伊吹山HCに備えて・・・、14-28T投入~!

こんばんは、服部産業の堺です。

なにを血迷ったのか、6年ぶりに伊吹山ヒルクライムにエントリーしてしまいました・・・005.gif
前回のタイムは54分12秒、どれくらいタイムが落ちるのか? 結果が・・・老いが・・・恐い025.gif

e0253769_20332249.jpg
シマノさんより発売中のCS6800アルテ14-28T。 未使用なので、まだ綺麗ですね~。


e0253769_20344360.jpge0253769_20341335.jpge0253769_20351472.jpg
心配したのがフレームとのクリアランス。 大丈夫のはず!034.gifと思いながらも直前に慌てないよう事前に検証027.gifしてみました。
使用する愛車は【ZERO9】、写真左は普段使用しているカンパ・ユーラスに12-25T
写真中は伊吹山ヒルクライムで使う予定のシマノC24に14-28T。 フレームとスプロケ、チェーンとのクリアランスは充分のようです042.gif
試しに、もう1台の愛車【ステッラ】にもシマノC24に14-28Tを装着してみました。 大丈夫でした003.gif

普段使用している12-25Tでも問題ないのですが、少しでもタイムアップ059.gifを計るために、よく使うだろうと思う18-23T間を出来るだけクロスレシオにしたかったのです。
14-28Tなら、14・15・16・17・18・19・20・21・23・25・28となり使いやすそうです。
比較的勾配の緩い伊吹山ヒルクライムなら28Tは不要になるでしょうが、シマノさんから販売されているスプロケットでは14-28Tがベスト049.gifとの判断です。
私の経験からの持論ですが、タイムアップを狙うなら少しの軽量化より、ギア選択のほうが効果があるように感じています。 是非、お試しくださいませ040.gif

因みに私の希望のギアは、フロント50×34、リア13×25ですね。 これならロードレースもヒルクライムも全てOKです。
当然、この組み合わせで高いレベル層で走ると、よく言われるギアが足りないという状況に陥るでしょうが、
私の脚には丁度良いのです006.gif 貧脚と笑わないで012.gifくださいね。

では、ゼッケンNO.4475。 4月12日伊吹山ヒルクライム、楽しく苦しんできま~す024.gif
[PR]
by hattorisports | 2015-03-20 20:00 | その他
<< インテグラルヘッドパーツ用ベアリング スペシャルな「グランツーリズモR」 >>