ホイール学①

シマノの7速ハブ(UG対応ハブ)で組み上げられたホイールです。
手持ちの物なので、汚れていますがまだ使えます~しかしながらオーバーロックナット寸法が126mmなので
130mmにモディファイしなければ、今風の自転車には嵌めることができません。
e0253769_1655594.jpg

手持ちのスプロケットを嵌めてみましょう~
9枚のスプロケットは余裕で入りました。
e0253769_166301.jpg

10枚目がギリギリですね!?
e0253769_16704.jpg

なんとか、ロックリングを締めこむことができました。
そう、11速のスプロケットを8速フリーボスに嵌めてみたのです。
11速用では、トップから2枚目のスプロケットには1枚目を嵌める凹みがあるのでロックリングが
スッポリおさまって締め込むのに助かりました~
1枚目(トップギヤ)11Tは、UG対応の7速ボスフリーには取り付けできません。
e0253769_1673052.jpg

11Tトップは使わずに12T~23Tの11速シフトの10速変速システムになりましたぁ~。

なぜ、こんな事をしたかというと・・・
126mmホイールを130mmにモディファイすると「2mm」オチョコ量が減るのです。
ということは横剛性が高い10速ホイールの誕生なのです。
それも11速シフト(STI)で操作できる!

本当の話なのか?このまま改造をすすめて実現するのか?
次回をお待ちくださいませ?
[PR]
by hattorisports | 2015-12-01 21:00 | hattori LAB. 2015
<< ロードハンドル① 2015 ツールドおきなわ市民... >>