ヒルクライムホイール⑤

組み上げる前に机上計算でありますが、前輪の重量を出しておきましょうか~
なぜかというと、「0.1g」まで計測できるハカリは「300g」がMAXなのです。
「300g」までのホイールって無理なので・・・
単体で計測した数値を合計した方がより正確でしょ!
フロントハブ~「Dash」~35.3g
スポーク~「CX-RAY」~93.4g
ニップル~「インターナルタイプ」リムに付属していたもの~6.3g
リム~「1.24」~204g
合計は339g(机上計算)

さて、組み立てです~まず分解したフロントハブ本体にスポークを通します。
e0253769_1744564.jpge0253769_17451768.jpg

それからアクスルを組み立てます。
e0253769_17454040.jpg

組みあがりの実測は338gになりました。1gの差は何かな?
e0253769_17461145.jpg

今度はリヤホイールの組み立てです。
フロント同様、ノンドライブ側はスポークを通してからアクスルを組み立てます。
e0253769_1746475.jpg

組みあがりの実測は420gになりました。
e0253769_17471374.jpg
前後で758gのカーボンロードホイールです。
市販でここまで軽いモノはなかなかありません~
いずれ600g台のホイールセットが出現するかもしれませんね?
フレームとホイールは同じような重量で推移していると感じます。
両方600g台が完成すれば3kg台のロードバイクが店頭に並ぶ
時代がくる???

次の挑戦は300g台のリヤホイールになりそうです~目指せ399gですかね?
by hattorisports | 2015-06-13 09:00 | ホイール・マニア
<< 第6回スズカ8hエンデューロ春... 第12回Mt.富士ヒルクライム >>