タグ:2019モデル ( 1 ) タグの人気記事

2019 チェントウノ NDR を組み立てる②

まだ、日本に1セットしか入荷していない
ユニパー社のロードディスクハブを使います!
前後24Hのストレートプルタイプのスポークで組み立てるのです。

リムはレーシングカーボン35(チューブラー仕様、リムブレーキ対応です)。
スポーク穴は真下ではなく左右に振った専用品になります。
ありそうで、なかったスルーアクスルで、ディスクブレーキが使えて
リムブレーキも使えるホイールです!!!!
まぁ、スルーアクスルでリムブレーキが取り付け出来るフレームが無いから
仕方ないかぁ~・・・でも、あるんですよね。
e0253769_12592953.jpg

ついでに、ユニパーのハブはハブ軸の
キャップを交換すると、5mmクイック
仕様(135mm)にする事が可能です~
その場合はホイールセンターを出し直す
必要が出てきますが・・・
あんまり役に立たん情報か?
ディスクブレーキなら少々、センターが
ずれていても使えるぅ~????
スルーアクスルタイプで組み上げておくので、フロント100mm、リヤは142mm
~これでフラットマウントディスクブレーキもダイレクトマウントブレーキも
使えます。NDRならでは仕様ですね?
イタリアのB社でも両方使えるフレームが存在しますが、フロントフォークは
差し替えないと駄目~NDRは前後のエンド金具を交換するだけです!
スルーアクスルにしないのなら、クィック式のディスクブレーキ用ハブを
取り付け可能ですが、強度の事を考えるとスルーアクスルが必須です!
e0253769_12593086.jpge0253769_12593063.jpg


フロントがフラットマウントディスクブレーキ、リヤがダイレクトマウントブレーキ
でも可能です。
ブレーキはフロントでスピードコントロールするのが主なので
リヤはホイール交換の事を考えると、ノンディスク」方が便利かも
しれませんね?
でも、左右の「STI」がハイドロホース用、ワイヤー引き用と、別々になるのが
ネックだと思われますが、「JUIN TECH」のワイヤー引き油圧ピストンディスク
ブレーキをチョイスすれば「STI」は左右ともワイヤー引き用で統一できますよ!

どうしてもハイドロホースの方が良いとなれば、前後ディスクブレーキを
使う事になるだけかな?


@服部産業サイクリング部


つづきは2019 チェントウノ NDR を組み立てる③をご覧下さい。


超軽量!実測「1212g」~他にはない軽さですね!?
e0253769_12593072.jpg

[PR]
by hattorisports | 2018-09-22 22:56 | hattori LAB.2019