タグ:工具 ( 3 ) タグの人気記事

こいつを作りました~

ウィリエールの2019モデルで「1-1/8」サイズのヘッドパーツを圧入するバイク(フレーム)があります。
社内にあるホーザン製の圧入工具ではピッタリサイズとはいかず、1.6mm周囲のかかりしかなくて
作業に不安が残ります~
e0253769_11291206.jpg



という事で圧入治具(黒いやつ)を作成しました。これで3mm周囲かかります。
e0253769_11291596.jpg






@服部産業サイクリング部






[PR]
by hattorisports | 2018-10-01 21:16 | hattori LAB.2019

プレスフィット(BB86)工具

ウィリエールでは昨今、BB86規格のフレームが増えてきました。
その為に社内で、BBを圧入する作業が増えてきたのと同時に外す作業が
増えたのです。
シマノからリムーバー工具が発売されていますが、工場レベル(回数)での
作業では少々不便なので、社内で専用工具を作成する事になったのです。
e0253769_951163.jpg

外す工程を見てもらう為に、フレームのBB部のカットモデルを作成しました。
e0253769_9514323.jpg

カットモデルにプレスフィットBBを圧入したところです。
分かりやすいでしょ!
e0253769_95291.jpg

「BBキャッチ」と「プレスバー」です。
e0253769_9523860.jpg

「BBキャッチ」をBBのワンの外側から通すと、フックが効いて抜けなくなります。
e0253769_9531120.jpg

「プレスバー」を反対から通して「BBキャッチ」に差し込みます。
これでフックの固定が増強できるです。
e0253769_953368.jpg

ここで登場するのが、リムーバー台です。
e0253769_9542344.jpg

リムーバー台でフレーム(カットモデル)を受けるのです。
e0253769_954481.jpg

こうすると、ハンマーで「プレスバー」を叩く事が容易にできるのです。
e0253769_9551321.jpg

叩く前
e0253769_9553859.jpg

叩いた後、BBカップが抜けたのが確認できますね。
e0253769_95659.jpg

カットモデルを外すと、BBカップが残っています。
e0253769_9563447.jpg

「プレスバー」を抜いたら
e0253769_9565917.jpg

「BBキャッチ」とBBカップを取り出します。
e0253769_9572828.jpg

最期にBBカップから「BBキャッチ」を抜いたら、作業は完了です。
反対側のBBカップも同様の作業で外せます。
e0253769_9575367.jpg

「プレスバー」には他の使い方があります。
e0253769_9582252.jpg

先端に取り付けるアダプターがあります。
e0253769_9585022.jpg

取り付けて作業するのですが・・・
e0253769_9591422.jpg

アダプターは丁度、BBアクスルに差し込む事ができる寸法になっています。
e0253769_100137.jpg

アダプター先端の突起とBBアクスルのメネジはスッポリと勘合するのです。
e0253769_1002990.jpg

このアダルターはクロモリアクスル用で、アルミアクスル用に交換することによって
マルチな使い方ができる様に設計されています。
e0253769_1005364.jpg

自転車から右クランクを外す時に役立ちます。
e0253769_1012023.jpg

右クランクを引っ張って抜くには結構、力が必要ですし、アルテグラのクランクは
アームの裏が角張っていて「痛い」思いをした人は多いはずです。
いかがでしょうか?
e0253769_1015693.jpg





    @服部産業株式会社




今年(2015)一年、ご愛読して頂き有難う御座いました。
服部産業サイクリング部は来年もがんばって走り続けていきたいと
思っております。
ウィリエールが2016年で創業110周年になります。
一足早く、記念サイクリングキャップを発売させていただきました。

e0253769_1640136.jpgそれだけではなく、記念モデルや、その他の企画を用意しています。

春頃には、次の企画を発表できると思っているので
少しの間、楽しみにお待ちくださいませ~




[PR]
by hattorisports | 2015-12-31 09:00 | hattori LAB. 2015

箸休め~2014

「hattori LAB.」です。
仕事で使う大切な工具であります~何に使うのかというと
(ご存じな方にはスミマセンが説明させて頂きます)
e0253769_20462732.jpg

フロントフォークに「下玉押し」を圧入する為に使うモノなのです。
ハンマー等で打ち込むタイプもありますが、コレはスレッド式で
ネジ部を回してアダプターが「下玉押し」を押し込んでいきます。
カーボンフォークにはこのタイプの方が良いと思われます~
打ち込むとクラウンへの衝撃で塗装がひび割れてしまう恐れが
あるからで・・・この工具を長年愛用しております。
e0253769_20465963.jpg

このクランプをステアリングチューブに固定して「下玉押し」を
圧入する作業を日々行っていますが、強靱なボルトを使用して
いるのにもかかわらず、何時しかへたってしまい折れるのです~
(何百本も圧入していたら当たり前か・・・)
e0253769_20471160.jpg

「ボルト」を締め込む作業も大変なので、クィックレリーズ方式に
モディファイしたンですけど、すぐ「カム部」が変形してしまい
長持ちしてくれません・・・・。
e0253769_20472599.jpg

シートクランプから流用~カムを受ける部分は樹脂製でしたが
数十回の使用で割れてしまい、金属製にモディファイ済み。
このくたびれたカムレバーが可愛そうで・・・何個交換したの
でしょうか?
e0253769_20473962.jpg

それで改善する為、試しにハブ用のクィックを加工して取付けました!
なが~いシャフトを切断して「ダイス」でネジをたてています。
こんな感じに仕上がり、とっても満足!
e0253769_20475644.jpg

ジャ~ン!!完成体です。
ハブ用を加工しなくてもシートクランプ用が元々存在するのでは?
というご意見もあるでしょうが・・・現在は入手困難(?)
それよりも身近に使っていないハブクィックがあったので・・・。
どのくらいの期間使えるか楽しみにしています~
作業性はかなりアップしたと思います。
e0253769_204879.jpg


現在、微調整を繰り返し作業をすすめています。
[PR]
by hattorisports | 2014-03-05 21:00 | hattori LAB.