<   2018年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2019 チェントウノ NDR を組み立てる③

ホイールが仕上がったのでチェントウノNDRを組み立てる
作業を開始しますが、その前に既に組み上げて乗っている
10年以上の付き合いがある小売店の店主がいるので紹介します。
チェントウノNDR オーナーの店主

以前からディスクブレーキロードの乗りたいと申しており適当な
フレームがなくパーツはあるのに計画が進んでいなかったのです。
相談は受けていたんですけどね!?
ある日、ちょっとしたものを買いに行った時に
「そういえばぁ~」
となり、チェントウノNDRのオーナーになる事になってもらいました。

電動変速にディスクブレーキで組み上げています。
コレを見ると、ひねくれものの己はメカニカルで組み上げなくては
と考えてしまうのです。
ホイールもチューブラー仕様にしていますし、世間の流れから外して
しまうのも面白いかと~

スルーアクスル仕様にしておけば、ブレーキ本体の交換だけで
ダイレクトマウントもフラットマウントも使えるんですよね!?
他のパーツ交換は必要ですが・・・一番高くつくフレームは共通で
済みます~こんな時、リムブレーキ対応のディスクブレーキホイール
が役立つのです!!!!




@服部産業サイクリング部





[PR]
by hattorisports | 2018-09-30 17:26 | hattori LAB.2019

2019 チェントウノ NDR を組み立てる②

まだ、日本に1セットしか入荷していない
ユニパー社のロードディスクハブを使います!
前後24Hのストレートプルタイプのスポークで組み立てるのです。

リムはレーシングカーボン35(チューブラー仕様、リムブレーキ対応です)。
スポーク穴は真下ではなく左右に振った専用品になります。
ありそうで、なかったスルーアクスルで、ディスクブレーキが使えて
リムブレーキも使えるホイールです!!!!
まぁ、スルーアクスルでリムブレーキが取り付け出来るフレームが無いから
仕方ないかぁ~・・・でも、あるんですよね。
e0253769_12592953.jpg

ついでに、ユニパーのハブはハブ軸の
キャップを交換すると、5mmクイック
仕様(135mm)にする事が可能です~
その場合はホイールセンターを出し直す
必要が出てきますが・・・
あんまり役に立たん情報か?
ディスクブレーキなら少々、センターが
ずれていても使えるぅ~????
スルーアクスルタイプで組み上げておくので、フロント100mm、リヤは142mm
~これでフラットマウントディスクブレーキもダイレクトマウントブレーキも
使えます。NDRならでは仕様ですね?
イタリアのB社でも両方使えるフレームが存在しますが、フロントフォークは
差し替えないと駄目~NDRは前後のエンド金具を交換するだけです!
スルーアクスルにしないのなら、クィック式のディスクブレーキ用ハブを
取り付け可能ですが、強度の事を考えるとスルーアクスルが必須です!
e0253769_12593086.jpge0253769_12593063.jpg


フロントがフラットマウントディスクブレーキ、リヤがダイレクトマウントブレーキ
でも可能です。
ブレーキはフロントでスピードコントロールするのが主なので
リヤはホイール交換の事を考えると、ノンディスク」方が便利かも
しれませんね?
でも、左右の「STI」がハイドロホース用、ワイヤー引き用と、別々になるのが
ネックだと思われますが、「JUIN TECH」のワイヤー引き油圧ピストンディスク
ブレーキをチョイスすれば「STI」は左右ともワイヤー引き用で統一できますよ!

どうしてもハイドロホースの方が良いとなれば、前後ディスクブレーキを
使う事になるだけかな?


@服部産業サイクリング部


つづきは2019 チェントウノ NDR を組み立てる③をご覧下さい。


超軽量!実測「1212g」~他にはない軽さですね!?
e0253769_12593072.jpg

[PR]
by hattorisports | 2018-09-22 22:56 | hattori LAB.2019

つーるどおきなわ2015の思いで~

レース前日に「古宇利島」へサイクリングへ
そこで多くのサイクリストを見かけました。

その中で福井県のサイクルショップ「バルバ」軍団(?)、20~30人いたと思われます。
ブリヂストン・アンカーのジャージを着た
①生涯現役(?)いいじままこと
②走るふじた課長
③昨年引退しみずみやたか (共に2015年のデータです)
の3人がバルバ軍団をエスコートしてたのです。
べつにアンカーを乗った人ばかりではありませんが・・・・?




帰阪する最後の夜、バイスクルキッズの大城店長と晩餐会!
平日2700円(税込み)で食べ放題飲み放題は素晴らしかった
ゆいレール「壺川駅」ちかくの和風ダイニング壺へ是非行ってください。

大城店長と話をしていて気が付いたのですが・・・
「いや~ウィリエールが多かったよぉ~」・・・・・・?
沖縄で販売しているのは大城さんの店だけですよ?そんなに売ったとは
いえないんじゃないですかと、心の中で思ったけど・・・

「そうか!」~ツールドおきなわは全国からサイクリストが集まるんや。

その時、アンカーがバルバをエスコートしていた理由が分かったのです。




シクロワイアードを見て、参加者5000人弱のツールドおきなわと30000人の
サイクルモードの取り扱いが同等です。
いや、記事の内容でいうとツールドおきなわの方が何倍も濃いのです。
イベント会場では、アンカーのロードバイクが展示しているわけではありません。
全国からサイクリストが集まって、アンカー(トリオ)がエスコートする事によって
次にバイクを買う時はアンカーにしてよ!と半分以上、脅迫しているように思えた・・?
でも地道な努力ですよね!?

行ってみなければ分からないことは多くあります。
まさに「百聞は一見にしかず」ですね?

名護に行った際には「オリオンビール」と「ヘリオス酒造」の工場見学へ行くのを
オススメします。
「ヘリオス酒造」のゆるさがイイですねぇ~。
泡盛でも熟成させるのに、瓶(かめ)と樽があるのです。
樽で熟成させるとウィスキーと同様に「琥珀色」に仕上がります。
無色透明のイメージがある泡盛だったので、少々驚きました。
樽1本で4合瓶2500本分です~樽の内側は焼きが入っていて
色と香りに役立っています、なので2回の熟成にしか使えません。

3年以上熟成させた泡盛は「古酒(クースー)」といいますが
熟成させるには「熱」が大敵で、実は沖縄の気候には適していないのです。
南部にある玉泉洞(鍾乳洞)では年中変わらない涼しい内部を活かして
「古酒」を熟成させる瓶を保存しています。

泡盛で有名な沖縄の酒文化ですが、元々は「サトウキビ」を原料とした
「ラム酒」が始まりなのです。
沖縄へ行く機会があれば是非「ラム酒」も飲んで下さい。
焼酎もあります~もちろん「いも焼酎」は紅イモです。
「サトウキビ」から作られる黒糖の焼酎もありますが沖縄では作られて
いません。奄美大島でしか作る事が許されていないと記憶します。

沖縄の文化はまだまだ奥深いと思われます。
自転車文化ももっと広めていく必要があるのかもしれません。
[PR]
by hattorisports | 2018-09-18 00:00 | ホイール・マニア

2019 チェントウノ NDR を組み立てる

新しいチェントウノ NDRを組み立てる事にしました。
正直言って、ディエチプロなど最近の「60Tカーボンフレーム」は
軟弱な私の脚には硬すぎるのです。

幸いな事に、チェントウノ NDRは当初の情報では素材が「60Tカーボン」でしたが
実際は「46Tカーボンフレーム」だったのです。(思い違い?)

軽さも大事ですが、ガチガチの乗り心地よりはある程度のしなやかさというか
走りを妨げない柔らかさが必要だと考えています。

チェントウノエアーは不思議な事に「60Tカーボン」でありながら疲れを感じさせない
しなやかさを持っているのです~トライアスロンで愛されるわけですね?
今年わけあって国体代表選手にバイクを貸し出しする事になりイロイロ協議した
結果、チェントウノエアーになったのです。

チェントウノ NDRは、もしかしたらチェントウノエアーに匹敵する走りを持って
いるのかもしれません?そう思ったから組み立てようと考えたのです。
チェントウノエアーが開発された時代より進化した「カムテールデザイン」に
ダイレクトマウントブレーキに加え、フラットマウントディスクブレーキを取り付け
する事が出来る最新のフレームスペックなのです。
シートポストはラウンド形状でエアロダイナミクスより乗り心地を優先したデザインです。

さて組み上がるまでレポートして、実際に乗ってどうなのか楽しみですね?

まず、ホイールを組み立てます~ユニパーで揃えます。
「リムブレーキ用」か「ディスクブレーキ用」かで迷うところでしたが
答えは両方です!
2セット作るのではなく、「ディスクブレーキ用ハブ」に「キャリパーブレーキ用リム」を使うのです~
続きは、2019 チェントウノ NDR を組み立てる② をご覧下さい。



@服部産業サイクリング部






[PR]
by hattorisports | 2018-09-17 23:21 | hattori LAB.2019

ホイール学④

お読みになる前に先ずコチラから

ホイール学①

ホイール学②

ホイール学③

それでは、スパイダーアームを切削加工したものにすると、トップギヤとフレームのクリアランスは
6.85mmになるはずなので?その結果・・・
通常寸法値に比べ「3mm」の余裕ができるけど、ロックリングとフレームのクリアランスが3mm以上
ないと、アクスルのスペーサーを移動させてトップギヤをフレーム側に寄せることができません。
出来るかどうか、確認してみましょう!

実験は次回、やります。



@服部産業株式会社






[PR]
by hattorisports | 2018-09-17 00:00 | ホイール・マニア