aero bar 用コンピューターマウント

3T」のアクセサリーを紹介します~

既に3Tオーナーなんだけど、困った事があって・・・
①クリップオンでaeroポジションをとった時や、
②TTバーを使っているけど・・・・

「スピードメーター」の取付がうまく出来ない!?

と、お思いの皆様へ~朗報です!


その 「コンピューターマウントブリッジ」です。
e0253769_1043542.jpg    

左右のエクステンションバーをつなぐ様にして取り付けます。
強化レジン製で実測でわずか「20g」しかありません。
e0253769_10455259.jpg 




その 「コンパクトコンピュータマウント」です。
e0253769_1049178.jpg「コンパクト」~右
「コンフォート」~左
aero barの機種によって使用するタイプが
異なりますので注意してください。    

アームレストの受け部(クレイドル)にマウントを一体化させた
タイプです~外観もスッキリしますネ!
こちらは「ブレッツア」や「オーラ」「ミストラル」「クリップオン」の
クレイドルと交換して取り付けます。
e0253769_10535877.jpg
クレイドルの取付(角度)がやや内側を向いているので、コンピュータ
マウントにも角度がついていますね。
e0253769_10545614.jpg
サイクルコンピュータを取り付けた画像です~

その 「コンフォートコンピュータマウント」です。
e0253769_1123320.jpg    

使用方法は「コンパクト」と同じですが、パッドの大きな「ヴェンタス」用
に、なっております~いかがでしたか!?
           ・
           ・
           ・
他にも便利な「アクセサリー」がぞくぞく入荷しています~
コレから順番に紹介していきますので「お楽しみ」に!
[PR]
# by hattorisports | 2012-01-06 20:00 | 3T(スリーティ)

CHA069-072 (Non Climp)

皆様こんにちは。

Jagwire(ジャグワイヤー)より、便利なアイテムの紹介です。

インナーを交換されたときなどに、カットしたインナーの先端の処理に困ったことなどはありますか?
通常はキャップを被せて何らかの工具でカシメるのですが・・・

ご紹介させていただきたいのは、こちら。

Jagwire Non Climp
CHA069(ゴールド)
CHA070(シルバー)
CHA071(ブラック)
CHA072(レッド)
@651円(各4コ入り)
e0253769_16311286.jpg

e0253769_16313487.jpg

non...無、非
climp...~をウェーブさせる、~に波形をつける

先端がゴムになっており、そのまま差し込むだけでOK!
引っ張るだけで外せるうえに、再利用も可能。

小さなアイテムながら、ちょっとしたアクセントにもなります。

Before
e0253769_1853928.jpg

After
e0253769_18551623.jpg


なかなか便利なアイテムですよ!
是非ご利用ください。
[PR]
# by hattorisports | 2012-01-02 10:00 | Jagwire(ジャグワイヤー)

ミッシングリンク

こんにちは
今回は掃除や整備に便利なアイテム
KMCのミッシングリンクを紹介します

e0253769_6185242.jpg


掃除やちょっとした整備をするときなどにチェーンがプラプラして
邪魔だなぁと思うことはありませんか?
普通チェーンはコネンクトピンで接続するので取り外すことが
出来ませんがミッシングリンクは取り外しが可能なんです

e0253769_625390.jpg


外したチェーンは丸洗いも出来て便利ですよ

ラインナップも多くKMCチェーンだけでなく
カンパ・シマノ・スラムにも対応しているのもGood
■カンパ 11速用 ¥2.493 2色 ゴールド・シルバー
■カンパ 10速用 ¥1.134 1色 シルバー
■シマノ 10速用 ¥1.134 2色 ゴールド・シルバー
■シマノ 9速用 ¥1.134 2色 ゴールド・シルバー
■シマノ 8速用 ¥1.134 1色 シルバー
など上位グレードコンポ以外にもそろっています
1パッケージに2個入っていますのでチェーンを
交換するときにはミッシングリンクも新しく交換してください
少しでも無用なトラブルをさけるためのお願いです

e0253769_6394136.jpg


愛車を綺麗にすれば気持ちがいいですね!
[PR]
# by hattorisports | 2011-12-30 10:00 | KMC(ケイエムシー)

ゼロ・セッテ②

こんにちは~「hattori LAB.」です。

ゼロ・セッテに採用されている「BB386EVO」とは?
を語る前に他社の規格を「おさらい」してみましょう!

昨今従来のBB規格を使用しないフレームが増えてきて
よく耳にするのが「BB30」です。

スレッドを有しないボトムブラケットには42mmの穴が設けられていて、
その幅が「68mm」になるのは、ご存じの範囲と思っております。

そこに内径30mm(クランクシャフトの太さ)のベアリングを圧入して
クランクを取り付けるというシステムで、従来のカップが省けるという
特徴があり、パワーロスの低減と軽量化を考えていると思われます。

しかし、「BB30」専用のクランクセットであれば、その恩恵を受けられる
のですが、他メーカーのクランクを取り付けようとすると、ベアリングと
クランクの隙間に極太のスペーサーを入れないといけないので
「BB30」の恩恵が無くなってしまう様です。
それに、フレームに直接ベアリングを圧入する方式では、何回か交換
作業を繰り返すとボトムブラケット部にダメージが発生する可能性が
あり、カーボンフレームでアルミパイプをインジェクションしている
タイプはまだ良いのですが、カーボンそのままというタイプだと、作業を
しくじってナナメに入れ込んでしまうと、フレーム自体が「NG」になって
しまうかもしれません。

最近になってベアリングを直接圧入するのではなく、カップを圧入してから
ベアリングを取り付ける(又はカップとベアリングがセットされている)
「プレスフィット30」が出てきました~「S」社や「Ca」社の上級カーボンフレームに
採用されていますネ!?

しかし、これらは「BB幅が68mm」なのです。
」社の「」ではカップがフレームのボトムブラケット内径に圧入され、
ベアリングもカップ(フレーム)内に入る為、専用クランクではないモノを
取り付ける為に、極太スペーサーを用意しています。
せめて、カンパの様にカップのベアリング受けがボトムブラケットの外側に
位置する設計になっていたら良いのになぁ~と思います
------------
e0253769_21453341.jpgこちらはメーカーは異なりますが
極太スペーサーです。
フレームとクランクの間に隙間を埋める
為にコレが入るのって重量がかさむ
だけでは?


e0253769_21502727.jpgカンパのカップです。(BB30用です。)e0253769_21505333.jpg     

これだとカップがフレームより外側にセットされ、ベアリングもフレーム
内部に配置しません。
一部のサードパーティーの「BB」カップで上記のカンパタイプが
あり、「BB30」のフレームに専用クランク以外のモノでも無理なく
取付が可能になった上、軽く仕上がります。  
------
e0253769_2155517.jpg「BB30」のフレームにそのカップを使用して「シマノ」のクランクを取り付けました。
いかがでしょうか?割とスッキリしていますが、フレーム
の迫力からすると少し貧弱に見えるかも知れません?

お分かりになったかもしれませんが「BB30」というシス
テムは専用クランクを使用して初めて真の性能を発揮
する為に他のクランクだと反対にデメリットが生まれる
可能性があるのです。

BBカップをわざわざ圧入してまで使うシステムなので
格好や流行だけでは選びにくいモノなのかもしれません



シマノの「プレスフィット」は41mm穴でBB幅86.5mm(ロードモデル)の
フレームに専用BBカップを圧入して「ホローテックⅡ」のクランクセットを
取り付けます~(24mm径のBBシャフトですね)

こんな工具を使用して組み上げます。 
------------
e0253769_23535755.jpg立派な箱に入っています。
必要になってから注文していては
間に合わないので用意しています。
売れているのか、あまり売れない
のか?注文してから、かなり時間が
かかりました。

e0253769_23542650.jpg上が装着する時に使用する工具で
下が外す時に使用する工具です。
まだ使った事はありませんが、
チェントウノMTBはプレスフィット
なので、組み付けに、この工具が
必要になります。

「BB30」に比べると聞き慣れない方式かも?同じモノだと思っている人も
いるのでは?気付いていないだけで、プレスフィットの自転車は走っていて
「G」社のロードバイク(カーボンモデル)には全機種採用されている規格
であり、SRAM製のクランクも「GXP-BB」で対応しています。

次回やっと「BB386EVO」の説明に入ります~

注意点~総てのサンプルを用意する事が出来なくて、間違っている点も
あるかもしれません~意見の多くは「雑誌」を読んで写したモノではなく
個人のモノなので、訂正箇所があれば、直していきたいと思います。



   追加
e0253769_22274449.jpg

因みに、FSAの純正工具はこの様なモノです。
[PR]
# by hattorisports | 2011-12-27 10:00 | hattori LAB.

ゼロ・セッテ①

こんにちは~「hattori LAB.」です。

いよいよ、2012新製品「ゼロ・セッテ」の登場です~
                    フレーム販売は1月からスタートです。

ボトムブラケットは新規格の「BB386EVO」~「BB30]と「プレスフィット」の
美味しい所取りと言っても過言ではありません。
今回は「シマノ」用のアダプター(カップ)をフレームに取り付けてみましょう。
e0253769_21185830.jpg


アダプターの「SH」の刻印が入っているのが、確認出来ますネ!
これがシマノのホローテックⅡを取り付けるのに必要な証です。
e0253769_2120583.jpg


アダプターだけだと左右で、わずか「25.2g」です。
かなり軽いですね~
e0253769_21203617.jpg


ベアリングとスリーブを含めても「62.1g」しかありません。
他の規格でフレームが軽く仕上がっても「BB小物」が
重くなっていて、せっかくの軽さがスポイルされているモノが
あってガッカリした事がありました。
e0253769_2121279.jpg


早速嵌めてみましょう~圧入するので専用工具が必要に
なりますが、国内ではまだ発売されていないということで
ウィリエールから本社工場で使っているモノと同じ工具を
送ってもらいました。
e0253769_21213046.jpg


この工具も「シマノ」用、「カンパ」用があるようです~
圧入の力加減の数値指定はありませんが
今までの経験で圧入加工を施しました。
いずれ純正工具が入手できれば数値的なところも
分かるはずです。
e0253769_21215831.jpg



これが特製工具です。 


ベアリングも同じく、圧入しました。
圧入専用のスリーブを使用しています~
チェントウノのBBは工具が無くてもベアリングを
挿入できましたが、「BB386EVO」は工具が必要に
なります。
e0253769_21222144.jpg


試しにクランクを取り付けてみましょう~
FC-7800です。
シマノの純正BBに取り付けるのと同じくらいの力で
挿入できました。
チェントウノ同様、ツバ付のスリーブを使用します。
e0253769_21244016.jpg


左クランク側はこんな感じになります~
どうです!スッキリしているでしょう!?
e0253769_2125754.jpg




フレームのBB内径にはアルミがインジェクションしてあり
圧入時の作業で「割れ」等の心配が少なくて安心できます。
カーボン直接というフレームもありますが、少々重量増
なってもコチラの方が良いですね。
[PR]
# by hattorisports | 2011-12-23 12:00 | hattori LAB.