラエースDi2/ロルフ・プリマTdF4-SL:1,300,000円
デュラエース/WH-9000-C24-TL:860,000円
デュラエース/WH-RS11:760,000円
アルテグラ/WH-6800:660,000円

ライムイエロー、コロンビア、イタリアントリコロール、ユナイテッドヘルスケア
フレーム610,000円


マットブラック
e0253769_7153863.jpg


ライムイエロー
e0253769_803717.jpg


コロンビア
e0253769_813331.jpg


イタリアントリコロール
e0253769_825875.jpg


ユナイテッドヘルスケア
e0253769_835743.jpg











[PR]
by hattorisports | 2015-08-14 20:00 | Wilier(ウィリエール)

サイクルモードで展示する自転車②

「ヘッドパーツのすきま」で紹介した
新しい「ゼロ・セッテ」です。
ちょっとした、こだわりがあって作成した一台なので
お時間のある方はじっくり見に来て下さいませ!?
e0253769_23445770.jpg

せっかくの軽いフレームなので、どのくらいまで軽量化できるか
2週間くらいかけて作成させて頂きました。
ただ組み立てるなら、すぐに出来る作業なんですけど
見た目も大事!軽くする為にビジュアルを犠牲にするのは
宜しくありませんネ。
でも、格好良いじゃなくて「普通」を目指しました~
e0253769_1938578.jpge0253769_1939852.jpg
という事でメインコンポを「デュラエース9000系」で仕上げています。
「スラム」や「カンパ」が駄目という事ではなく、この手の軽量バイクは
「スラム・レッド」ばかりに思えたので「シマノ」の方がイイんじゃない?的な
考えで選びました。

でっ、どのくらい軽くなったかモードの会場でご覧下さい。
驚くほど軽くはありませんが・・・・


More
[PR]
by hattorisports | 2014-11-04 22:00 | Wilier(ウィリエール)

zero.7 3.9 バージョン ⑥

15mmトールキャップ~最軽量「7.8g」
e0253769_2302598.jpg

以前紹介した薄いカーボンキャップ(0.7g)は高さが違うので
比較しにくいという事で最軽量コラムスペーサーと組み合わせて
高さを等しくさせました~これで計測しますと・・・
e0253769_22593216.jpg

実測「3.7g」です~イヤぁ~! やっぱり軽いですネ!?
軽量化のは「魔性」がついている様です~
見るからに通常品とは感じる「オーラ」が違います・・・。
e0253769_22595237.jpg
ここまでくると「数g」の差しかないので、軽さの
実感がわきませんが~半分以下になっているのが
凄いトコロなのです。
超軽量バイクはコレの積み重ねなのです・・・
一箇所を軽くしただけでは究極の軽さを得る事は
出来ません。。。







[PR]
by hattorisports | 2013-12-09 21:00 | zero.7 4.5バージョン 

zero.7 3.9 バージョン ⑤

軽量化」であまり気に掛けられていないのが
バーエンドプラグ」です~
ここまで軽くしないといけないのぉ~?って
仰有る方々が多いと思いますが、答えは
軽く」しないといけません!!
基本は思いつくトコロすべてです~。
ひとつめのサンプルはプロロゴのバーテープに
付属しているモノです~実測「6.9g」
e0253769_2248114.jpg

左が一般的なコルクテープに付属しているプラ製のモノで
実測「2.6g」ですネ。
右は古いモノでビニール製~実測「2.7g」です。
e0253769_22481929.jpge0253769_22483323.jpg

カーボンファイバー製のバーエンドプラグ~実測「1.8g」になります。
プロロゴに比べると一台分で「10.2g」も(?)軽くなります~
e0253769_22485525.jpg
「10g」ってピ~ンとこないかもしれませんね・・・
ハンドルまわりに話なので
「200g」のハンドルが「190g」になったと思えば・・・
まだピ~ンときませんか。。。
[PR]
by hattorisports | 2013-12-02 21:00 | zero.7 4.5バージョン 

zero.7 3.9 バージョン ④

トップキャップです~
ここの交換は一般的に軽量化というより
ビジュアルが先にくるトコロではないでしょうか???
完成車によくついているアルミ製のモノで
実測「9.4g」あります。(コレはリッチー製)
e0253769_22424225.jpg

FSAの薄手のアルミ製が「6.7g」~
ウィリエールでは「モンテグラッパ・ロード」(2014モデル)に
採用さてれいる、トップキャップです。
e0253769_22432381.jpg

カーボン製のモノでちょっと厚みがありますね~
「6.7g」あり、FSAと同じ重量です。
e0253769_22433996.jpg

「Tiso」のマグネシウム製で実測「5.4g」
軽いンですが「汗」がよくかかる場所~錆びやすいので
使用する時はご注意下さいませ。
e0253769_22435629.jpg

最軽量~実測「1.7g」
抜群の軽さです、
e0253769_22441619.jpg


More
[PR]
by hattorisports | 2013-11-29 21:00 | zero.7 4.5バージョン 

zero.7 3.9 バージョン ③

ヘッドパーツのダストキャップ(トールキャップ)の重量(アルミ/15mm)を測定して
みましょう~リッチー製で実測「17.1g」あります。
ここの部分の軽量化を意識する人はあまりいないかもしれません(?)
e0253769_22382078.jpg

カーボン製になると「12.1g」
5gも軽くなります~小さな部品で数を重ね、その結果大きな「軽量化」を達成させる
事が、軽い自転車を作成する「基本中の基本」なのです!!
e0253769_22383946.jpg

アルミ製のローハイトになると「8.8g」
軽いのですが、低くなった分「コラムスペーサー」を追加しなければならないので
その高さ分の重量を考えなければならないので「注意!」
e0253769_22385646.jpg

プラ製のトールキャップで「7.8g」
これは「軽い」ですネ~この部品は一般販売がなく、メーカー用で「完成車」に
取り付けられているだけであり、入手が超困難です。
e0253769_22391216.jpg

参考ですが、スティール製の薄型で「7.8g」
e0253769_22392962.jpg

カーボン製の薄型で「0.7g」~
大幅な軽量化が可能になりますネ!?
e0253769_22395293.jpg

正直~こんな所まで軽くするのは「しんどい」「面倒くさい」と思われる方が
大半かもそれません。
作成するのに、何ヶ月・・・いや何年もかかりますが、持って「軽い!」と思うのは
「一瞬!」なのです~
その「一瞬」の為に努力し続ける~まるで「ドミノ倒し」ですネ!?
軽くして「コレ走れるの?」って訊く人がいますが
本来「ドミノ倒し」も「ドミノゲーム」の正しい使い方ではないでしょう~
[PR]
by hattorisports | 2013-11-25 21:00 | zero.7 4.5バージョン