「GTR Team」スペシャル

グランツーリズモR Teamを組み立てるのに、一工夫?
e0253769_1558283.jpg

2016年リリースのグランツーリズモRシリーズ
「SL」と「Team」のBB規格はプレスフィットです~
カラーが合うという事で、数年前にグランツーリズモに取り付けられていた
「SL-K Light」(ウィリエールマーク)をインストール?
FSA製のカーボンクランクなのですが,BB規格はFSA独自の
「MegaExo」なのでプレスフィットのBBブラケットには取り付けが
できません。。。。
e0253769_15585393.jpg
しかしながら、画像を見るとついていますね・・・
少しの加工が必要になりますが、取り付けは可能です~
ただし、左右のガタを吸収させるウェーブワッシャーがキツくて
少々回転がかたくなります。走りに支障がでる程ではないけど気にする人はいるでしょうね?
実際に走行してみると気付く事はないのですが・・・
チェーンリングはシマノ製に交換しています~変速性能を重視?かな。

そういえば最近はカーボンクランクを見かけなくなりました~
クランクといえば、パワーモニター付きが主流!
それって、アルミクランクなんですよね!
ひずみ」を読み取って、パワーを予測しているんだから、バラツキが多いカーボンでは無理かもしれませんネ。。。

「ひずみ」センサーは難しくて、いろいろな要因でバラツキがでる?
電動アシスト自転車もこの方式でアシスト力を調節していたけど、現在は「スピード」センサーも
併用して管理しているメーカもあります。
まぁ、これは規則があって25km/hでアシスト力が「ゼロ」というお国の決まりがあるから
仕方ないと思われます。
開発初期には「ひずみ」センサーを使用しているうちにズレが発生して、アシストが切れなくなるという
話を聞いたことがあります。すいすい走れてるけどバッテリーの消耗が激しくなりますね・・・

あくまでも、力がかかる部分に「とある力」をかけた時に「このくらい、ひずむ」数値を覚えさせて
走行中にかかった「力」の「ひずみ」量からパワー(数値)を計算して表示しているので
スピードメーターの様に走った距離を時間で計算するのに比べたら、「誤差」は大きいはずです。
メーカーによって発生している「パワー」の表示はかなり違うはずです~誤差の量は
パワーメータ>心拍計>スピードメーターの順じゃないでしょうか?(あくまでも個人的意見です)
富士山まで一ヶ月を切りました。




@服部産業株式会社


グランツーリズモR Teamはウィリエールロードバイクにおいて、ベーシックな位置にあります。
まずウィリエールに乗りたいと思えばこの一台を選んでいただいて間違いないでしょう~
走りの軽さや快適性は上位機種の「チェントウノ・Air」に匹敵します(あくまでも主観的な意見)~
ただ高速走行時のエアロ効果はとうてい及びません・・・
つまりスピード感に物足らない時は「チェントウノ・Air」にステップアップを考えれば
良いのです(まぁ、そんなに簡単に買い換えるわけにはいきませんが?)。

軽さと上り性能を求めるならば、「グランツーリズモR SL」をオススメします。コレもとても気になる
一台なので、機会があれば組み立て&試乗をレポートしたいと思っております。
by hattorisports | 2016-05-14 09:00 | hattori LAB. 2016
<< グランツーリズモRチーム 試乗車 グランツーリズモRチーム目線② >>