人気ブログランキング |

グランツーリズモRチーム目線①

そろそろ新しい自転車が欲しいなぁ...
最近のカーボンロードバイクには乗ったことがないので、乗ってみたいなぁ...
よし、今年もエントリーさせていただいたMt富士ヒルクライムは新しい自転車で挑むぞ!

ということで、グランツーリズモRチームを購入することにしました。

チームを選んだ理由のひとつはズバリ見た目です。
上位モデルの雰囲気を醸し出しながらもガッツリ最先端ではなく、好感度高し!?です。

そしてカラーリング。
3色展開です。
定番の最もレーシングバイクらしい「ブラック×レッド」は、流行りのマットでラインナップされています。
e0253769_12532725.jpg

他の2色は最近では珍しいかもしれませんが
「グレー(×ブラック)」
e0253769_16233395.jpg


「ホワイト(×グレー)」
e0253769_1624444.jpg

となっています。
※カラー表記が混同しやすいので、ご注文の際には注意ください、申し訳ありません。

私はグレー(×ブラック)かホワイト(×グレー)で迷いましたが、どちらもウエアなどはどんな色でも合わせやすく、目立たず控え目な半面、3年後でも飽きずに乗れそうなトコロが気に入りました。

105(税抜き298,000円)で組むかアルテグラ(税抜き335,000円)で組むか!?
105の価格を考えると、ウィリエール・トリエスティーナのミドルグレードではすでに認知されているグランツーリズモRのアルテグラ仕様(税抜き283,000円)と近い価格帯・・・コンポで選ぶならグランツーリズモRもアリかも?

と迷った挙句、ここはがんばってチームのアルテグラ仕様に決めました。
さっそく組んでみようとすると、有り難いことに社内の展示サンプル品を使っても良いというお達しが!
思わぬ贅沢仕様となりそうです。
Hattori Lab.で組み立てしました。国内の輸入代理店では珍しいくらいの広さと設備があり
多くの小売店の店長さんが来られた時に驚いています。
ちなみに、「BB386」や「プレスフィット」の圧入工具はメーカー純正品では使いづらいという事で
ここで自作しているほどです。
e0253769_1558283.jpg

サイズは私に合わせて「L」サイズ、ヨーロッパの自転車は大きいほうが格好良い(?)自論でしょうか?
ウィリエールのイメージって「真っ黒」だったんですけど、「白」もイイですよ~これからはこっち系が
流行るの気配がしています。
e0253769_1558237.jpg


ハンドルは3TのエルゴサムLTD!!
ステムは同じく3TのアークスLTD!!通常より10mm短くしてアップライトなポジションを目指します。
エントリーするイベントは「ヒルクライム系」ばかりで(マスドや耐久は落車のリスクがあって・・・)
とにかく軽くて(軽くても剛性は低いものは駄目ですね)安心して走りに直結できるが大事!
どちらも展示で使用していたものです。(ロゴが以前のです)
e0253769_15583835.jpg


クランクはFSA×ウィリエールのSLK lihgt!!
カラーリングがバッチリでしょ~気に入って取り付けました。
カーボン製のクランクです。(チェーンリングはわけあってシマノ製へコンバート)
ステアリング同様、軽くて疲れにくいパーツを選んでいます。
e0253769_15585393.jpg


シートピラーも同じくFSA製 K Force light(おっと、でもコレは撮影用に借りたものです~)
e0253769_1559562.jpg

ホイールは何を装備するか迷っています~通勤用とイベント本番用で使い分けたいですね!?
一度は使ってみたい「チューブレス」、いろいろと考えていると眠れない夜が続きます。

     完成編へつづく














@服部産業株式会社



昨年の富士山号 Hattori クロスバイク・プロトタイプ(元は5万円の自転車)
e0253769_845142.jpge0253769_14344526.jpg

3年前の富士山号 Wilier ジョイエッロ・ラマート(クロモリ)
e0253769_2351387.jpg

さて今年は上りを意識して作成した「富士山参号」~もちろんコレでタイムアップしなけりゃ
おかしいですよね・・・













@服部産業株式会社
by hattorisports | 2016-05-06 20:00 | Wilier(ウィリエール)
<< こどもの日と鯉のぼり 第10回ワールドサイクルベック... >>